清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

いつも、ブログを見てくれて、ありがとうございます

為せば成る、為 さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

逆転負けして最下位になりました

2019年04月06日 | 清水エスパルス

順位では差があったけど、内容ではそんなに差がなかった。航也のゴールで先制して、追加点を奪えていれば勝てた試合だったけど、完全にドウグラスの投入が裏目になってしまいました。前半からテセがチャンスを作れていたから、あと少しをドウグラスがやってくれると思ったら大誤算。点滴が繋がったままプレーしているんじゃないかというぐらいに動けていなかった。不整脈で休んでいて、すぐの現場復帰は早かったんだよ。でも、神様仏様ドウグラス様だから試合に出れるようになったら期待しちゃうよ。結果的にテセだからチャンスが作れていたということでしたね。航也のゴールもヘナトがアシストしているけど、その前に体を張ってマイボールにしたのがテセでした。FC東京キラーとしてのテセの存在が大きかったのですがドウグラス投入は勝利への欲が出たのかな。

立田のところは次節はヴァンになるのかな?立田をCBで育てたいチーム、本人の意向にどこまでサポーターが付き合えるかな。最近、サポーターという名前の奴隷が増えているから厳しい言葉は少ない。でも、今後の勝利のためには非情な采配も必要か。若い日本代表ではCBとして育ってほしいかもしれないけど、普通に日本代表としては右SBを突き詰めたほうがあの規格を考えても世界への近道なような気がするんだけど、エウシーニョを獲得したしね、難しいね。今の立田はフレイレ以下という現実だけが結果として出ている。

この試合勝てんじゃね?と思わせてくれたのがヘナトの存在でした。竹内、河井のボランチに足りなかったボール奪取能力、制空権が加わり、いつもと違ったアクセントを残してくれました。ただ、たまに変なパス出す。県警不足なのか、ミスなのか?連携というよりは今のエスパルスに足りないのはフィーリングかな。試合終盤のアディショナルタイム。負けていて時間が少ないのに前に攻めないで試合終了になったのは理解できない。俺だったら、ヘナトを前線にあげる。ドウグラスへはマークが厳しいからヘナト狙いでやってほしかったけど、横パスしてて終わっちまった・・・。逆にFC東京の決勝点はフィーリングがバッチリ。完全にやられた。

FC東京の同点ゴール、決勝ゴールのアシストと、あちらさんは途中交代の選手が活躍した。石毛に代えて滝。中村はどうした?湘南戦でもベンチ外。体調不良と伝わってきたけど、翌日の湘南との練習試合には出たんで体調不良って何?と思ったけど、今回も中村はベンチ外?試合当日になるとお腹が痛くなるの?FC東京との差は選手層の差だったかな。

健太監督が立て直したFC東京は負け知らずのチーム。そのチームに、あと一歩まで行ったからそこまで悪くはない?奪われた2失点は防ぐのは厳しいけど、こちらにもチャンスかあったんで決めていればFC東京に初黒星を付けられた・・・かも。負けは悔しいけど、今の久保建英を生で見れたのは良かったかも。成長って凄いね。技術力はわかっていたけど、なんかスピードが増してきた。きっと、18歳になったらスペインに戻るんだろうから、久保建英を生で見れるのは神戸の退役選手よりも見る価値があるのかも。輝きを増していく選手がいるのは羨ましい。

次は水曜にルヴァン杯のG大阪戦がある。待ったなし。どうしよう・・・。チームカラーが違うから一緒くたにはできないけど、湘南戦で試合が止まると湘南の選手って多くの選手がベンチに集まる。部活みたいだなと思ったけど、その時その時の共通理解を作るには良いのかもしれない。監督の指示だったり、集まった選手間同士で話したり、そういうところをもっと追及してほしい。そして、現在、最下位という現実を受け入れる。今の戦力では一番下なんだから新しい戦力を追加する準備をしておく。トップ5を口にしたんだから抜かりなくお願いしたい。

コメント