清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

いつも、ブログを見てくれて、ありがとうございます

為せば成る、為 さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

アディショナルタイムの悲劇

2018年09月01日 | 清水エスパルス

台風で中止になった横浜Fマリノス戦が水曜日にあったので厳しい日程で迎えたベガルタ仙台戦。追いついてのドローだったら満足すべきなんじゃないかと考えていたところで失点試合終了間際の失点でエスパルスは負けてしまいましたゴールから遠ざかっている悩めるエース航也が一瞬マークを見失っての失点は痛過ぎるなかなか結果が出ない時は攻撃だけじゃなく守備にも影響するのか・・・航也には悔しい想いはあるんだろうけど、右サイドを折り返されたのを見ていると立田の存在が大きいんだなと感じる。アジア大会も終わったしその悔しさはエスパルスで見返してほしい

厳しい日程もあって選手を入れ替えたけど、ヨンソン監督は若手を積極的に起用しないのが気になる。最近、練習を見れてないから単にベテラン選手の方がレベルが高いのかもしれないんだけど、こういう苦しい時に若いのが出てくると負けちゃあいかんだが負けても納得する。制空権の弱い長谷川悠、前を向こうとしないデュークよりは積極果敢な若手を見たいと思っちゃうんだけど、今日のデュークの交代は早過ぎたかな。ゴールへの期待感はなかったけど、存在感はありチャンスメークはできていた。逆に石毛の存在感が無さ過ぎた。難しいね

次節はドウグラスが出場停止クリスラン怪我テセも復活せず柏戦は白旗あげて降参しましょうか台風の進路を確認したけど中止にはなりそうもない。神風はふかないかぁこういう苦境の時こそ航也がゴールを決めてくれると全てが救われるような気がする。清水エスパルスに北川航也ありということを見せてほしい

コメント