村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

いよいよ始る一粒の恵み

2018-06-30 23:58:43 | 菜園の概況

今日の最高気温については、三日連続で真夏日を観測(静岡気象台参考Data)となっていて、平均気温もこれらに準じて上がっています。梅雨明けについては関東甲信越が明けていて、前年対比7日、平年対比で22日も早く明けています。一番気になる東海地方については、前年は7月の15日で平年は7月21日となっていますから、現状の気象状況から見てゆけば、近日には梅雨明け宣言が出そうな感じもあります。

今日も非常に暑く、この地域独特の雨雲が絶えず出ていて、その間の晴れ間が非常に気温を上昇させいています。

昨年の栽培は少し無理をしたせいもあり、7月には熱中症などにもなり、今Seasonの7月の収穫については、現在のハウスメロンのみで、概ね6月いっぱいで完了となっています。現在の杉山シロウリはハウス内ですが、量も少ないために継続していて、他の作物については、管理作業のみとなっていますから、比較的のんびりとやることに徹しています。身体潰したら作物の管理が出来ませんから・・・・・

こんな中で、現在の育苗管理ハウス内については、ほぼ空きや状態となっていますが、いよいよ梅雨明け前から始る、露地抑制栽培や雨よけ栽培の育苗が始ります。

育苗管理ハウスの片付けや掃除については、遮根Seatの掃除・Seatの下のエキスパンドメタルを外し、Bet内の掃除と全て完了としました。7月2日播種のトマトと四葉胡瓜ですが、明日のうちに育苗箱への培土充填。更には底面吸水を行い、播種が直ぐに出来るように万全をしたいですね。たまたま2日については大安ですが、病院の検診日でもあるために、午前中に四葉胡瓜の台木カボチャ「ゆうゆう一輝(黒タイプ)」の播種を行い、帰ってから夕方にトマトの播種を行いたいと思います。

今Seasonの雨よけ抑制栽培のトマトについては、隔離Betにて給水調整をcontrolしながら、美味しいトマトの栽培に取り組んでゆきます。これらについては、以前も栽培していて、過去のdataとの検証もしながら、取り組む予定です。

一番のメインについては、露地抑制栽培の播種ですが、秋の暖かさがどこまで続くかがカギとなっていますから、これらについても台風も睨み合いながら、再challengeですかね。

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

養生から順化へ・・・今日の気象変化は苦手

2018-06-29 23:54:21 | 胡瓜栽培

連日の最高気温が真夏日を超す気温になっていて、平均気温も夏日の25℃を超しています。わが菜園の育苗管理ハウス内の室温については、最低気温そのものはそれほどではなかったものの、最高室温は39℃まで上昇しています。

朝から天候は曇り状態でしたが、記録的には未明の降雨がありましたが、朝方でも記録にはならない程度の降雨を確認しています。

現在のわが菜園の北側から見える権現様「高草山 501㍍」の上部には雨雲がかかり、周りは日差しが挿していても、この地域だけは時々降られます。

育苗中の育苗管理ハウスのサイドやツマ窓は全開出来ても、天窓については多少開けてはいたものの、閉めた状態にしなければ、離れた際に急に降られたりするとハウス内がびしょ濡れ状態になりますから、気温が高く今日のような状態では、換気したくてもなかなか思うように出来ませんね。

22日に接木、23日にPot挿しになり、5日間のビニールトンネルの密閉養生が完了して、今朝から順化作業に移行となりました。

今朝のビニールトンネルの密閉養生解除後の確認では、元気のない物については5本/353Pot程度ですが、確実に駄目だとしたものは 1 Potのみですので、仕上り率については非常に高くなっています。(348本/353Pot・・・98.58%)

2018年6月播き露地夏秋栽培(恵沢30 )

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

収穫は最盛期に入っています

2018-06-28 23:58:34 | 地方野菜杉山シロウリ

今月3度目の真夏日になり、6月にして一番気温の高い一日になりました。最低気温も夏日の25.3℃となっていて、平均気温も高めに推移しています。降雨そのものの記録はないものの、肌に当たるものが感じられて、時々日差しはあるものの、ハウスの天窓は閉めた状態の管理となり増した。

現在の地方野菜の杉山シロウリについては、実生栽培ですが、表皮が接木ものよりも軟らかく、傷がつきやすいことが欠点となっていて、収穫時のヘタの部分の軸から出てくる樹液の付着による傷みも確認されています。

わが菜園の収穫時ヘタの軸から出てくる樹液については、テッシュペーパーで吸い取っていて、出来るだけ樹液が表皮に付着しないように努力することで、傷みのない出荷を行い、消費していただくユーザーさんに喜んでいただきたいです。なお、収穫始めの苦みについては、現状では全く出ていません。

2018年3月播き杉山シロウリ栽培

   栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

選別しながらワケあり販売へ

2018-06-27 23:59:32 | タマネギ栽培

今日は朝から風も強く日差しがないものの、非常に蒸し暑かったです。気温そのものも真夏日に近い温度まで上昇となり、ハウス内の作業などは汗だくでした。

時々晴れ間が見え隠れしましたが、終日曇り状態で、時々ハウスのビニールは濡れる程度の降雨は確認となりました。

今日は予定の中で、先日2回目に若干収穫の遅れたタマネギの選別を行いましたが、傷みなどはほとんど確認されないものの、傷みの前のへこみが若干見え隠れしていて、両手で握りながら確認して、選別作業を行いました。

実際の所ほんの僅かですがへこみがあり、この部分を確認しながらひと皮向けばほとんど影響ないもののそのままでは販売できず、この時期の収穫物については全て選別しながら分別してゆきたいです。

販売については、ワケありで袋入れで通常販売の倍程度/袋あれば処理できるとの事ですから、地域の方々の協力を頂きたいですね。へこみのあるのはほとんど大玉ですが、小玉については少ないので、ほとんど廃棄処理としています。全てのものをと思いましたが、もったいないから分けてほしいという方々が多いことから、今回の販売のための選別を細かく行っています。

2017年9月13日播きタマネギ栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

袋掛けとわき芽かき・・・今日は暑かったです

2018-06-26 23:24:34 | アールス雅ハウス栽培

今日は未明に最低気温が22.7℃(1時27分)となった後は、気温が上昇し始めて、9時50分には28.5(静岡気象台参考Data)℃となりました。気温そのものは日の出の頃から一気に上がりましたが、思ったほどの上昇とはならず、晴れたり曇ったりの気象条件が一日中蒸し蒸しする暑さの日になり増した。

こんな中で、地方野菜の杉山シロウリについては、収穫については順調なれど、表皮が軟らかいこともあり、傷がつきやすいという欠点もあり、更には収穫時のヘタ部分の軸から出る樹液による傷みも今後の課題になっています。

現在栽培しているビニールハウスのアールス雅夏系2号の生育については、雨の影響と一部の部分に果実の裂果が若干見られていて、次作の対応にも考慮しなければなりません、

現状での生育そのものは交配後約30日程度経過していて。残り30日程度で収穫となりますが、気温が上昇すれば55日程度の収穫も覚悟しなければなりません。現在のnetの発生については順調もありますが、予想以上の気温上昇がありますので、今Seasonについては袋掛けを行うことにしました。

過去の栽培では、7月下旬から8月上旬収穫では袋掛け作業を行いましたが、この時期では久しぶりとなります。

わき芽書きや雑草の除去、吊り紐の確認なども行いながら、早々に片付けてしまいたいです。

2018年アールス雅夏系2号3月播き栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

種果取り果実の着果確認

2018-06-25 23:35:44 | 地方野菜杉山シロウリ

今日は梅雨に入ってから久しぶりの10時間以上の日照となりました。最高気温も29.2℃とかなりの上昇となりました。この静岡県でも佐久間は今年一番の最高気温で33.4℃となっています。静岡気象台の最高気温は29.2℃(15時26分)で、7月中旬並みとなっています。

わが菜園では、育苗管理ハウスの最低室温は19℃。最高室温は37℃となっていて、外気の気温と比較してもさほどの差が無く、外気が高いことと湿度が終日高いことで、かなり蒸し暑い一日となっています。

現在わが菜園でも栽培している、地方野菜の杉山シロウリについては、4月播きの接木苗で露地栽培をしている、種果取り専用の株があります。この株については地培栽培で対応していますが、雌花については比較的確認できるものの、雄花が少ないことと、この所の雨量が多いことで、なかなか交配そのものが進んでいないですが、今日の時点で確実に着果を確認できるものは2果実あり、更に2果実ほど確認できるものと思いますが、最低2果実あれば、残りについては秋作の種果取り専用の栽培で確保してゆきたいです。

地方野菜の杉山シロウリについては、固定種ですから誰でも種子を採種できますが、採種後の発芽率や試験栽培での果実の果形を確認しながら種子の保存をしてゆきたいですね。

2018年4月播き杉山シロウリ栽培

   栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

あれから一週間

2018-06-25 00:18:18 | トマト栽培

今日も明け方雨が降り続き、気温そのものは思ったほどには下がらなかったものの、20℃を割りました。日照そのものは予報に反して少なく、最高気温も日差しが見えた11時40分に25.9℃(静岡気象台参考Data)となっています。わが菜園の育苗管理ハウスについてもお昼頃に35℃まで上昇したものの、その後は25℃前後の室温で、育苗管理ハウス全開の中の中でも意外でした。

こんな中で先週の日曜日のトマトの苗の片付けの際に、このままではと思い行ったものが挿し穂で、9.0㎝Potへ与作N150の育苗培土の廃土と、ビオ有機の混合で使用した育苗培土に15㎝前後の挿し穂を行いましたが、一度使用した育苗培土ですが、育苗期間そのものは僅か10日前後ですので、もったいないもあり、今回使用したことの弊害そのものは見られません。ただPotに入っていたものそのものに挿したものについては、少し違和感がありますが、一番元気のない物は挿し穂の軸の部分が堅いことが一番萎れが強いものだと感じました。

今回の挿し穂については、栽培履歴そのものは継続になりますが、現在までの病害虫の防除についてはありませんので、挿し穂から20日程度の時点で本圃に定植してみたいものだと計画しています。フルティカ 48本挿してありますが、現状で75%程度しか元気がなく、必要本数はありますので良いのですが、挿し穂の確保についても勉強の余地は大有りですね。ちなみに、桃太郎ファイトは全て(48本)が元気です。

ビニールトンネル掛けは5日間程度で、地温設定25℃程度で管理しました。その後はヨシズ掛けのみで常温管理となっています。

2018年3月播きフルティカ雨よけ栽培

   栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

接木苗のPot挿しから密閉養生トンネルへ

2018-06-24 00:36:36 | 胡瓜栽培

今日一日は曇りから雨に変わりましたが、昼前から夕方に掛けての雨で、冷たさも感じた一日となりました。雨の強さは昼過ぎからはかなりありましたが、夕方の日が暮れる頃には小ぶりとなり育苗管理ハウスから帰宅の頃には雨も上がり、傘を忘れてしまいました。

今日のような安定しない一日の中でも、胡瓜や杉山シロウリの収穫は休むことが出来ず、来Seasonの作付けなどは編成しなければならないと思っています。身体と作物どちらを潰しますかの問いかけに、身体潰したら作物については自然につぶれますから・・・・・

こんな中で、22日の接木で露地夏秋栽培の概ねの作業は終盤になり、今日は収穫から先日防除桶に漬けたCell成型Trayの残りを全て洗浄。今回露地夏秋栽培に使用した育苗箱も同時に洗浄しました。

午後甘楽雨が強く降る中で、育苗管理ハウス内で四葉胡瓜「恵沢30」のPotへの挿し苗を行いました。作業方法は昔ながらの方法ですが、現状の方法が一番安定していて、播種量から仕上り率から見てみれば、95%以上の仕上りとなっていますから、毎回の作業チェックシートを確認しながら改良するモノには毎回少しずつですが改良しています。

2018年6月播き露地夏秋栽培(恵沢30 )

 

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

接木作業完了

2018-06-23 01:48:42 | 胡瓜栽培

22日の朝については少し涼しさがあり、気持ちの良い朝となりました。21日に夏至となり日が沈むのも19時04分となっています。この所日照そのものが雨の影響で非常に短くなっていましたが、久しぶりに10時間以上となりました。

気温上昇の中で、当初の予定よりも一日早めの四葉胡瓜の接木を行い、今の接木で今Seasonの夏秋栽培の接木作業は全て完了となりました。日が延びたことと日中の気温上昇もあり接木作業は15時過ぎからとなりましたが、19時前には全てが完了となり、ホッとした瞬間でしたね。これからまたもや忙しい日々が続きます。

2018年6月播き露地夏秋栽培(恵沢30 )

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

予想以上の揃い

2018-06-21 22:32:09 | 胡瓜栽培

今日の未明から明け方に気温が一番下がり21.1℃(3時59分)となり、昨日未明から降り続いた大雨については、未明には小降りとなり、それ以降については朝方雨の状態は続いていたモノの、記録に残るほどの雨量にはなりませんでした。

気温についても27.2℃(12時38分)と前日よりも5℃以上も上昇となりました。わが菜園のDigitalSensorでも最高室温は32℃まで上昇しましたが、育苗管理ハウス内の室温にしては比較的優しい室温となり増した。

育苗管理ハウスの管理については、朝から全開となり、明日には定植する四葉胡瓜「恵沢29」の苗については、日照がほとんど無かったモノのジョロ散水に於いて約6ℓ程度の水量を散水しました。出来るだけ徒長を避けるためもありますし、明日の朝取りに来る際の状態が一番良い状態で定植できる土壌水分にしておきたいこともあります。

こんな気象条件かの中で、昨日夕方から覆土が割れ始め、今朝の状態では概ね全てのモノが発芽出来ているものと思い、朝の時点でトンネル掛けからヨシズ掛けに変更。その後、お昼からはヨシズ掛けも解除となり、常温管理としました。

穂木の軸の長さについては、多少長めになりますが、接木の際には非常に楽に採穂出来ますから、トンネル内の湿度や掛ける時間も多少調整します。今回の穂木の四葉胡瓜「恵沢30」については、今日一日の気温の上昇がかなりのモノになったことで、予想以上の仕上り状態となっています。

発芽勢率については、353本/355粒となっていて99.436%の仕上りとなります。明日の天候が良いことと、気温上昇もありますから、予定よりも一日早めの接木作業に入りたいと思っていますが、接木時間が正味3時間程度ですが、支度なども含めて4時間程度の中で、全てを完了させたいと思っています。

明日の午前中は、四葉胡瓜の収穫やアールス雅のハウス内の潅水といろいろ作業は詰まっています。更には委託育苗の苗が340本程度全てが午前中に排出されますから、のんびりも出来ませんね(^0^)。

2018年6月播き露地夏秋栽培(恵沢30 )

   栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

育苗箱とCell成型trayの洗浄

2018-06-20 23:22:41 | 菜園の概況

きょう未明から降り始めた雨☂は未だに降り続いていて、大雨警報が出ています。今までの降雨量については、降り始めから23時の時点で97.5㎜(静岡気象台参考data)となっていて、最高気温については未明の22.0℃(0時20分)が一番高く、降り始めたと同時に気温が降温して、最低気温は朝の18.9℃(6時49分)でした。

降雨については、昼前の10時前後にはかなりの降雨量となっていて、夜遅くからの降雨も大雨☂警報が出るほどの降雨となっています。

今日は久しぶりの雨量の中で、ハウス周りや現在作付けしている圃場の水はけ状態の確認に追われました。作業については、全体的には13時頃には終了としました。たまには早じまいと思いましたが、朝から着ている合羽作業の中で、このまま終了してはもったいない感じもあり、今まで使用していた育苗箱の洗浄や昨年定植して現在では収穫も終了している、Cell成型trayの洗浄を行いました。

288穴Cell成型trayについては、200 ℓの防除桶の中につけて置き、青い藻が付き始めるころには、通常洗濯に使用するハイターの投入で回避(洗浄時の付着物についてはほとんど落ちていて、ハイターの影響や時々trayの動かしなどを行い洗浄時はかなり楽しています)。何回となく繰り返していて、今回久しぶりの時間が取れましたので、育苗箱は全て洗浄。

洗浄については、たわし作業よりも両手に付ける軍手による洗浄が結構役に立っていて、水道は出しっぱなしですが、先にはハス口を取り付けていますので、洗浄後は綺麗になります。底面や突起物の在る部分たわし洗浄を使用しました。これでCell成型trayについては、200 ℓに漬けてあった分についてはすべて完了となりました。

残りは、128穴Cell成型trayのキャベツやブロッコリーなどに使用したtrayは、外に積んであったために、今回新たに200 ℓの桶に漬けることにして、本日の作業はおおむね終了となりました。残りは管理のみですので、気分的には楽になりましたね。

2018年6月播き露地夏秋栽培(恵沢30 )

6月14日播種した台木カボチャゆうゆう一輝(黒タイプ)については、予定通りの発芽で、発芽揃いとして概ね揃いました。前回の発芽勢率については98%程度確保できていますから、現状の発芽状況であれば、前回並みの発芽勢率は確保できるものと思います。現在の生育については常温管理の中で本葉は小豆台の大きさになっています。

さらには、今日の夕方には6月18日16時に播種した穂木の四葉胡瓜「恵沢30」の覆土の割れを確認出来ていて、地温設定は28℃(±1.0℃)となっていますが、播種後日中の晴れ間の影響で気温が上昇した分は、順調に推移しているものと思います。

   栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」 

コメント

全体的にnetの発生を確認

2018-06-19 22:10:19 | アールス雅ハウス栽培

今日は朝から晴れたり曇ったりの空模様で、昼過ぎまでは日差しはあったものの、15時過ぎの夕方からは梅雨前線の影響もあり曇り状態となり、17時過ぎには少しパラツキもありました。

こんな一日の中で、明日からは暫くは梅雨前線の影響で、一週間通しで降雨確率は50%となっています。ここへ来るとわずか一時間の晴れ間もほしいと思いますね。

現在のビニールハウス内の「アールス雅夏系2号」については、わき芽などの大掃除をしなければなりませんが、天候に託けて若干おろそかにしています。(_ _)

現在の果実の大きさについては、かなりの大きさになっていて、吊り紐で確認する中では、重量も確認できますね。吊り紐の締め直しも必要かと思いますね。吊っている場所は良いものも、若干果実の上部の蔓が少し下にたれているようなものもありますから、下葉かきやわき芽かきの際に、再度吊り直したいです。

本当に暑くなる前に袋掛けを行わなければと思っているものの、作業については若干遅れ気味になっています。

先日、通路にはケイントップの投入を行い、通路全体に敷き設しました。その3日後にはケイントップがある程度踏まれたこともあり、馴染んできましたので、通路のケイントップの上に微生物資材 ・・・ビオライザー   を有機物分解資剤として散布しました。

毎回のことですが、栽培が終了する頃にはかなり細かくなり、土壌についてはかなりサラサラになります。一年に一度は通路の熟れたケイントップについては通路から畝の上に乗せて上手に混合させます。

現在のわが菜園のビニールハウスの土壌処理については、ほとんど薬剤処理はしませんので、現在の微生物資材の投入が大事かは、定植時の土壌のふわふわ感がモノを言っていますね。

今Seasonのメロン栽培については、収穫までは管理作業のみになっていて、胡瓜栽培から比べれば体力的には非常に楽になっていますね。

2018年アールス雅夏系2号3月播き栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

穂木の四葉胡瓜播種(夏秋栽培最終)

2018-06-18 23:33:14 | 胡瓜栽培

今日は一日気温が上がらず最高気温が出たのが17時41分の23.2℃(静岡気象台参考Data)となっていて、夕方16時頃からは空が明るくなり、日差しも見えるようになり増した。雨の降り始めが7時過ぎで、作業は合羽を着用しながら行いましたが、さほど暑さも感じず、最低気温については18.6℃(9時44分)となっていて、一番動いている頃が一番気温が低かったことになります。ちなみにわが菜園のDigitalSensorについては電池切れで昨日夕方から観察不能となり、今日の夜購入となり増した。(^0^)

午前の作業については、今日は細かい作業を主体に行いました。昨日は育苗管理ハウスの室内の片付けなども行いましたので、今日は気持ちよく行うことが出来ました。

今Seasonの育苗については、播種時の保温についてはビニールトンネルとヨシズ掛けとで行っていて、地温設定については、28℃(±1.0℃)を基準に管理していますので、概ねわが菜園の育苗管理カルテの範囲内での発芽となっていて、ほぼ予定通りの育苗となっていますが、発芽後の天候不順については、さすがに厳しいものを感じます。

先日接木後の密閉養生から常温管理に移行したものについても、今日は早めにとPotのズラシを行いました。

こんな中で昼頃から育苗箱への与作新果菜類専用培土を充填、底面吸水から播種作業へと移行しました。全体の気温が上昇している中で、出来るだけ徒長を避けるための培土の変更となっています。

粒間は1.0㎝で355粒/箱播種で、覆土には与作N150を使用しています。(播種前の底面吸水の際には、面倒でも上部からの散水作業を行い底面から水分が上昇しやすいようにすることが大事ですね。)

今回の播種を持って露地夏秋栽培の育苗による播種作業は全て完了となりますが、早ければ7月からは抑制ものの育苗が始りますね。(_ _)

2018年6月播き露地夏秋栽培(恵沢30 )

   栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」 

コメント

挿し穂育苗へ移行

2018-06-17 23:50:00 | トマト栽培

今日は朝から晴れ間とは行かなかったものの、9時過ぎからはなんとか晴れ間が続き(晴れたり曇ったりで下が・・・?)、8時間近くの日照を確保。平均気温も20℃を超すことになりました。ただ明日からは天候が暫く晴れ間の見えない日々が続くようですから、農家については厳しい日々が続きます。

こんな中で、今Seasonの雨よけ栽培のトマト栽培の育苗を行っていましたが、いろいろな作業とかち合いながら、一度は栽培を断念しました。

育苗管理ハウスの中で、潅水と液肥。更には自家用にとカルクロンなどの葉面散布も行い収穫も出来ていましたが、此処へ来て少し余裕が出てきましたので、苗そのものはほとんど廃棄するような格好になりましたが、わき芽や生長点などの良いものだけ選び、今回は挿し穂育苗への移行となりました。

種子からでは時間もかかりますから、多少期間短縮が出来ればと思いもあり、先日路地夏秋栽培の育苗で使用した培土、与作N150へ微生物資材 ・・・ビオ有機   」根圏微生物環境改善肥料を元肥として、2g/Potを換算して施用。

いたずらの中での栽培ですから何処まで良いものが出来るかはわからないと言うより、良いものに仕上げてみたいですね。

2018年3月播き桃太郎ファイト雨よけ栽培

   栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)」

コメント

順化から硬化へ・・・常温管理へ

2018-06-15 23:57:36 | おれっち菜園仲間

今朝は朝方暫く雨が降りましたが、その後についてはほとんど曇り空になりました。お昼過ぎには少し空が明るくなりましたが、曇り空の中で少し暖かさを感じましたが、半袖作業では少し冷たさも感じました。

気温もわが菜園で20℃となっていて、育苗管理ハウスも雨の降ることも予想しながら天窓は閉め、サイドについては20㎝程度開けで管理としました。

こんな気象条件の中で、6月13日の朝には密閉養生トンネルの解除、順化へ。当日はかなりの暑さもありましたが、その次からは気温も落ち着き、天も味方してくれました。

今回の育苗も早いもので、残り一週間程度で定植できる苗に仕上げますが、露地栽培ですので天候との相談になりますね。

2018年露地夏秋栽培5月28日播き

コメント