村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

天の恵みを期待したが・・・・・

2019-01-12 21:26:31 | キャベツ栽培

今朝は久しぶりに最低気温が7.0℃高目となりました。ただ、ほとんどが曇状態で、気温が上がらず育苗管理ハウス内の室温も17.0℃までしか上昇しませんでした。今日の気象予報では15時過ぎからは、もしかしたら雨の予報になるとのことでしたから、かなりの期待をしながら、作業は急ピッチで進めました。

昨日から始ったタマネギの定植については、お昼の時間で完了となり、通路の溝さらいも全て完了となりました。

今日は本音で言えば、このまま農休となり今までの無理押しを少しでも休ませたかったですが、天の恵みを期待して、SuperCell苗のキャベツの定植を始めました。とりあえず雨が降るまではと思いながら定植し、降り始めたのが15時45分頃でした。

これで、潅水は一時的には助かると思いましたが、ほとんどパラパラ状態で、ビニールハウスの屋根が少し濡れた状態で終わってしまいました。明日からは潅水という作業が始りますが、予報では、19日までは雨マークはありませんので、頭痛の種はなかなか抜けませんね。

2018年8月24日播きキャベツ栽培

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« やっと定植始る | トップ | 新たな芽吹き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キャベツ栽培」カテゴリの最新記事