村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

定植終了

2019-01-14 21:43:33 | キャベツ栽培

今朝も前日から引き続き冷えこみは続くものの、わが菜園の最低気温は4.0℃となっていて、静岡気象台参考Dataの最低気温4.4℃/7時38分よりも-0.4℃程度低かっただけです。日中については、前日よりも日照時間は長くなり、気温は上がったものの、未明からの冷えこみは日の出まで続いた分、平均気温では前日よりも-0.6℃低めになっています。

わが菜園の当初の予定では、12月中旬定植予定のキャベツの作業が遅れ、予定の定植が、本日とりあえず完了となりました。8月24日播種のCell成型trayのSuperCell苗については、アブラムシの媒介などがあり、かなり処分したこともあり、今回は2月下旬定植予定の10月3日播きのSuperCell苗を使用しました。

今回のCell成型trayでの育苗については、病害虫の防除の回数がかなり少なくなることですが、今Seasonの苗については、初めてアブラムシの発生を確認しました。

2月下旬定植予定のSuperCell苗については、育苗管理ハウスの管理として、殺虫剤の散布を行い、一時的には経過観察を行いたいと思います。

今回の定植については、本人の体調が万全でない中で、行いましたが、一昨日に半分。そして、本日半分と定植しました。定植後の潅水は行いませんが、定植時に育苗管理ハウスの管理として、潅水を行った後に定植していますので、タマネギの際も同様に定植後の潅水はしていませんが、全く萎れなどは見られません。

土壌中の水分のみでの生育と、残りは天の恵みに期待です。予報では15日夕方から雨の予報ですが、それでも雨がない場合も考慮しながら、潅水の計画と、定植後の苗の状態を見ながら行いたいですね。

2018年10月3日播きキャベツ栽培

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新たな芽吹き | トップ | 収穫が始りました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キャベツ栽培」カテゴリの最新記事