村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

播種と発芽揃い

2018-07-06 23:40:52 | 胡瓜栽培

今日は昼前から夕方については小ぶり状態で、作業中の着衣に合羽の上着だけでしたが、雨で濡れるより汗での濡れがきつかったです。

九州から中国地方については大雨警報が出ていて、この静岡県の山沿いでも警報が出ています。

わが菜園では雨そのものの影響は、作業が進まない程度で助かっていますが、日照不足が何処まで影響してくるかは今年の年明け状態のようになるのかが不安を抱えていますね。

気象庁では90年にない大雨だと言っていますが、このような厳しさはこの所当たり前になりつつなっています。作付けなども確実に変更しながら、今後の作付け方法を考慮しなければなりません。

今日は、昨日概ね発芽が始り、お昼頃には育苗管理ハウスの換気が雨の影響で、天窓は閉め・サイドについては裾が20㎝程度の開け・ツマ窓は全開としていて、台木カボチャについては積算の温度が十分確保できていて、育苗管理はうす内のBetの地温Controlが、確実に出来ています。

こんな中で接木予定を10日にして、本日6日の13時の時点で播種作業を行いました。穂木については、四葉胡瓜「恵沢29」で地床ですので、果長については確実に確保できるものと思います。外気湿度も高いことも、現在の栽培については、十分なプラスになるものと思います。

2018年7月播き露地抑制栽培

  栽培履歴の公開については「農場物語・・・検索公開サイトへ 農場物語 ~A Farm Story~」 スマホ検索は農場物語から新規申し込みの下にある農場物語をclick QRコードでも公開サイトへ確認できて、更には「田舎のお百姓 と記入・・・・・(田舎のみでもOKです)

コメント