ボー研隊 KAZOO号が行く

ボート釣りを中心に、日々の話題に接して行きます。

人間ドックに行きました

2018年12月12日 | 今日の出来事
健康保険組合から、組合持ちで人間ドックの勧めがあったので行ってきました。

組合指定の病院と言う事で、今までは京都や大阪まで行かされてましたが、地元の病院も選べるようになり加古川中央市民病院に行きました。

此処は2カ月に一回血液検査で、定期健診を受けている病院でもあります。

いまでも難関は胃カメラです。

28歳の頃十二指腸潰瘍になり、当時水道のホースを思わすカメラで、飲めなくてそれ以来トラウマになってました。



5年前はそれでもバリウム検査で指摘があったので、麻酔薬で寝た状態で検査しました。

寝ているので苦痛は有りませんが、原則的に車の運転はしないでくださいと言われます。

1時間ベットで寝かされます。

昨年は鼻からで苦しくは有りませんでしたが、精神安定剤を注射されました。

写真の右のカメラです。

まず鼻に鼻血止めのスプレーをされ、麻酔薬を注射で鼻の奥まで流されます。

喉まで流れてきますが、喉も痺れた感じになります。

検査室に入り、カメラと同じ太さの薬を塗ったチューブを鼻から入れられ、事前に通るか検査されます。

そして横になり開始です。

痛みはありませんが、鼻の違和感が伝わってきます。

喉から食道に入る部分が少し狭いらしく、「少し我慢してください」と言われます。

口からのカメラなら、ここでダウンしてますね。

ごそごそと通過して、10分ほどで終了。

生検もありませんでした。

めちゃ楽で、胃カメラが鼻からなら怖くありません。

昨年からの2mmのポリープは現状維持で温存してましたが、胃のポリープは良性なので心配ないそうです。

釣りのシーズンオフ中に、年明けは大腸カメラが待っています。

ボートの検査以上に、船長の検査もお忘れなく。

年末最後の不燃物

2018年12月06日 | 電脳事情
パソコン等の引き取りが有料化になって久しい。
最近は分別してゴミは出さないと、置いてきぼりされてしまいます。



長い間邪魔だったWin95時代の自作パソコン、バラバラにしたら、小型家電扱いで引き取ってくれます。
メインボード、HDD、DVDR、そしてケース。
ケースはリベット打ちなので、この後ドリルで外してばらしました。

線材は別の袋に入れて処分。

購入時は10万円以上でも、今は有料引き取りの粗大ゴミ。

現役サラリーマンも、退職したら粗大ごみにならんよう鍛錬せなあかん。

以前お客さんで、30万円で買った、Win95のノートパソコンで、光回線にしても繋がらないクレームがあった。
そりゃ360cc時代の軽四で、高速を走るのと一緒だ。


心配なのでゴミ置きを確認に行けば、回収されていました。

回収されなかったのは、ゴルフバックに入れた、ゴルフセット等。

長尺物の鉄は、電動ノコで40cm位にすれば回収してくれるのですが、それが面倒なら有料で役所持ち込みになります。

この先乗らなくなったボートは田原社長の頼むしか無いのですが、どちらが先にギブアップするかが問題です。

今月室戸岬での釣りを考えてますが、どうやらやっと寒波到来で、無理っぽくなってきました。

Queen レピートしてきました

2018年12月04日 | 音楽


入場者数毎週トップだそうで、イオンシアターも上映期間延長になってました。

前回より少し狭い会場でしたが、平日にも関わらず半分以上埋まっていました。

上映時間は2時間20分くらい、ストーリーより聞かせるライブ映像が素晴らしい。

2回目を見れば Live Aidの会場のセッティングがピアノのペプシコーラの位置まで忠実に再現されているのに驚かされた。

洋楽ファンなら必見の価値があります。

幻の大カレイ、釣りました。

2018年11月27日 | 釣行記
カレイ、アイナメの餌にマムシ(本虫)を買いに行きましたが、どこも売り切れで焦りました。
釣り道具屋も少くなくなって寂しいです。

カレイ狙いは潮止まりの前後2時間が勝負なので、早朝釣れるとは限らないので、時間にゆとりがあります。



海苔だなな避けて、潮通しの良さそうなテトラの際で場所を探しました。

海苔は、養殖用の薬を撒いているのか、10年ぐらい前からカレイが釣れなくなっています。

また海苔だなを避けて底引きが走るので、ボートではかなり厳しい釣りになります。

今回は磯場を見つけ、根かかりを避けるため砂かごろた石の際で粘りました。

やっぱりこれが役に立ちました。



地合いは11時頃で、大きな肝を持ったマルハゲや青ベラが遊んでくれました。

今年は海毛虫が少ないので、いやな思いをせずに釣りが出来ました。

10号の竿に、重り7号のテンヤといった、ライト仕掛けです。

ボートなので餌代は丘からよりは安いですが、それでも国産牛ステーキ2枚買える値段です。

まあガソリン代があまり要らない近場なので、まあこんなものか。

今回は竿をひったくる当たりが出ました。エソで無い事を祈りながら・・・顔が出ました。



何ねんぶりやろか、抱卵したよく肥えたマコカレイです。

生け簀の中はこんな具合。



嬉しくなってメジャーを取り出すと43cmありました。



釣りとものサーフに聞けば、会社を2日休んでボーズだったらしいので、幸運だったのかも知れません。

陸あがりすれば、いろんな人から声を掛けられましたが、「厳しいですわ・・」しか言えませんでした。

帰りは引き潮で、砂浜が遠い・・・。

いつまでやれるか分かりませんが、現在25年間乗ってるスーパーショットには、もう少し頑張ってもらわんと。



田原社長には悪いけど、FRPボートは一生もんやと感じます。

エンジンも2ストは構造が簡単なので、重症でない限り素人でもなんとかなる。

今回エンジンとホースプラグが「いわゆるカチット」でガソリン漏れが発生したので、点検要です。

年明けにエボシ320proが検査切れになるので、それまでに持ち込み検査が待っています。




SSに電池式魚探付けました

2018年11月24日 | 釣具・ミニボート艤装
瀬戸内専用に乗っているスーパショットですが、タコ以外の魚狙いとなると魚探が欲しいところです。

そこで中古のホンデックス魚探を手に入れました。

スーパーショットを買ったころは、いやもっと前のリトルボートを使っていたころは、ドットも粗いモノクロでした。

当時は釣り荒れてなかったし、日本海に行っても珍しがられたものです。

これは20年前のSSでの釣果です。



このころは飲ませなんか知らないので、シラサエビの胴付でチヌ用太鼓リールで釣ってましたね。

懐かしい良き時代でしたね。



二代前位の製品ですが、十分な探索が出来ます。

GPS機能は有りませんが、瀬戸内ならスマホのグーグルで十分です。

準備ができ次第、幻のカレイ、アブラメでも狙いに行きます。