kazhik.movie

観た映画の感想など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インファナル・アフェア

2003-10-19 | 新作
評価:★★★★★
警官がマフィアの組織に潜入する、という設定ならよくあるけど、マフィアも警察にスパイを送り込む、という設定はスゴイ。展開に緊迫感があって、どうなるかぜんぜん読めなかったし、結末も味がある。バンバン撃ち合うだけ、という香港映画のイメージとは全く違いました。

ロッカーズ

2003-10-12 | 新作
評価:★★★★★
演奏シーンは熱気があってすごくよかった。ヤルことしか頭にないバンドの5人のバカぶりもおかしかった。で、ちょっと哀しいストーリー。陣内監督、いい映画をつくれてよかったですね!

クジラの島の少女

2003-10-11 | 新作
評価:★★★
頑固なボスが村を支配し、その孫娘は女だというだけで才能を認められない、しかし彼女は健気に努力し...こんなありきたりのストーリーで感動できるわけがない。伝統の継承を描こうとしたのか、伝統の崩壊を描こうとしたのかもハッキリしない。海のシーンが少なく、タイトルから期待するほどの映像的な美しさもない。主役の少女に女優としての才能を感じたのがせめてもの救い。

ドッペルゲンガー

2003-10-02 | 新作
評価:★★★★★
隠していた自分の性格を体現した分身がある日突然現れる、というコワイ設定なのに、分身との対面がなんともおかしく、クスクス笑いながら見ました。こういう笑いの形もあるんだなあ、と感心。分身の醜さを否定したいが自己自身だから否定しきれない、というあたりを役所広司が見事に演じていました。