kazhik.movie

観た映画の感想など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あずみ

2003-05-11 | 新作
評価:★★★
主人公は刺客という身分に疑問を持っているはずなのに、敵陣に斬りこむと雑兵まで含めてみんな殺してしまうというのが不思議。アクションも大勢の敵と正面から戦うものばかりでワンパターン。上戸彩が可愛い、以外に何もなかった。

過去のない男

2003-05-08 | 新作
評価:★★★★
主人公は無表情・無感動で、相手役の女優は御世辞にも美人とは言えませんが、あえてそういう設定にしているのでしょうね。主人公は記憶をなくしてどん底生活を強いられるのになぜか暗さがなく、チャップリンの映画の現代版、といった印象がありました。いまどきこういう映画を作れる監督がいるのか、と感心。

母と娘

2003-05-02 | 新作
評価:★★★★★
家族の生活のために出稼ぎに行ったのに、娘には「家族を捨てた」としか理解されず、やっと家族のもとに帰れても溝は埋まらない。溝が埋まった頃には貯金が底をつき...という出稼ぎ労働者の悲哀がストレートに描かれていました。母と娘を演じた二人も素晴らしかった。フィリピンで大ヒットしたというのも理解できます。