kazhik.movie

観た映画の感想など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

白バラの祈り

2006-03-25 | 新作
ナチス時代のドイツで反戦ビラを作って逮捕、処刑された女子学生の物語。

ゾフィー・ショルは反戦グループ「白バラ」の活動に参加し、ビラを作って兄とともに大学へ行く。人目につかないように注意してビラを廊下に置いていったが、大学当局の人間に目撃されてその場で逮捕されてしまう。ゾフィーは最初は犯行を否認するが、いっしょに逮捕された兄が犯行を認めたことを知って方針を転換。ヒトラーの功績を主張する尋問官モーアに対し、ナチスがユダヤ人や精神障害者を虐殺していることを指摘し、ドイツ兵は無駄死にしていると断言する。モーアが「兄に言われてやっただけということにしろ」とすすめても拒否し、断頭台を選んだ。

ゾフィー役のユリア・イェンチは眼に力強さがあった。モーア役のアレクサンダー・ヘルトはナチスを支持しつつもゾフィーに助け船を出すという役どころを好演。

ただ、ゾフィーとモーアの対決が作品の大半を占めていて、白バラがどんなグループだったのかは簡単に描かれているだけなのは残念だった。ちょっと単調すぎる感じ。尋問官と議論して何の意味があるのか?と思ってしまった。


公式サイト:http://www.shirobaranoinori.com/
トラックバック先:ミチの雑記帳
評価:★★★★

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« クラッシュ | トップ | 公共の敵 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2006-03-25 08:18:45
こんにちは♪

自分がこの映画がすごく良かったので、こちらの感想で目からウロコの部分がありました。

別の意見を聞かせてくださってありがとうございます。

確かに尋問官と議論しても意味がないかもしれませんねぇ。

自分達白バラの活動はあくまで「隠れて」の行動だったので、直接ナチの手先のような人に自分の信念を述べたかったのかもしれないなと思いました。
Re: TBありがとうございました (kazhik)
2006-03-26 06:29:54
ミチさん、コメントありがとうございます。



この作品は友人が絶賛していたので観に行きました。そういうときって期待値が高いですから、どうしても期待外れになっちゃうんですよね。白紙の状態で観に行けばもっと楽しめたと思うんですが。



新作」カテゴリの最新記事