kazhik.movie

観た映画の感想など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シッコ

2007-09-05 | 新作
マイケル・ムーア監督がアメリカの医療保険制度の問題点を抉り出した作品。

ほかの先進国とは異なり、アメリカには全国民をカバーする医療保険がない。代わりに民間企業が医療保険を提供している。その結果として信じられない事態が起こっている、というのがこのドキュメンタリの基本的な主張だ。医師の診断にしたがって治療しようとしても、保険会社が医療費の支払いを認めないので治療できず、結果として命を落としていく人たち。医療費を支払うために高齢でも働かざるをえない老人。入院費が払えなくなり、病院から連れ出されて道端に捨てられる(!)人たち。

監督は他の国の医療制度を確かめに出かける。カナダ、イギリス、フランスでは、病院へ行ってもカネを払う必要は一切ない。医師は治療費を考えずに最善の治療を施す。さらに、キューバのグアンタナモ基地では収監者に対して最高の医療が提供されているという政府の説明を聞き、アメリカでは十分な医療を受けられない人たちとともにキューバへ向かう。基地の医療を享受することはもちろんできなかったが、代わりにキューバの病院で十分な診察を受ける。

「ボーリング・フォー・コロンバイン」や「華氏911」と同様、悪者として攻撃される対象はハッキリしている。保険会社と、その意を受けて動く政治家。代表はもちろんブッシュだ。とはいえ、この作品では悪者を攻撃するよりは実際に苦しんでいる人たちの声を取り上げるのが中心になっている。保険会社の幹部に監督が自ら突撃取材するシーンはない。結果として過去の作品より良質なドキュメンタリになったと思う。

日本の医療はアメリカ型へ向かって「改革」されてきている。患者の自己負担率は現在3割。病院で高額を請求されて驚くことも多い。この作品を見て「アメリカの制度はヒドイ!」と怒ったり笑ったりするだけでは済まない。

公式サイト:http://sicko.gyao.jp/
トラックバック先:カノンな日々
評価:★★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ベクシル -2077日本鎖国 | トップ | HERO »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (aimi)
2007-09-06 00:37:40
初めまして。私も観ました。すごくこわかったです。
アメリカがこんな国とは知りませんでした。日本もいずれはこうなるかと思うと恐ろしい限りです。医療は聖域であってほしいです。
コメントありがとうございます (kazhik)
2007-09-06 19:36:56
aimiさん、コメントありがとうございます。

以前、テレビ番組でアメリカ帰りの医者が日本の制度を批判していたのを覚えています。日本の医師はあまりにも低収入・重労働で、報われていない、と強調していました。しかし彼が理想のように言っていたアメリカの制度がこんなにヒドイものだとは今回初めて知りました。

新作」カテゴリの最新記事