kazhik.movie

観た映画の感想など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメリカン・ギャングスター

2008-02-02 | 新作
1960年代後半から70年代前半のニューヨーク。フランクはニューヨークでの麻薬取引で成功する。ベトナムへ派遣されている米軍兵士とのコネクションを使い、東南アジアの生産地から直接麻薬を買いつけることにより、ライバルより安くて品質のいい賞品を供給。派手な生活を慎み、長いあいだ警察にも正体をつかまれなかった。

一方、ニュージャージーの刑事リッチーは、捜査中に容疑者の車から発見した大金を警察に届けたことで同僚の反感を買ってしまう。着服するのが常識だったからだ。着服だけでなく、押収した麻薬をギャングに売り戻したり、ギャングたちから金をゆすり取ったりすることまで行われていた。リッチーはそんな中で「正直者」として麻薬捜査を任され、同僚の妨害にあいながらフランクに迫っていく。

フランク役はデンゼル・ワシントン。今回は珍しく悪役だ。一見したところ普通のビジネスマンのようで、実は麻薬王、という役にうまくはまっていた。腐敗した刑事たちのほうが彼よりはるかに悪党に見えた。

上映時間は2時間半で、ちょっと長かった。最後のほうは蛇足のような気がした。実話がベースらしいので、思い切って切り捨てるわけにはいかなかったのかもしれない。


公式サイト:http://americangangster.jp/
評価:★★★★★
トラックバック先:ミチの雑記帳

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 再会の街で | トップ | 人のセックスを笑うな »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2008-02-03 10:21:39
TBありがとうございました!
世間で大絶賛の「スウィーニー・トッド」にはそれほどハマれなかったので、この映画が今年で一番お気に入りになりました。
なんとも見応えたっぷりでした。
悪徳警官の人相が悪くて笑っちゃいましたね。
コメントありがとうございます (kazhik)
2008-02-03 18:44:50
ミチさん、コメントありがとうございます。

ギャングと刑事の闘い、というよりは善玉刑事と悪玉刑事の闘いでしたね。あの腐敗ぶりも実話がベースだったら恐いです。

新作」カテゴリの最新記事