かぜねこ旅日記

一日一日が旅ですから、遠ざかる風景を、忘れないように綴じておきましょうね。

正月三が日、閉ざされた空の石垣島

2019-01-03 16:37:18 | 日記

こうまで雨の石垣島の正月を経験したことがない。三が日、それ程強くはないが、いつも断続的に雨が降っていた。寒くはないが、厚い雲の空を指をくわえて眺めていては、決して晴れ晴れとした気分にはなれない。恒例のランニングでの観音堂詣でもやめにした。

寒くはないので雨に濡れて、箱根駅伝のラジオを聴いてでかけようかとも思ったが、昔と違って日本テレビがLIVE中継をネットで流してくれていたので、ラジオの中継を聴きながら、ネットを眺めているうちに、あっという間に正月三日は過ぎていった。もうかれこれ、20年近くになるか、この箱根駅伝という正月の風物詩だけは、一度関与してしまうと、麻薬のように付き合わざるを得ないから厄介。とくに、沖縄に来てからはNHK第1の放送を楽しんでおり、それとネットが重なってしまうともう、動けませんな。

まあ、元日程度は、寝正月でいいが、北国に帰っても正月二日目以降は出かけようよ。箱根駅伝はラジオで十分。イヤホンしながら歩いているだけでよし。ただし、あの初売りに右往左往しているオジサンの仲間には入りたくなし。喧騒すぎる街はやめといて、温泉に通じる里山の道でしょうやっぱり。

明日からも曇り時々小雨の予報だが、風向きが南風に変わると予想されるので、時折、青空が顔を出してくれるかもしれない。家を飛び出して西表島に行ってこよう。最高気温が24,5度と暖かくなりそうなので、雨さえ降らなければのんびりとした正月後半ともなろう。

 

南風田浜 せめてこれぐらい晴れてjくれれば(2018・11月)

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 石垣島は、雨で年が明ける | トップ | お星様たちは雲の彼方だった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿