かぜねこ旅日記

一日一日が旅ですから、遠ざかる風景を、忘れないように綴じておきましょうね。

石垣島ウルトラマラソンを凌いだ

2018-05-15 05:42:31 | 日記

日曜日に開催された第4回石垣島ウルトラマラソンは、29度近い好天に「恵まれて」、熱中症の危険をどう回避するかの研究テーマをもって走ったような1日だった。

10時間ちょっとビリから数えて50位ぐらいでゴールに入ったか。

タオルに氷をねじり、後頭部に巻いて走ったこと、4,5キロエイドごとに頭から氷水をかぶったこと、24地点で吐き気を催し、食欲がなかったが、32kエイドでコーラをきっちり飲んだら次第に快復し、下りと平坦地を少し走れるようになったこと、食欲が出てきて焼きそば、フーチャンプルー、ヒラヤーチ、パイナップル、モズク、かつお味梅干、八重山そばをいただいて塩分、水分、を補給できたこと、が倒れずに完走できた要因か。

T-シャツの袖をぶった切って走ったのは、涼しく軽く「よかった」が、二の腕が紫外線にやられて、温水シャワーも浴びれません、水シャワーをあて、カラミンローションをベタベタぬって何とか今朝までしのいだ。kさんは、着用していた高機能素材の長袖が涼しいといっていた。うーん、ちょっと研究しようか。でも、もうこんな紫外線地獄の環境を走ることはないのか。

また、ひとつ、あの世に持ってける思い出が増えた。石垣島ウルトラマラソン、炎熱地獄の思い出ありがとう。

 

 

 

出発前から太陽の洗礼  石垣市のマスコットばいーぐるくんと記念撮影

 フニッシャーメダルは八重泉の小瓶   さすがにゴールで飲み干す元気なかった

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« プールに行って鼻水・鼻づま... | トップ | 北アルプスでお待ちしております »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿