風倶楽部 絵本の会

風の吹くまま気の向くままに。月に1度吉祥寺で集まって絵本について語り合ったり作ったりしています。

第28回 絵本への道 その9

2018-09-17 15:09:25 | 議事録

次回のお知らせ
10月13日(土)18時半~ 吉祥寺MUKU にて
テーマ「たまごの絵本」もしくは「再生」

9月8日(土)

今回の参加者は日南田淳子さん、横田沙夜さん、やたみほの3人でしたが、展示用の絵本の話が進みました!

共同制作絵本『星のおじさん』
あらすじ:星のおじさんは聞こえてくる泣き声の主を探しに旅に出ますが、どこの星にも泣いている人はいません。星ごとに独特な「たまご」をもらうおじさん。星を渡り歩き、泣いていたのは生き物がいなくなった星そのものだったことが分かります。おじさんは持っていたたまごでその星を救います。

いかがでしょう?うまくまとまった感じがしませんか?展示参加者には「それぞれの星の外観」(1ページ)と「星の住人が笑っている姿」(見開き1枚=2ページ)を描いてもらいます。一年後の展示に向けて頑張ります!

絵本のテーマは「おじいちゃんおばあちゃん」。今月集まった絵本は少なめでしたが、私イチオシの絵本をご紹介します!

『おじいちゃんのゆめのしま』
作:ベンジー・デイヴィス
訳:小川 仁央
出版社:評論社
発行年:2016年
あらすじ:少年シドはある日、おじいちゃんの家で初めて屋根裏部屋に入りました。シーツに隠された壁のドアを開けると外は船のデッキになっていて、航海が始まります。たどりついた島のジャングルで二人は遊びますが、おじいちゃんはこのまま島に残ると言い、シドはおじいちゃんに別れを告げて一人家に帰りました。

ベンジー・デイビスの絵のタッチ、色使いが気に入って書店で手に取りました。
「大切な人との別れ」が描かれており、切なさを感じますが、絵本の中のおじいちゃんは前向きで明るく、男の子も自然に受け止めているところに二人の絆を感じました。

中川純子さんがオススメの絵本についてコメントを下さいました。ご紹介させて頂きます!

私てきなオススメは、手前に置いた『おじいさんのしごと』(山西ゲンイチ-講談社の創作絵本)です。
あらすじは…
ケンタくんのおじいさんは、しんでしまいました。
ケンタくんは、たくさん泣きましたが、少しずつ元気になっていきました。
一方のおじいさんは、天国への階段を登って、やっとこ雲の上にたどり着くと、そこには、ねこがいっぱい!!
ねこの天国へまちがって行ってしまったのです。
そこでは、みんな何かお仕事をしなくてはならなくて...
おじいさんがやっと見つけたお仕事が、最後にケンタくんと繋がるのが良いなぁと思い、可愛いイラストにほのぼのしました。

二冊ともおじいちゃんと孫の絆のお話ですね。
気になった方は是非読んでみて下さい。

コメント

第27回 絵本への道 その8

2018-08-18 22:26:33 | 議事録

次回のお知らせ
9月8日(土)18時半~ 吉祥寺MUKU にて
テーマ「おじいちゃんおばあちゃんの絵本」

8月11日(土)

今回の参加者はsaitoさん、日南田淳子さん、佐野真隆さん、深民麻衣佳さん、柳田寛之さん、あしたのんきさん、中川純子さん、Aさん、やたみほの9人!

 photo by saito

絵本のテーマは山の日にちなんで「山」。今月もsaitoさんがたくさん持ってきて下さいました。本を運ぶのに使っていらしたキャリーケースが壊れてしまったそうで…いつも頼りっぱなしですみません。

集まった絵本で一番反響があったのが、佐野さんが持っていらした『やまのかいしゃ』(スズキ コージ 作 / かたやま けん 絵 / 1991年架空社)

○あらすじ

朝寝坊したほげたさんがおむすび持って電車に乗りますが、着いたのは会社とは反対方面の山の駅。山に登ると同僚のほいさくんに会い、二人は一緒に頂上で仕事を始めます。空気のおいしさに感動した二人は社長と全社員を山の会社に呼びますが、会社はもうからないので、社長は山の会社をほげたさんとほいさくんに任せて山を下りていきます。

○感想

「スズキコージさんが文章だけで絵を描かないなんて珍しい」「こんな会社があるといいね」「大人向けかな」

この絵本は昭和61年に福音館書店の雑誌に掲載されたものを平成3年に架空社が出版したものですが、今年の5月に福音館書店から復刊されたそうです。最初に出版された1980年後半の日本は労働時間が長く、過労死が社会問題になりました。「たまには息抜きしましょう。働き過ぎないで。」という大人へのメッセージが込められていたのでしょうか。今で言う働き方改革の推進。30年以上経っても色褪せないメッセージがこの絵本にあるのですね。

絵本作りは今回も進みませんでしたが、やまのかいしゃに行った気分で~何とかなるさ~♪

コメント

第26回 絵本への道 その7

2018-07-25 00:13:16 | 議事録

次回のお知らせ
8月11日(土)18時半~ 吉祥寺MUKU にて
テーマ「山の絵本」

7月14日(土)

今回の参加者はsaitoさん、日南田淳子さん、柳田寛之さん、野村雅美さん、中川純子さん、やたみほ。
今回は野村さん、柳田さんとミュージシャンがお二人もご参加下さいました。

 photo:saito 

絵本のテーマは「音楽」。先月のテーマ「AI、ロボット」に比べてなんと豊富なこと!今月もsaitoさんがたくさん持ってきて下さり、他の参加者が持ち寄った絵本でも被ったのはハンス・フィッシャーの『るんぷんぷん』一冊のみでした。

 

参加者が気に入った絵本はこちら。

『ダンスのすきなジョセフィーヌ』は、カンガルーのジョセフィーヌが人間の世界で夢をかなえるというサクセスストーリー。好きならどんな環境でも続けるのだ。勇気をくれる絵本です。


『ダンスのすきなジョセフィーヌ』
作:ジャッキー・フレンチ
絵:ブルース・ホワットリー
訳:三原 泉
出版社:鈴木出版
発行日:2009年09月


また、『ミュージックツリー』は猫が奏でた音楽が音符になり、地面に植えたら木が生えてきたという素敵なお話。今回の『星のおじさん』の絵本制作においても大変参考になりました。
絵本を作るには色々な絵本を見るのが良いですね。


『ミュージックツリー』
作:アンドレ・ダーハン
翻訳:きたやまようこ
出版社:講談社
発行日:2012年05月

絵本作り、今回はあまり進みませんでしたが、素敵なお話になりそうな予感がします。

コメント

第25回 絵本への道その6

2018-06-12 15:38:42 | 議事録

次回のお知らせ

7月14日(土)18時半~ 吉祥寺MUKUにて

テーマ「歌、音楽の絵本」

 

第25回 絵本への道その6

今回の絵本のテーマは「ロボット、AI」。毎回たくさん絵本を持ってきてくださるsaitoさんも「今回は手ごわかった」というくらいロボットが出てくる絵本が少なく、三人が同じたむらしげるさんの『ロボットのくにSOS』を持ってきました。また、saitoさんが持ってきた科学絵本は出版社は違うのに監修は同一人物。ロボットと絵本をつなげる研究者も限られているのではと思いました。

 photo/saito

「鉄腕アトム」や「ドラえもん」など漫画やアニメ、映画にはたくさん登場するのに絵本となるとなぜ少ないのでしょうか?

・擬人化した動物や物たちがしゃべる絵本の世界で、ロボットの差別化は難しいから

ロボットといって連想する形は様々で固定したイメージがないから。

というのが私の考えですが、皆さんはどうお考えになりますか?

今回はアーティストの佐野真隆さんがご参加くださいました。同郷の日南田淳子さんも仕事の後に、千葉さんも小1の可愛い娘さんといらしてくれました。小1女子のお絵かきを見せてもらっていたら絵本のアイディアもわいてきて、絵本制作がさらに楽しみになりました。

左から saitoさん、佐野真隆さん、日南田淳子さん、千葉さん母娘。

 

コメント

第24回 絵本への道その5

2018-05-25 09:53:32 | 議事録

次回のお知らせ

6月9日(土)18時半~
テーマ「ロボット(AI)の絵本」


第24回 絵本への道その5

5月12日(土)

今回の参加者はsaitoさん、日南田淳子さん、やたみほの3人。
絵本のテーマは「花」。今月もsaitoさんがたくさん持ってきて下さいました。


中でも一番感動したのは『リディアのガーデニング』(作:サラ・スチュワート絵:デイビッド・スモール訳:福本友美子出版社:アスラン書房発行日:1999年)です。
〈あらすじ〉
家庭の事情でパン屋を営むおじさんの家に預けられたリディアはお店を手伝いながら花を育てます。家に帰ることになったリディアはマンションを花でいっぱいにしておじさんにプレゼント。おじさんはリディアをぎゅっと抱きしめます。

花に関する絵本を読みながら風倶楽部の絵本について考えました。前回絵本のラストについて考えた際、「ある星で一輪の花が泣いていた。その花をおじさんが持ち帰って自分の星を花でいっぱいにした」という内容はどうか?という結論でしたが、
「花ってキャラクターにしにくいね。」
「話せるキャラクターにする?」
「そういえば、フラワーロックって流行ったよね。」
「いっそのこと、ロボットの花が残ったってことにしてみる?」
なんてことになり、次回はロボット(AI)をテーマに絵本を探すことにしました。

はてさて、どんな結末になるのでしょう?

コメント