風の子広場

特別な意味はありません。近くの広場です。
考えごとをするのに最適な場所です。
エッセーを中心に書いてゆくつもりです。

私と小鳥と鈴と

2011-09-12 20:33:13 | 何でもシリーズ

金子みすずの詩です。「みんなちがって、みんないい」

という言葉がでくる詩を捜していたのですが、見つから

なくて、苦戦しました。

 私が両手をひろげても、

 お空はちっとも飛べないが、

 飛べる小鳥は私のように、

 地面を速く走れない。

 私がからだをゆすっても、

 きれいな音は出ないけど、

 あの鳴る鈴は私のように、

 たくさんな唄は知らないよ。

 鈴と、小鳥と、それから私、

 みんなちがって、みんないい。

「みんなちがって、みんないい」という表現は、誰も

傷つけないという思想があるようです。今の世の中

このような思想が、本質的に欠如しているようです。

V9C 真

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 311、911 | トップ | 行き場のない洗濯物 »

コメントを投稿

何でもシリーズ」カテゴリの最新記事