風になれ

大自然のふところで山歩きを楽しむ生活。
いつの日にか、森にそよぐ風になれたら・・

お正月を日本で過ごす

2018-11-28 | 健康


 娘の突然の入院により、年末から正月にかけて計画していたニューヨークひとり旅を中止することにした。決断したら、あとはキャンセル手続きを実行するだけだ。まずJALの羽田ーニューヨーク便の予約をネットからキャンセル。続いてネットから予約していたBrooklynのホテルのWebサイトでキャンセル手続きを済ませた。これでキャンセル手続きは完了だ。
 あとは気持ちを切り替えて、久しぶりに娘と親子水入らずで日本のお正月を楽しく過ごそうと思う。
Comment

自然治癒力

2018-11-27 | 健康


 僕は病院嫌いなので滅多なことで診察を受けることはない。人間が本来もっている自然治癒力を信じて、診療や薬の力をかりずに自分の力だけで病気を治したいという考えがあるからだ。
 でも状況が今回は特殊で、今週末に娘と会うし、担当医と話し合いがあるかもしれないので、それまでに風邪だけは治しておかないといけないと思って、薬の力をかりることにした。
 通勤途中にある医院に立ち寄るとすでに多くの人が診察の順番を待っていた。長い時間待ってから診察室に入った。僕のカルテを見て、前回は2012年に診察を受けられていますね、と女医さん。そういえば6年前にも風邪で咳が止まらなかったことがあった。
 2種類の錠剤と咳止めの飲み薬とうがい薬ををもらい、会社に向かった。薬に頼ってしまった弱気な自分に後ろめたさを感じながら。

Comment

娘の入院のこと

2018-11-26 | 健康


 どうもまだ体調がすぐれない。咳も時々、狂ったようにでる。
 そんな憂鬱な気分で仕事をしていると、東京の義兄から娘のことで電話が入った。娘は体調不良のため、急遽、某大学付属病院で診察を受けた結果、入院してしばらく治療することを勧められた。病院のベッドが空き次第、入院することになったとのこと。ショッキングな電話だった。僕の風邪どころの話ではない。早く娘に会いに行きたいけど、仕事の都合もあり、残念だけど週末になりそうだ。
 正月に予定していた渡航も中止して娘のそばで看病することにしよう。
Comments (2)

無為に過ごした三連休

2018-11-25 | 健康


 風邪をひき体調が絶不調のため、無為に過ごす3連休となってしまった。馬鹿みたいによく寝た3日間だった。
 先週、宮島弥山に登ったあと温泉に浸かった。その後、フェリー乗り場で時間待ちしている間に湯冷めをしてしまったようだ。あれから1週間、風邪のため咳き込むし、身体は熱っぽいし、調子の悪い状態が続いた。
 その上、金曜日の夜に開いたリーダー会議の後の宴席でさらに体調を悪化させてしまった。土曜日の朝、僕の秘密基地に泊まった仲間を送り出したあと夕方まで丸一日、ハナちゃんをお供に爆睡した。あれだけ寝たら夜は眠れないんじゃないかと心配したけど昨晩も朝まで熟睡できた。まさに寝太郎の生活だった。



 Fitbit計測による安静時心拍数の数値の傾向を見ても体調の悪さの状況がはっきり表れている。
 ようやく一週間が過ぎ、この数日よく寝たお陰で体調が少しだけよくなってきた実感がある。咳が出る回数も減ってきた。
 この三連休に山歩きとロードバイクの楽しみな計画を立てていたけど、すべてがパーになった。その虚しさはあるけど、体調が好転しているので気分は悪くない。明日から始まる新しい一週間を前に、気持ちは前向きになっている。

Comment

リーダー会議と日本酒

2018-11-24 | 日本酒


 山の会の来年度の山行計画を練るリーダー会議を僕の秘密基地で開いた。夕方6時から会議を開く案内をしていたけど、早めに全員8名が集まったので、さっそくミーティングを始めた。ビールで乾杯し、おでんや焼き鳥などをつまみながら、月ごとに目標の山と担当のリーダーを決めていった。



 ようやく12ヶ月の例会山行計画が決まり、ここから宴会モードに。日本酒が北は青森から、秋田、山形、岡山、山口と全国の銘酒を愛でながら、山の話を続けた。
 


 翌朝、まだ寝ている友を起こさないように抜け出して、ハナと秘密基地の近くを散歩した。霜が降りていた。アルコール漬けの脳みそを朝の冷気で少し浄化させることができた。

Comment

いい夫婦の日

2018-11-22 | 健康


 今日は11月22日なので「いい夫婦の日」。いい夫婦の日に因んで、テレビでは夫婦を取り上げた番組ばかりが流れていた。
 今の僕には無縁だけど、こんな日があってもいい。だらだら「いい夫婦スペシャル」のような番組を見ていたらそれなりに面白かった。出会いは何であれ、縁あって一緒になったのだから、いつまでも仲良く暮らして欲しいと思う。いくら願っても、僕のようにカミさんが重い病気で突然今生の別れを強いられることだってあるのだから。



 幾つになっても仲良く暮らしている夫婦をみるとほのぼのとした良い気持ちになる。僕の父母はとても仲睦ましい、そして笑い声の絶えない、文字通り「いい夫婦」だった。そして二人とも長生きをして、父は87歳で、母は97歳でこの世を去った。僕はこのまま独り身で父や母が生きた歳まで生き永らえるんだろうなあ。

Comment

ニットのセーター

2018-11-21 | トイプードル


 東京で暮らす娘がハナちゃんにニットのセーターを編んでくれた。春向きの柄と色だけど、さっそくハナちゃんに着せてファッションショーだ。
 ハナちゃんのニットのウエアは何着もあるけど、それらはすべて娘が愛情を込めて手編みで作ってくれたものだ。これでまた衣装が増えた。



 そう言えば先日、娘のマンションに行ったとき、リビングに所狭しと様々な色の毛糸と編み針が転がっていたことを思い出した。テレビを観たり、本を読みながらでも手だけ器用に動かして娘は編みものをする。編みものは娘にとってストレス解消になるのだろう。



 さっそくハナちゃんのファッションショーの写真を娘に送らなくては・・・

Comment

柿なますに初挑戦

2018-11-20 | 健康


 富有柿をたくさん頂いたので、柿なます作りに初めて挑戦してみた。まずクックパッドで料理法と柿・大根の美味しそうな切り方をチェック。やっぱり短冊切りが美味しそう。
 大根の皮を剥いて短冊に切り、ボールに入れて塩を少し振った。次に柿の皮をむいて、短冊切り。タネを取り除くのに少し手間取ったけど、なんとかできた。



 次になますの仕上げだ。酢の代わりに無農薬の日生(ひなせ)レモンを使うことにした。緑色のレモンを切って果汁を絞り、皮もおろしがねでおろして入れた。何とも言えない爽やかなレモンの香りが漂い、食欲をそそられる。
 試食してみると、うまい!
 上出来の味だ。初挑戦にしては大成功だった。
 男の料理の一品ができたので、あとは黒豚のハンバーグと一口豚シュウマイを焼いて今日の夕食が出来上がった。



 やればできるやん。男の料理にほんの少しだけ自信がついたぞ。

Comment

宮島弥山に登る

2018-11-19 | 山歩き


 山の会の例会山行で宮島の弥山(529.8m)に登った。宮島口の駐車場でバスから降りて、フェリーで宮島に渡る。
 紅葉のピークは過ぎたけど、フェリー乗り場は大勢の観光客や登山者でごった返していた。



 広島といえば原爆ドームと宮島厳島神社が外国人観光客の人気のコース。国際色豊かな宮島なので、いたるところで外人さんを見かけた。
 海岸に沿って紅葉谷公園まで行き、ロープウェイ乗り場の分岐から紅葉谷川に沿って弥山まで紅葉谷コースを登る。急登が続く。多くの人で登山路も大混雑だ。



 弥山の山頂も多くの登山者で賑わっていた。曇り空のため山頂からの眺望は今一つ。お昼ご飯を食べてから下山を始める。







 駒ケ林の分岐を過ぎ、さらに下ると駒ケ林の巨大な花崗岩の垂壁が見えてきた。見ごたえのある壁だ。







 大元公園コースを下り、国民宿舎「社の宿」で入浴をする。汗で濡れた衣類を着替えて、さっぱりしてから宮島桟橋に向かった。



 曇り空の一日だったけど、久しぶりに安芸の宮島の原生林を歩くことができて満足だ。復路も満員のフェリーで宮島口まで戻った。

Comment

娘との再会

2018-11-17 | 健康


 金曜日、東京に出張したついでに東京で暮らす娘に会った。夜の11時過ぎ、マンションの近くにある約束の場所の居酒屋に行くと常連のおじさんを話し相手にお茶を飲んでいた。もうすでに肴で腹ごしらえをしてビールも飲み終えて、ちょっと一服している様子だった。



 駅とマンションの途中にあるこの居酒屋を娘はときどき利用しているみたいで、お店の女将さんから娘はファーストネームで呼ばれていた。仕事で疲れたときに、ここに寄って常連さんや女将さんと世間話をして帰ると気分転換、ストレス解消になるのだとか。まあ、それもいいかあ。僕のDNAで娘はお酒は嫌いなほうではないし・・・。
 温燗の銚子をたのみ、あらためて飲み直し。娘と日本酒を飲み交わしながらあれこれ話を始めて、0時半過ぎまで話し込んだ。



 日曜日はマンションから娘と一緒に銀座に出て、アップル銀座店をぶらぶらする。そのあと、老舗の洋食屋さんの「銀座 みかわや」でランチ。話は尽きないけど東銀座駅で別れて大急ぎで僕は羽田空港に向かった。



 電車で羽田空港に向かっているときに娘からメールが入った。「気をつけて帰って。また来てね」
 ほんの短い時間だったけど、久しぶりに娘と色々と話ができて、とてもいい時間を過ごすことができた。

Comments (2)

終活年賀状のこと

2018-11-15 | 健康


 11月も半ばになり、毎日のように喪中による年賀状欠礼の葉書が届くようになった。そういう時期だと気付かされる。
 そろそろ年賀葉書を買わなくてはいけないなあ。
 そして今年も思う。早く年賀状から解放されたいなあと。
 朝日新聞のHPサイトに終活年賀状のことが載っていた。終活年賀状の動きが広まっているようだ。
 ただ一言、来年から年賀状を辞退させていただきます、と年賀状に書き添えるだけの話だけど、毎年、僕はそれがなかなか実行に移せなくて悩んでいる。記事にあるように、《皆様と交わして参りました年賀状ですが、誠に勝手ながら今年をもちまして書きおさめとさせていただきます》とサラッと年賀状の終了宣言をすればいいだけなのに、決断できずにずるずると毎年出してきた。



 これまでに終活年賀状を多くはないけど何人かの人から頂いたことがあるので、静かに広がりつつあるのは間違いないのだろう。
 僕が終活年賀状を出したい一番の理由は、年賀状に書く内容がなくなってきたからだ。これまで子供たちの成長の様子など家族の話題を年賀状に書くことができたけど、ばあちゃんと二人暮らしでは書く内容がない。内容が乏しすぎる。かといって型通りの新年の挨拶文だけだったら年賀状を出す意味がないとも思う。



 今回から意を決して、少しずつ終活年賀状を出し始めてもいいかなあ。
 勇気がいることだけど、第一歩を踏み出そう。人によっては終活年賀状を受け取ると僕に対して悪い印象をもったり、少なくとも快く思ってもらえないだろうなあ。



 断捨離や終活のひとつとして理解してもらえると信じて少しだけ実行に移してみたい。

Comment

大谷翔平君の最優秀新人賞を祝う

2018-11-14 | Weblog


 今日の朝食も焼き魚。サイドメニューとして冷凍の白身魚のフライと練りものをチーンした。

 今朝のラジオ深夜便「明日へのことば」に登場した臼井健二さんの話は面白かった。長野県安曇野で自然農、自給自足で、有機農産物を作りながらゲストハウスを経営してしている人だ。ゲストハウスも3年間かけて手作りしたのだとか。信州の山のついでに一度このゲストハウスに泊まってみたくなった。

 今日は嬉しいニュースがアメリカから届いた。アメリカンリーグのロサンゼルスエンゼルスで活躍する大谷翔平君が最優秀新人賞にめでたく選ばれた。日本人で4人目だ。控えめにこぼれる笑顔がすばらしい。おめでとう。
 大リーグで投打の二刀流を試そうとした大谷翔平君に対して日本で厳しい見方があったけど、初志を貫き、結果を出したのはお見事としか言いようがない。右肘の手術のため来季は投打の二刀流を封印することになるけど、またピッチャーズマウンドに立つ姿を見たいなあ。

Comment

来春の10連休

2018-11-13 | 健康


 今日の閣議で、来春のゴールデンウィークが10連休になることが決まった。皇太子さまが即位する来年5月1日を祝日扱いとする法案が閣議決定したためだ。国を挙げて祝賀ムードが高まりそうだ。さて、この10連休をどこで何をして過ごすか、プランニングするだけでも楽しそう。



 孫の七五三の着付けの写真がLINEで送られてきた。無事にこの日を迎えることができたことは最高の喜び。おめでとう。

 おりたちて今朝の寒さを驚きぬ
   梅雨しとしとと柿の落葉深く

          伊藤左千夫

Comment

ハナの尊厳

2018-11-12 | トイプードル


 夕食は焼き魚にした。それと野菜と鶏肉を煮たもの。調理のレパートリーが少なすぎ〜。
 時間ができたら男料理の腕を少し磨かないといけないなあ。美味しい食事は生きる大きな楽しみなのだから。



 ハナちゃんがまた女の子の周期を迎えたみたい。前回、3月中旬から始まったので、ちょうど8ヶ月ぶりだ。
 しばらくの間、寝るときだけマナーパンツを履かせようと思う。
 この時期になるといつも悩む。ハナの避妊手術はしない僕の選択が正しかったのかどうか、自問自答する。
 そして結論は、自然体でいい、人間の都合や勝手な理屈で手術を一方的に押し付けるのは人間の傲慢だから、動物の尊厳を認めて自然に身をゆだねて過ごすのがいいと自己正当化する。
 もし僕の考えが間違っていたら、ハナちゃんに申し訳ないなあ。

Comment

寝溜め

2018-11-11 | 健康


 昨晩はぐっすりと長い時間、よく眠った。朝4時過ぎからラジオ深夜便「明日へのことば」で元競輪選手の中野浩一さんの世界自転車選手権10連覇の話を聴いてからまた寝入ってしまった。
 Fitbit計測によると僕の毎週の平均睡眠時間は5時間45分から6時間20分くらいだけど、昨晩は8時間35分も寝たようだ。これくらい寝ると、十分に寝た〜というスッキリ感に満ちている。寝溜めができるものかどうか知らないけど、これで明日からまた仕事に精を出せそうな気がする。十分な睡眠をとることって健康維持に大事なことなんだろうなあ。



 朝食後、車で息子の工房に行き、ザックに入れたハナを背負いながら、伸びた雑草を草刈機できれいにした。この時期は雑草も控えめに伸びるので、草刈りも楽ちんだった。

Comment