KAZASHI TREKKING CLUB

四国の山を中心に毎週楽しく歩いています。

線で繋ぐのはお休み

2022年03月03日 | 四国の山



腕山に登ったのは2008年。もう14年も前になる。

井川から県道を南下した記憶はあるが、途中で下影の棚田

寄り道したり、井川スキー場から更に南に車を走らせた記憶がない。

唯一、腕山放牧場に沿って登って行ったのだけは憶えている。


今週はその腕山ではなく、手前の井川スキー場にWOCのメンバーと出かけてきた。

WOCのメンバーとは昨年の秋の石鎚山以来の合流。

ここの所WOCは登山部よりスキー部の活動が活発で、

メンバーによっては毎週出かけているようだ。

今シーズンに入って、その様子を横で見ながら、久しぶりにスキーを滑ってみたいと

思ってたのだが、一旦落ち着いてきていたコロナがオミクロンの襲来で、

また不要不急の外出は?などと言われるようになってきた。

それに伴って、我が家の奥様からは、登山の際も『乗り合わせで出かけてないでしょうね!』

などと言われるようになった。『もちろん、現地集合で少人数で歩いてます』と答えるのだが、

デポ車とデポ車の間だけはどうしても乗り合わせになる。当然その事は内緒にしている。

大山のスキー場となると、朝も早く帰りも遅くなるが、井川スキー場なら

山に出かける時間より少し早いだけで、帰りはいつもの時間に帰って来られる。

しかもあっちゃんから『登山の服装で出かけて、スキー場では雨具を着て滑ったら、

奥さんにバレないわよ!』とアドバイスをもらった。

あっちゃん自身もご主人には登山の予定だと言って、

何食わぬ顔をして朝家を出かけてきたらしい。

そんなこんなでおおよそ12年ぶりのスキー体験となった。





朝一番は雲っていた空も次第に青空が顔を覗かせ始め、

厚着をしていると暑いくらいになってきた。







なんせ間が開き過ぎた事に不安だったが、2・3本滑ると依然と変わらぬ感じで、

滑れるようになり感覚を身体が憶えていた。







ただルリちゃんに『くれぐれも腰を痛めないように注意してね!』と言われていたのに、

調子に乗って滑って見事に一回転して、腰を強打してしまった。











結局最後まで腰の痛みは取れず、しばらくは尾を引くような雰囲気。

ただしばらくぶりのスキーで、登山とはまた違ったリフレッシュができた一日だった。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿