黄昏どき

日々の想い 心の移ろいを
ありのままに

姉の終活

2018年04月21日 | 最近の出来事

87歳の姉は 母を看取った後一人暮らしを続けていた

昨年脊椎骨折で1カ月入院 退院後も一人暮らしを続けていたが

暮れから今春にかけての大雪と寒さに 耐えるのが限界だったようである

姉には子供はいない 

近所に住む姪たちが手助けしているが

3月 思い切って サ高住へ移ることを決心した

家を処分し 位牌だけ持って行くことに

昨日 

仏壇の魂抜きと 長年住んでいた家のお別れを兼ねて

姉妹弟 姪たち 配偶者たちが久しぶりに集まった

姉が家を建てから40年 早いもので母が亡くなって10年経つ

永代供養も済ませているので 暫らくぶりの訪れだった

和やかで賑やかなおしゃべりが飛び交い ご馳走をいただく

庭の木々は芽が膨らんだばかりだが 草花が可憐に咲いていた

新たな住まいは大雪山がよく見える5階で二間続き

衣食住が完備され 動けなくなった時は 隣のケア付き施設へ移れる

母も 義兄もお世話になり 主治医が経営している施設で

皆が  一番良かったと思う選択だった

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 白髪の悩み | トップ | 赤平らん展にて - Amalia Nec... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (みいやん)
2018-04-22 07:07:43
お姉さま~お母様と一緒に暮らしていたんですね。

そして..皆さんと考えて最良の施設に移られたのですね。75
お母様もお義兄様もお世話になったところ.....
安心ですね
施設に入る時に心配なのはどんなところなんだろうとそれが気になりますものね。

私も終活の事を考えなければならない年齢になってきました。

ぼちぼちと....考えます。
こんにちは (kazahana)
2018-04-22 11:42:15
みいやんさん

こんにちは。

姉が実家の中心になっていたので、気にしていましたが、頑固で人の言うことを聞きません。
今回自分から施設に入ることを決心しましたので、
周囲は安心し喜んでいます。

私たち夫婦は、一軒家からマンションへ移り、
今は快適な生活をしておりますが、
どちらか一人になり、介助が必要になったら、
施設へ入らなければならないと考えております。

みいやんさんはまだお若いし、息子さんとご一緒
だからまだまだ考えなくともよいのでは。
決心 (ろこ)
2018-04-22 22:38:10
こんにちは。
 他人事でなく記事を拝読しました。
 なんだか身につまされます。
 主治医の先生が経営されている施設で、お母様、お義兄さまもお世話になった施設なら安心ですね。
 お姉さま自ら決心なさったのが一番ですね。

 私たち夫婦も、今の家を売って、施設に入ろうか検討していますが、なかなか決断できないでいます。
 自分たちのお墓は樹木葬にしようと、墓地も買い、墓標も作り、赤字で夫婦の名前を刻みました。
 そこまで行くと、安心して生きようというエネルギーが湧いてくるのが不思議です。
決心 (kazahana)
2018-04-23 17:14:49
ろこ様

コメント有難うございます。
気がつかず遅くなってしまい申し訳ございません。

ろこ様は私よりずっとお若いので、まだまだ今の生活をお続けになってもよろしいと思いますが・・・

姉は決心して安心しましたが、私たちはまだ決めておりません。
一軒家を処分してマンションへ移り、今は二人で生活してますが、
この先一人になった時、又は二人とも介護が必要になった時、考えなければなりません。

姉のように決心するのはもう少し先と考えてます。

コメントを投稿

最近の出来事」カテゴリの最新記事