My Song My Foolish Heart

4月に12年の単身赴任が終わりました!、山が好き、キースジャレットが好き、街道歩きが好き、2012年中山道を完歩しました

四月になれば彼女は 川村元気を読む

2021-10-18 22:35:48 | 2021年本

2016年の本遅ればせながら読んだ・・

なんだろうか泣くことはないけれど胸が締め付けられるようなそんな気持ちにさせて

くれる物語だった、自分にとって大切な人とは・・・

4月、はじめて付き合った彼女から手紙が届いた、その時僕は結婚を決めていた、愛してるのか

わからない人と。

天空の鏡ウユニ塩湖で書かれたそれには、恋の瑞々しいはじまりとともに二人が付き合ってきた

頃の記憶がつずられていた。

ある事件をきつかけに別れてしまった彼女はなぜ今になって手紙を書いてきたのか。

・・・・・

失った恋に翻弄される12か月が始まる・・・

ハルの心にさわやかにうたれてしまいながら泣けてきそうなそんな複雑な感じだった・・・

コメント   この記事についてブログを書く
« 人情裏長屋 山本周五郎を読... | トップ | 夕暮れウォーキング ビール... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

2021年本」カテゴリの最新記事