宮野一彦#9

音楽制作を生業とする、宮野一彦が考えていることや感じた事を書いていきます。
CD「すばらしい日々」発売中

難関

2018-09-30 16:18:03 | 社会
9月30日

登録に30分どころか半日かかったらしい。これは大変そうだ。
むずかしすぎる!五輪大会ボランティア応募フォーム
https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20180927-00098411/

画像提供元「写真AC」
https://www.photo-ac.com/

2020年に開催予定の東京オリンピックでボランティアを募集しているらしい。
ところが、実際に応募フォームから登録した人によると、
手間がかかる上に、エラー表示ばかりでスンナリ登録できないらしい。

そもそも登録に30分かかるという時点で「ありえない」のだけど、
しかも登録にかかった時間は半日ほどだったそうである。
これでは誰も登録できないのではないだろうか。
私なら途中でやめてしまうだろう。

こうした登録フォームは、1分~2分程度で済むものにした方が良いと思う。
かかったとしても5分から10分程度というのが無難なところだろう。
はじめから「30分かかります」という時点で、本当に募集する気があるのか?
と、疑ってしまうのは私だけではあるまい。

東京オリンピックは8月の炎天下で行われる予定のため、
体力はもちろん、かなり高レベルの忍耐力が必要とされるだろう。
おそらくそうした困難に立ち向かうだけの気力を、
この応募フォームで試しているのかもしれない。

というより、ボランティア頼みというのがスゴイ発想だと思う。
無料で何かをしてもらおうという考え方がどうなのかな?と。
然るべき報酬を支払って雇用した方が人材も集まりやすいだろう。
それこそ派遣会社などにとっては絶好の機会なのではないだろうか。

いろいろ謎が多いと思うのは私だけではあるまい。
それとも、もう予算を使いきっちゃったのかな。
もしそうであっても「ああやっぱりな」と思うだけだ。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#234」(歌とギターの生演奏)は、2018年10月6日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

液状

2018-09-29 17:59:06 | 社会
9月29日

電子タバコに見えるけど、中身は大麻や覚醒剤ということもあるそうな。
大麻摘発、5年で倍増 目立つ若年層…「安全」誤解も 埼玉
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000027-san-l11

記事によると、埼玉県内での大麻の摘発者は、過去5年間で倍増しているようだ。
おそらく埼玉県内だけの問題ではないのだろう。
手軽に入手しやすくなっているのかもしれない。

最近の大麻は、電子タバコの中身を入れ替えたリキッドタイプもあるようだ。
同じ新聞社の記事で、覚醒剤のリキッドタイプが摘発されている。

と、なると、路上で喫煙しているように見えるけど、
中身は大麻や覚醒剤ということもあるということか。
それは怖いな。

不思議なのは、覚醒剤は悪いけど、大麻は悪くないという論調だ。
大麻は人体に害がないという説もまことしやかに伝わっている。
果たして本当にそうなのかな?

一番怖いのは、大麻を味わうのが習慣になることだと思う。
そのうち大麻だけでなく、コカインやLSD、覚醒剤を試したとしても、
まったく不思議ではない。

大麻や覚醒剤はコンビニなどで購入することはできない。
欲しい人は、どこかから譲ってもらうことになる。
どの「どこか」は、適度に逮捕者がいるようだけど、
本当の元締めにたどり着くことはない。

大麻や覚醒剤で逮捕された人たちは、再犯の確率が非常に高い。
特に覚醒剤は、やめる方が困難だと言われている。
大麻を入口として覚醒剤の中毒者になる人も普通にいそうだ。

ちなみに大麻も脳にあまりよくない影響があると聞いている。
常習化すると危険なのは言うまでもない。
普通に生きていきたいのであれば、手を出さないのが無難だ。

医療大麻の解禁を謳って参議院議員に立候補した人が、
しばらく経つと大麻所持違反で逮捕されていたことを思い出す。
なるほど、中毒者だったのか。と、妙に腑に落ちたのだった。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#234」(歌とギターの生演奏)は、2018年10月6日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

二刀

2018-09-28 23:44:00 | 音楽
9月28日

とりあえず両方やってみるというのはどうだろう?
「ギターを始めるならアコギ?エレキ?」サカナクションの経験談とアドバイス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00010006-tokyofm-ent

画像提供元「写真AC」
https://www.photo-ac.com/

記事ではサカナクションのメンバーが「エレキが良いのでは?」と、
アドバイスをしている。
すでに家にどちらのギターもあるのなら、エフェクターもあるだろう。
というので、音色が変わるエレクトリックギターを勧めている。

なんだかうらやましい話だ。
私がギターを始めた頃は、エレキギターはハードルが高かったのだ。
そのため、なんだかわからないギター(アコースティック)でスタートした。

チューニングをしているうちにペグ(弦を巻くやつ)を壊したり、
弦を切ってしまったのも良い思い出である。
まぁ、購入したギターでないからできたことではあるのだが。

2018年では映像で演奏を観られるので、始めやすいのではないだろうか。
私の場合は教則本みたいなものでコードを覚えてガチャガチャやりだしたっけ。

なんとなく指で弾いた方が上手く見えるように思えたので、
フィンガーピッキングの練習ばかりしていたかもしれない。

後から「ピックを使った方がいろいろできるよ」と、
とある雑誌に載っていたのを見てからは、ピックも使うようになった。

個人的にはアコースティックもエレクトリックもそれぞれ面白いので、
両方やってみることをおすすめしたい。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#233」(歌とギターの生演奏)は、2018年9月29日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

八百

2018-09-27 17:03:09 | スポーツ
9月27日

ファン感謝デーに引退式をやれば良いだけなのでは?
引退試合を公式戦に組み込むことに違和感を持つのはおかしいこと?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180927-00831961-number-base

最近の傾向として、引退を表明した選手のための引退試合が、
プロ野球の公式戦で行われるようになっている。
引退試合では、投手は打者1人、野手は1打席のみ代打という形で出場する。
中には長いイニングを投げる投手もいれば、先発出場する野手もいるかもしれない。

引退試合では、投手は引退する打者に対して打ちにくいボールは投げずに、
良く言えば真っ向勝負、悪く言えばホームラン競争のような印象で、
貴重な1打席を使うのである。

大抵は三振などでアウトになるため、9イニング27アウトのうち、
1つのアウトが守備側では労せずして稼げるのだ。

投手の場合も同様だ。打者は始球式のごとく空振りをする。
こちらも1つのアウトが簡単に取れることになる。
どことなく「八百長」「敗退行為」のような印象を抱いてしまうのは気のせいだろうか?

問題となっているのは、3位争いの試合で、引退試合を設定している点だ。

ベイスターズは以前も「引退試合」の三浦大輔に5イニング投げさせて、
相手に10点を献上した悪しき実績がある。
確かその試合も3位がかかっていたような記憶があるのだ。

3位でシーズンを終えると、その後のクライマックスシリーズの出場権が得られる。
昨シーズンのベイスターズは、シーズン3位にもかかわらず、
クライマックスシリーズでタイガースとカープに勝利し、日本シリーズに出場した。

例えば昨日シーズンの優勝が決定した、カープ対スワローズの試合で、
引退を表明している新井貴浩が打席に立ち、
引退試合として扱うということがあるだろうか?

シーズン優勝がかかっている試合にはそんなことはしないはずだ。
もちろん熱狂的な一部のファンは喜ぶかもしれないけど、
それよりも優勝が決定する方が比重が高いはずだ。

それと同じように、ベイスターズが引退試合として、3位争いの大事な時期に、
加賀繁や後藤武敏を出場させたのは、決して褒められたことではない。
私はベイスターズが好きだけど、引退試合>順位争いという考え方はやめて欲しいと思う。

とはいえ、ベイスターズに限らず、他の球団も五十歩百歩のようなので、
これからは「引退試合ラッシュ」となることが予想される。
そのため、引退試合のニュースを見るたびに、なんだかなぁ…
と感じる自分が容易に想像できるのだ。

オフシーズンの球団主催のファン感謝デーで引退式をすれば良いと思うのだけど、
こういうのもマーケティングの手法のひとつなのだろうか?
どうにも釈然としない。

「感動をありがとう」は、もうお腹いっぱいなので消滅して欲しい。
安易な感動は、きちんと物事を考える力を失わせるだけだと思う。
…あ、それが狙いか。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#233」(歌とギターの生演奏)は、2018年9月29日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

並行

2018-09-26 11:08:26 | 日常
9月26日

そういえば勉強しながら深夜ラジオをよく聞いていたっけ。
集中しやすい?集中しにくい?“ながら勉強”って実際どうなの?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-27207315-rshingakun-life

受験勉強の時期は、深夜ラジオをよく聞いていた。
そのうち勉強をするという名目で、
ラジオを聞く方がメインになったのは言うまでもない。

その頃に出会った音楽の中で思い出に残っているのは、
中島みゆきのオールナイトニッポンで流れた「Stairway To Heaven」だ。
この曲は8分を超えるため、フルで流れることはほとんどない。

ところが、この時の放送では深夜帯ということもあって、
イントロからエンディングまですべて流れたのだ。
これは本当にスゴイことだと、深夜のテンションと相まって盛り上がってしまったのだ。

もっともFMラジオの番組では、フルサイズで楽曲が流れることは珍しくなかった。
そのため、FMの番組を聞くことが自然と多くなっていったかもしれない。
なんとなくFMの方が音質が良さそうなイメージもあったせいもある。

ちなみに「Stairway To Heaven」(Led Zeppelin)は、
アメリカの楽器店で試奏中の演奏禁止曲となっているらしい。
確かに、あのイントロは本人達の演奏よりも、
同級生の演奏するギターで聞いたのが初めてだったかも。

記事では、単純作業であれば、音楽を聞きながらの学習は効率が良いそうな。
確かに、仕事でも単純作業の際には、むしろ捗るような印象がある。

一方で、応用問題を解くような場合には、音楽は邪魔になるとのこと。
他にも暗記をする時なども音楽は聞かない方が良いらしい。
むしろ歌の歌詞を覚えてしまいそうだ。
ギターを手にとって、フレーズをコピーしてしまうかもしれない。

なんにしても、音楽そのものは聞かれているのかなと。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#233」(歌とギターの生演奏)は、2018年9月29日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

教育

2018-09-25 09:52:52 | インターネット
9月25日

確かにワル自慢やおバカタレントが表に出すぎていると思う。
優等生よりも不良や「おバカ」が持て囃される風潮への違和感
ドイツの教育制度を見てみると
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180925-00549063-shincho-int&p=1



画像提供元「写真AC」
https://www.photo-ac.com/

最近、あちこちでゴロツキ風の輩を見かける機会が増えた。
実際にゴロツキなのかどうかはさておき、ゴロツキ風のファッションという意味だ。
ヤクザイルの影響なのかな?とは思うのだけど。

10年位前からおバカタレントというのが一定の需要を持つようになった。
島田紳助の番組がきっかけだったと思うけど、それなりの意図があったのかなと。
つまり、勉強をしなくても、日常生活に支障をきたすレベルの無知であっても、
むしろ「愛されキャラ」になれるという、勘違いをさせることだ。

実際にそのタレントが本当におバカなのか?というと、決してそんなことはない。
テレビではタメ口のタレントでも、楽屋に入ればきちんと挨拶をするし、
普通に敬語で接するはずだ。会ったことがないからわからないけど。

なんというか、それはそれ。これはこれ。なのだ。

フィクションの世界を真に受けていると、以前ならかなりバカにされたのだけど、
最近はそんなこともないのだろうか。
それとも、それはそれでアリとされるのかもしれない。中二病として。

個人的には、勉強はしておいた方が良いと思う。
日常生活で使わないじゃん!とか思うかもしれないけど、
大切なことは、学習する習慣であり、知識を貪欲に吸収する意識なのだ。

わからないことをそのままにしておくのではなく、気になったら調べたり、
読みたい本があれば、探して読むといったようなことだ。
そうでないと、普通に騙されることになる。知識がないと困るのだ。

ゴロツキもおバカも結構だけど、その人たちの将来が厳しいのは確実である。
それだけはハッキリと言っておきたい。積み重ねられる人が一番強いのだ。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#233」(歌とギターの生演奏)は、2018年9月29日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

度数

2018-09-24 23:09:11 | 飲食
9月24日

そういえば98度のウォッカを飲んだことがあったなぁ…
のどに刺激のある強い酒 飲み続けた人の末路は?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180924-00000004-nikkeisty-hlth

気になってググレカスをしてみると、スピリタスというお酒らしい。
https://www.nomooo.jp/column/alochol-top-10/2/
たぶん2回ほど飲んだというか、舌の上で気化するため、飲むというよりも、
なんか舐めるというニュアンスの方が近かったかもしれない。

お店で「こういうのあるよ」と言われて飲んだみた訳だけど、
それっきりお目にかかることはない。
美味しいとかそういうことではなく、珍しい体験という感じだった。
ちなみに現在では96度のスピリタスが最も強い度数のようだ。

記事では、アルコール度数の強いお酒(ウイスキーとかウォッカとか)は、
あまり喉や食道によろしくないという話が記されている。
実際にはアルコール度数よりも、飲酒の習慣の方が影響力が強いそうな。

アルコールや熱い食べ物は、粘膜の炎症を起こしやすいとのこと。
となると、ウイスキーをストレートで飲みながら、熱いラーメンを食べるとか、
そんなパターンなのだろうか。

ならば度数の弱いお酒なら良いのか?というと、そういうことでないらしい。
結局は、適度に休肝日を設けることが現実的な対処策のようだ。
まぁ、そもそもお酒を飲まなければ良いといえばその通りなのだけど。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#233」(歌とギターの生演奏)は、2018年9月29日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

提起

2018-09-23 18:08:34 | スポーツ
9月23日

とりあえず問題提起という意味においてはアリなんだろうな。
本田圭佑が発信「コーチライセンス廃止を」は大きな間違い
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00000008-nkgendai-socc

カンボジア代表のGMに就任したサッカー選手の本田圭佑が、
ツイッターで発言したコーチライセンス精度の見直しに関することが、
波紋を呼んでいるようだ。

本田圭佑の意見では、ある程度の実績を残したプロ選手であれば、
筆記試験のみで指導者のライセンスを与えても良いのではないか?ということだ。
記事ではそれについて、ドイツのS級ライセンスを持つ鈴木良平に話を聞いている。

鈴木亮平の話では、ドイツでは指導者になるために、心理学やスポーツ生理学、
メディア対応や栄養学、救急介護法などを学ぶ必要があるようだ。

その上で、相手チームの分析や、チームが取るべき戦術、
戦術を実現させるための選手選考などを行う必要があるとのこと。

そしてあくまでもS級ライセンスの取得は、
指導者としてのスタートラインにたったにすぎない。
その後、信頼を勝ち得るための長い長い道のりが待っている。と。

ドイツでは選手としての実績とコーチとしての能力は別物。
という考え方に基づいているようだ。

記事では他にも、選手時代の実績がそれほどなくても、コーチとして実績を積むことで、
トップチームの監督になった実例も紹介している。

競技は異なるが、日本のプロ野球の監督は、このあたりが非常に曖昧なイメージだ。
選手としての人気が高く実績がある=監督候補となるケースが多い。
野球もライセンス制度を設けた方が良さそうなんだけど、やらないんだろうな。

どことなく、本田圭佑の提言は、堀江貴文の寿司職人についての考え方を思い出す。
10年以上修行をするのは無駄なので、学校を作りました。というヤツだ。
実際に開校してしまうのはスゴイけど。

さすがに筆記試験だけでS級ライセンス取得というのはどうかな?とは思う。
ただし記事にもあるように、サッカー選手としての実績とは関係なく、
指導者になれる道を作る方向に進むのであれば賛成だ。

うまい落とし所が見つかると良いのだけど。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#233」(歌とギターの生演奏)は、2018年9月29日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

二世

2018-09-22 18:21:01 | インターネット
9月22日

そもそもチャンスすら与えられない人の方が圧倒的に多いのだ。
世の中をナメきっている?“芸能人二世”の良い点、悪い点
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000001-ykf-ent

記事では、二世のメリットやデメリットについて語られている。
先日4度目の覚醒剤所持違反で逮捕された、女優の次男の事件がきっかけのようだ。

覚醒剤所持違反は再犯率が非常に高い犯罪である。
つい最近始めたというのではなく、10代の頃から覚醒剤にハマっているので、
おそらくやめるのは不可能なのではないだろうか。

もしやめられる可能性があるとすれば、2年以上隔離された場所に幽閉されることだ。
例えば薬物厚生施設や刑務所が考えられる。
2年間の服役で覚醒剤から抜け出せた例もあるためだ。

とはいえ、4回目の逮捕ということになると、5回目以降も繰り返されるだろう。
何よりも売人のお得意様になっている可能性が高いし、
覚醒剤の供給コネクションを断ち切れるのか?という点が大きい。

記事によると、二世はメリットだらけなんだそうな。
そもそもチャンスすら与えられない人たちの方が圧倒的に多い。

二世はそのようなハードルをやすやすと超えてくる。
産まれてきたときからチャンスの湯船に浸かっているようなものなのかもしれない。
こればかりはどうにもならないだろう。非常に大きなメリットだ。

一方で、不祥事が多くなるのも二世の特徴でもある。
周囲には人が集まりやすいけど、いい人ばかりが集まるとは限らない。
よほど強靭な意思を持っていないと、誘惑に簡単に負けてしまうだろう。

これから他にも覚醒剤などの薬物で逮捕される人が出てくると思われる。
本当かどうかわからないけど、50人に1人は薬物中毒者らしいので。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#233」(歌とギターの生演奏)は、2018年9月29日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

不備

2018-09-21 20:14:55 | スポーツ
9月21日

それなら2位と1位だけでクライマックスシリーズをやれば良いのでは?
「セ・リーグ最下位が日本一」の怪…
異常事態招いたのは誰のせい?! CS進出規定に“不備”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000018-ykf-spo

西日本の豪雨災害のおかげで、プロ野球の試合消化に問題が出ている。
もっとも試合消化ができていないのは、阪神タイガースだ。

一昔前ならダブルヘッダーという方式が採用されていたのだけど、
選手会の要望でなくなったらしい。
アメリカのメジャーリーグでは、ダブルヘッダーは普通に行われている。

問題となっているのは、10月11日時点での順位にて、クライマックスシリーズの、
出場チームが決定することだ。
残り試合があるチームでも、その時点の順位に照らし合わせるらしい。

1位は広島カープで、2位は東京ヤクルトスワローズとなりそうだけど、
3位は非常に混戦している。
9月20日時点の3位から6位(最下位)のチームまでが3位になる可能性があるのだ。

個人的にはベイスターズが3位に滑り込むと思っているのだけど、
それぞれの球団のファンにとっては、なんとか3位に入って欲しい!
という願いがあるのではないだろうか。

まずクライマックスシリーズの上位チームには、2位チームに1勝、
1位チームには2勝のアドバンテージを与えるべきだと思う。
現状では1位チームに1勝のアドバンテージがあるのみなのだ。

2位と3位のチームの対戦では、2位チームに1勝与えることで、
最短で1試合で終了することができる。(2勝で勝ち抜けのため)

その後は、1位チームに2勝与えることで、最短で2試合で終了可能だ。
(4勝で勝ち抜けとなるため)
こうすれば、143試合の順位が生かされると思うのだけど、どうだろうか?

まぁ、いつもながら、こういうことは実行しないのがパターンではある。
ダブルヘッダーにしても、強引に行えば良いだけの話なのだ。

とにかく、10月11日に試合をすべて完了させると決めたら、
それを踏まえて開幕からスケジュールを組んでいけば良いだけだと思う。
阪神タイガースは、もっと大阪ドームで主催試合を組む方向で動いて欲しい。

雨天中止や順延については、月曜日を利用すると良いと思う。
月曜日にはほとんどの試合が組まれていないためだ。
これもあらかじめ、予備日として月曜日を充てておけば問題ない。

甲子園大会と同様、「めんどくさい」「責任逃れをしたい」というのを、
特にプロ野球には感じられる。無理もないけど。
もう少し臨機応変に判断できるような人に任せる時期に来ているのではないだろうか。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#232」(歌とギターの生演奏)は、2018年9月22日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村