宮野一彦#9

音楽制作を生業とする、宮野一彦が考えていることや感じた事を書いていきます。
CD「すばらしい日々」発売中

なるほど

2010-04-30 01:06:09 | weblog
4月29日

テレビや新聞をキチンと見る(読む)人ほど、ダマされるのかもしれない。

24年

2010-04-28 02:06:48 | weblog
4月27日

24年と言えば、年男(女)が2回って年月ですよね。
う~ん…そんなになるのかぁ。

で、何?って、コトなんですけど、下北沢(東京都世田谷区)でライブ演奏を
したのがですよ。
どういうワケか、この下北沢とは縁がなくて…ね。
(観に行くのはソコソコあったんですけどね)

つ~ワケで、下北沢Yuraxでライブをしました。

1.ここからいなくなっても
2.すばらしい日々(奥田民生)
3.さよならを言う前に
4.Good Night
5.明日

アトで録画した映像を観ての感想なのだけど、このお店は音響が良い。
音響のイマイチなパタ-ンとしては、無駄に余計なコト(オペレ-タ-の趣味のおしつけ!)
をやろうとするのが多く見受けられるのだけど、このお店はそういうのがなくて、
素材をキチンと活かそうという姿勢を感じました。

コレって、アタリマエじゃないの?
いやいや…僕はコレでほんの少しだけ(笑)喧嘩しましたから。(苦笑)

雨の中集まってくださった皆様、共演の皆様、そしてお店の皆様に感謝です。
ありがとう。

来週はコレですっ!
なんか(予約)少ないみたいなので、「じゃ、行ってやるか」な男気
(もちろん女気も!)をお願いいたします。

2010年5月2日(日)
大森「風に吹かれて」
岡本主任清志郎Night
一周忌野清志郎(いっしゅうきのキヨシロー)
開場17:00 開演18:00
料金2000(1ドリンク付) 
TEL&FAX:03-3763-6555
大田区大森北1-34-16第二みずほビル2F
http://kazefuka.music.coocan.jp/xoops/
写真入り道順(岡本主任の道案内)
http://www.geocities.jp/okamotosyuninn777/basyo.htm

早いもので、あれからもう1年。
岡本主任とその仲間たちが、清志郎ソングを歌います。
ファン同士のコミュニケーションの時間も、十分に取ります。
又、飛び入りコーナーや「皆で歌おう!」コーナーも、あるとかないとか…
(風に吹かれてホ-ムペ-ジより引用しました)

ストラトキャスタ-の弾き語りという暴挙(笑)をします。
Yeahって、言え~!

新タマネギ

2010-04-23 09:54:53 | weblog
4月22日

最近、野菜の値段が高いとのこと。
まぁ、ここ最近の気温の変化の激しさを思えば、無理もないのかも。
だいたい、前日は最高気温24℃で、日中はTシャツで過ごすことができたのに、
夜は雨が降ったおかげで気温が下がり、この日は一日中雨で、なんと気温は8℃!
夜は暖房を使ってしまいましたよ。
はて、いつになればそれらしい気候になるのやら。

そんな中で、新タマネギがようやくお手ごろ価格になってきたので、最近は食して
います。
通常のタマネギ(ってのも変な表現だけど)に比べると柔らかくて、火を通さず
生で食べられるのが特徴なのかな。
まぁ、僕は火や熱を通して食べてますが、これがまた美味しです。
あともう少しすると新タマネギの時期が過ぎてしまうのでしょうけど、その間は
新タマネギの美味し!を堪能しようと思います。

今回、CDの流通をお願いした「相模の風レコ-ド」の、
いしはらとしひろさんのブログ、「歌う語り部 瓦版!」
で、CD「すばらしい日々」を記事にしてくださいました。

http://ameblo.jp/sagaminokaze/

いしはらさん、ありがとう。

ロコモコ丼

2010-04-21 13:19:30 | weblog
4月18日

この日は、瑞江(東京都江戸川区)のハックルベリィというお店に行く。

このお店はステ-キやハンバ-グが目玉なようなので、ロコモコ丼を食した。
ロコモコ丼というのは、ご飯の上に野菜のサラダとハンバ-グと、温泉卵が
乗せられているモノだった。なかなか美味しでした。

それからお通しのピクルスが美味しでしたよ。
おかげでビ-ルが進むこと、進むこと…

この日のライブ演奏は、岡本主任。
正直、じっくり座って音楽を聴くという感じではないお店の造りなのだけど、
いつものようにキメてブッとばしてくれちゃいました。
…むぅ、腕を上げたな。(エラそう)

そんな岡本主任とのライブは、5月2日(日)大森「風に吹かれて」です。

以前、(ケッコ-前だけど)ある人と話していて、
僕が「いや~、下北沢でライブはあまりやった事がないんだよね」と言うと、
「みやのさん、バンドやってて下北沢でライブをやらないなんて、モグリですよ」

え…そうなの?
ということは、ようやく僕もモグリじゃなくなるんだな。

2010年4月27日(火)
下北沢Yurax
開場18:30 開演19:00
料金\1500+1drink(\500~)
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-14-8 春日ビル2F
電話 03-(3422)-9460
http://yurax.net/
出演:玉梶かずや、冴木まゆ、優庵、宮野一彦

4月21日から、Amazon.co.jpにてCD「すばらしい日々」発売です。
5月19日からは、iTuneにて販売開始とのこと。

ライブ情報更新しました。(7/9のやつね)
http://the-jim.hp.infoseek.co.jp/

客席王が行く

2010-04-18 02:02:34 | weblog
4月17日

この日は雪やらみぞれやらが降っていたのだけど、徐々に天気が回復してきた。

おかげで、お昼過ぎに行った蒲田駅前のフェスは決行された。結構なことだ。

お目当ては司会のおねいさん(え~と、誰だっけ…)
やはりゲイノ-ジンなのか?な感じは少しだけ感じるモノの、ちと弱い。(スミマセン)

そんなこんなで、さとうGO登場。
彼の決意と覚悟が伝わってきたライブでした。
客席の反応も良かったような。

ただ、↑のおねいさんをフォロ-しておくけど、一言一言がはっきりと話せていた
のだ。共演司会者とのコンビのおかげもあるのだろうけど。
「何を話すか」は大切なことなのだけど、その前に「何を話しているのか」が
できていないと、"仕事"にならないからなのでしょうね。

夜は高円寺「彦六」へ。

なんだか友達の家(部屋)に遊びに行ったような感じの店内で、飲み会で盛り上がったので
演奏しちゃいます~な雰囲気の方々が演奏していた。
正直あまり期待していなかったのだけど、かなり楽しめた。いや、ホントに。

後ろ髪をひかれつつも…(ホントに引っ張られたら痛いけど)
近所の高円寺「楽や」へ。

コチラは久々の「時代屋」
なんでも近々、CD制作のための録音に入るんだそうな。
これで案外、「ろくおん!」ブ-ムなのか。(笑)
以前も感じたのだけど、今回もギタ-2本のアンサンブルがおもしろかったな。

その後は「原生林」というトリオ。
Bob Dylanなどの曲を素敵なハ-モニ-で聴かせてくれました。

あっ、その間に忘れ物を取りに行った、「レノンハウス」もありましたね。
予想以上に話し込んでしまったので、「彦六」に少々遅れてしまったのだけど。

しかし、この日は何人と会ったんだ…(笑)

春の冷たい雨

2010-04-17 09:50:32 | weblog
4月16日

ここのところ、なんだか季節が戻ってしまったみたいですなぁ。
体調を崩してしまっている方も多いとのこと。ご自愛くださいませ。

さて、この日は新宿レノンハウスというお店に行きました。

この日にCD「ギタ-ケ-スに入れたもの」を発売のBINさんのサポ-トで、
ギタ-を弾いたのですよ。

1.天使の贈り物
2.帰り道
3.Old Love(Eric Clapton)
4.立ちつくした二人

おまけ(用意してないワケではない?)でもう一曲をBINさんの弾き語りで。

そしてメインの佐藤龍一さんは、アコ-スティックギタ-の弾き語りで、1960年代
や1970年代のRockの匂いや香り(外道じゃないよ)をちりばめた印象でした。

サプライズ(?)で、僕も2曲ばかりご一緒させていただきましたよ。

雨の中集まっていただいた皆様、佐藤龍一さん、BINさん、そしてお店の本田さん
に感謝です。ありがとうございました。

春なのに

2010-04-16 00:05:04 | weblog
4月15日

なんだか雨も降っていて寒い日でした。

CDの流通を「相模の風」にお願いしたところ、こんな感じになりそうです。
http://www.sagaminokaze.com/main.htm
(ちなみに発売したのはKAZEレ-ベルである…ややこしい?)

4月21日にAmazonで発売。
5月15日より、TowerやHMVや新星堂などでカエル…じゃなくて買えるらしい。
(コチラは、注文を受けてからのようです。)

もう少し経つと、i-tuneだったり、着うたでの販売もあるんだとか。

ライブ会場での販売を基本に考えていたので、(もちろんそれは変わりませんが)
冗談抜きで「ひえ~!」な感じです。(笑)

今夜です。

2010年4月16日(金)
新宿レノンハウス
龍 COMES ALIVE

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-16 セントフォービルB106
Tel & Fax 03(3341)1334
http://lennonhouse.com/index.htm
BINさんのCDアレンジをしてくれた佐藤龍一さんのオ-プニングで
BINさんが出演するので、お供でギタ-を弾きます。たぶんストラト
ちなみにこの日にBINさんのCD発売予定なんだとか。

もちろん、宮野一彦のCD「すばらしい日々」の販売もあります。
B○Nさんに「するな」と言われてもします。(笑)

ライブ情報更新しました。(6/20のやつね)
http://the-jim.hp.infoseek.co.jp/

コラソン

2010-04-15 00:21:28 | weblog
4月14日

最近楽しみにしている漫画は、「コラソン」(塀内夏子・著)だ。
ヤンマガは正直言って、読む漫画のきわめて少ない雑誌のひとつなのだけど、
「カイジ」と「ユキポンのお仕事」は面白いと思う。
ただ、「カイジ」は、作者の都合でお休みすることがあるので、今回の「コラソン」
は、毎週掲載されているのが嬉しい。
(ムカシは休載ってなかったんですけどね…"作者急病"以外は)

やはり、「オフサイド」「Jドリ-ム」「中澤佑二物語」と、サッカ-漫画の作品
を書いているだけあって、今回はとても軽快に筆が進んでいる印象がある。

特に、現在の「どっか」の代表の問題点が浮き彫りにされているので、より読んでいて
おもしろい。
僕の印象では、主人公は本田圭祐選手っぽいんですけどね。(笑)
単行本化が楽しみな作品です。

とはいえ、その前にW杯があるので、"打ち切り"の危険性もあるかもね…
(実際、某漫画雑誌での杉山茂樹氏のコラムは謎の終了となった…)

やっぱり外国人(ヨ-ロッパを知っている)監督がいいよなぁ…って、思います。
野球だったら、日本国内で済むのだけど、(WBCはさておき)サッカ-は基本的に
日本国内だけのハナシではないですからねぇ…
日本国内"だけ"だったら、岡田サンでも良いのだけど。
どうも、広告代理店やら商売やらの都合で決められている感じが伝わってくるんです
よねぇ。
岡田サンは、むしろ、今年の始めのアジア杯イエメン戦の方が、彼らしい采配をしていた
ように思えます。
まぁ、それでも、ハットトリックの平山相太をスタメンで使ってないところに無能さが…

あっ、この日は夜から吉祥寺に「ルシ-ル」のライブを観に行きました。
アンサンブルもしっかり考えられていて、見せ所も熟知している方々のようなので、
楽しんで観ることができました。

最近の美味し

2010-04-14 12:37:56 | weblog
4月13日

噂の「桃ラ-」を買ってみた。
なんでも、辛そうに見えるけど、それほど辛くないんだそうな。
少し味見してみたけど、確かにそれほど辛くない。

なんでまた買おうと思ったのかというと、品薄のためお店で見かけないから、
ふと見つけたときに、こ、これは今買わなければ!という心理になったから
である。

実際に使い始めるのは、もう少し後だけど、ひとつだけ言えるのは、
「いつかは飽きる」ってコトなのよね。
もちろん、飽きた後でまた好むようになる。っつ~サイクルは当然あるワケだし、
ただそのとき問題になるのは、その商品がなくなっている場合があるコトだ。

よくあるのが、やらなくていい「リニュ-アル」とか、マイナ-チェンジですな。
これによって、「なんだかなぁ」となる。なってしまうのだ。

とはいえ、ラ-油である。
そんなに使うモンじゃないとは思うのだけど。

ちなみに最近のマイブ-ム(笑)は、穂先メンマとケチャップです。
穂先メンマとは、メンマの先の方の柔らかい部分をラ-油などの調味料で味付け
したモノなんだけど、某コンビニで手頃な量を販売しているので購入してみたら、
これがまぁ~ちょうどいい量なんですよ。
なので、最近のつまみは穂先メンマかな。ナッツは最近お休み中。

ケチャップは、安く売っていたので、たまには使ってみるかね…と、使ってみたら、
「美味し!」だったのです。
もしかすると、子供舌回帰現象(どんな造語だ)なのかもしれませんね。

ライブ情報更新しました。
http://the-jim.hp.infoseek.co.jp/
コメント (2)

実質的

2010-04-11 01:40:23 | weblog
4月10日

この日は、CD「すばらしい日々」の(実質的な)発売日でした。
お買いあげいただいた皆様に、心から感謝します。ありがとう。
楽しんでいただければ、幸いです。いや、ホントに。

まぁ、その舞台は、「そろいこ」っていうイベントだったんですよ。
今回は、ボサノヴァな前半と、フォ-クな後半…な感じでした。

その中でも、以前からお名前を拝見する機会があった、MOGAMIさんは、
さすがライブ慣れしてるっつ~か、ソツのない構成が際だっていましたね。
(もちろん、それぞれの出演者の良いところは感じた上ですので、誤解なきように)

集まっていただいた皆様、出演者の皆様、そしてお店の皆様に感謝します。
ありがとうございました。

そして、ごちそうさまでした。(主に二次会)