宮野一彦#9

音楽制作を生業とする、宮野一彦が考えていることや感じた事を書いていきます。
CD「すばらしい日々」発売中

少しは良い方向に行くのかな。

2008-04-28 01:08:40 | weblog
4月27日

一度撤廃になった、ガソリン税をまた復活させたいらしいですな。
環境問題を出すことによって、ゴマカそうとしているのがミエミエなんですよね。
前にも書いたけど、ガソリンが安くなることによって、喜ぶ人はたくさんいるけど、
困る人はほとんどいないのだ。いるとすれば、ガソリン税の恩恵を受けていた人たち
くらいのモンじゃないのかね。
後期ナントカという制度も、ずいぶんひどいハナシだよな。
さすがにガマン強い人たちも「ふざけんじゃねぇっ!」と感じたのだろう…
山口県で行われた衆議院の補欠選挙で、要するに野党連合の推薦した候補者が当選した
ようだ。少し前に行われた岩国市長選挙が、非常に残念な結果に終わっていただけに、
一抹の不安はあったのだけど、これだけヒドイ目に遭えば、当然の結果なんだろうな。

郵政選挙と言われた、2005年9月11日の衆議院選挙の前日、僕はライブだった。
(正確に言うとその日もライブだったのだけど)
ライブの後の飲みの席で、どれだけカイカクがすばらしいのかを、ある初対面の方が語って
くれた。今ならいくらでもそのマチガイについて言えるけど、当時の僕は、「なんかオカシイ」
と、感じる程度だったので、あまり反論もせずにその人の話を聞いていた記憶がある。
でも、そういう人はそんなにはいないでしょう?とか、考えていた僕は、翌日の選挙の結果を
知ったときに、ものすごい脱力感に襲われたことを今でも思い出すことが出来る。
これは、少し前の都知事選の時も同様だ。そのときは悲しくて仕方がなかった。

ま、要するにその時の"民意"の結果が、後期高齢者~だったり、教育基本法改正だったり、
障害者~だったり、国民投票法案だったり…が、"強行採決"でロクに議論も説明もなされずに、
文字通り"数の暴力"で決まったんですよね。あ~クヤシイ。

でもさすがに、「これはオカシイ」と感じる人が増えてきたんでしょうね。
カイカクは(一部の人たち以外は)誰も幸せにしないコトも、バレてきてますし。
まぁ、こういうコトもいつまで書けるかわかりませんけど…ネット規制が進む方向のようですし。


思ってたよりも

2008-04-27 03:27:18 | weblog
4月26日

世間では連休とか言われているらしいので、大丈夫かなぁ…と、心配していたのだけど、
なんとか、そこそこ集まってもらえたのでよかったよなぁ…と。

え、何のことだって?
あぁ、そうか、説明してないモンね。そう、この日はライブだったのだ。
なんだかね、最近は自分でも音楽をやる人ってな感じが希薄になってきてまして、(笑)
こういう風にライブ演奏をできると、なんだかうれしくなってしまうんですよ。
なんかそれって、不思議だよね~普段はオシゴトで音楽を作っているのにね。
ん?逆に、それだからこそ楽しいのか。苦あれば楽ありってか。
まずいなぁ…オシゴト関係者もここを見ているらしいからなぁ…(苦笑)

1.Funky Improv~都合のいい愛の歌
2.ガ-ルフレンド
3.さよならを言う前に
4.Good Night
5.君が僕を知ってる(RCサクセション)
6.ナレアイ
7.明日

この日はこんな感じのセットリストでした。
3か4は、いつもならインスト曲をやるんですけど、この日はうまく指が動かないので、
歌モノにしました…って、こんなコト書いていいのか?(笑)
とはいえ、全般的にすっごくゆるやかな気分で演奏できたのが不思議。
ライブって、楽しいのね。なぁんて感じた夜でした。(笑)

集まってくれた皆様、共演の皆様、そしてお店の皆様に、感謝です。ありがとう。

僕の小規模なライブ

2008-04-26 01:36:03 | weblog
4月25日

おぉ、気づけば4月も終盤ではないですか。連休とかいうやつも近いワケですな。
とはいえ、僕も連休にはちと関係があるような…ないような。
どこか行こうかなぁ…そういやBob Dylanの映画が公開されているらしいので、観に行こうっと。
そういや「靖国」はどうなったんだろう?ま、こちらも調べてみますか。

最近、「僕の小規模な生活」「僕の小規模な失敗」(福満しげゆき・著)を読んだ。
週刊連載をしている関係で気になっていたので、先に「~生活」の方を購入して、後から
「~失敗」を購入したのだった。
まぁ、なんていうか、サエナイ主人公(作者自身らしい)のサエナイ人生を描いたエッセイ
的な漫画みたいです。
でもケッコ-共感できる箇所があったりするので、僕としてはおもしろかったかな。

あぁ、そういえば、ようやく工事が終わったなぁ…足場のない景色ってステキ。(笑)
それにしても工事の内容を見た限りではいくらも入らないんだろ~なぁ…てな仕事ぶり
だったな。僕の知ったことではないけど。でもアレはなぁ…ちょっとなぁ…元工事関係者
としてはなぁ…アレじゃなぁ…う~ん…

そうそう、ライブやるんですよ。何って?もちろん音楽のですよ。
まぁ、コレを見る頃には終わっているかもしれませんけど…(苦笑)
ブログさぼっちゃったからなぁ…まぁ、自業自得なんですけど。

2008年4月26日(土) 
大森「風に吹かれて

出演:イチコロ、チャ-リ-坂本、河鹿(かじか)、宮野一彦 and more…

開場18:00 開演19:00
料金:\2000(with 1drink)
TEL&FAX:03-3763-6555
大田区大森北1-34-16第二みずほビル2F
http://kazefuka.music.coocan.jp/xoops/

もしかしたら、チャ-リ-坂本さんのユニットかもしれないです。
それから、河鹿さんとは4年ぶりくらいに会うかもしれないなぁ…久々だなぁ。
…憶えていてもらえているのだろうか?自信ないなぁ…(笑)
主催者からの情報が今回は一切なかったので、(こちらも聞かなかったのだけど)
情報はチャ-リ-坂本さんからのモノです。まぁ、それでもなんとかなるでしょうけど。

2008年5月17日(土)赤坂ジャズ喫茶「橋の下
http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/

開場17:00 開演17:30
料金:\2000(with 1drink)
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059

…この日は僕のワンマンライブです。ドラマ-松川氏とともにアコギありエレキありの
ライブになる予定です。もう日程も近くなってきましたね~
1部2部構成で2時間くらいでしょうか。「橋の下」恒例の打ち上げはあるのかなぁ?

あ、10日の「そろ行こ」にもちょっとだけ出ます。2曲だけやります。



手拍子

2008-04-21 01:40:12 | weblog
4月20日

先週の終わり(といっても2~3日前なのだけど)に、疲れがたまっていたのか風邪をひいて
しまったのだけど、ようやく回復してきました。いいですか、回復してきたんですよ。(笑)
心配していただけるのは、非常にありがたいことでもあるし、うれしいことでもある。
し・か・し…僕がこういうことを書くのは(風邪の場合ね)、問題がなくなった場合に書く
ことがほとんどなので、(今回もそうです)ご心配なきようお願いします。

そういえば、昨夜の加奈崎さんのライブが始まる前に、「お客様からの手拍子…特にリズムの
悪い手拍子は固くご遠慮いたします」というのには笑えましたね。
確かに、こういうコトを書いて良いのかどうかわからないのだけど、手拍子ってビミョ-なん
ですよねぇ…好意でやってくれているのが伝わるだけに、よけいにツライ。(苦笑)
少し前に、友人の結婚披露パ-ティ-で演奏したときも、手拍子があったワケですよ。
いや、ね、うれしいんですよ。いや、ホントに。あぁ~喜んでくれているんだろうなぁ…と。
でもね、その会場って、そこそこ広いのと、(100人以上いたのかな)それでも演奏者用の
モニタ-(要するに自分の音の確認用のスピ-カ-です)がないのとで…(笑)
まぁ、結局は手拍子と、自分にとっての「ここだ」というリズムアクセントの中間のあたり
(とはいえ、気持ち手拍子よりですが)を強引に選択して演奏しましたねぇ…

僕もほんの一時期(いや、正確に言うとライブ1回だけ)手拍子を観客に強要…っつ~かお願い
したことがあるんですけど、ジツは演奏しながら、手拍子を強要してしまった自分がすっごく
イヤになってしまいまして、それ以降は(それ以前もですが)手拍子を強要しないことにしま
した。たぶん今後もしません。もちろん自然発生的な場合は良いのですが。
あ、だからといって、「手拍子お願いしまぁ~す」という人を否定するワケではありませんよ。
くれぐれも誤解なきよう。よけいな敵も作りたくないし。(笑)

なんかねぇ…イヤなんですよ。僕自身が観ている時には手拍子は可能な限りしませんからね。
だって手が痛いし、メンドウじゃん。(笑)
まぁ、イベント形式のライブの場合はスタッフも兼ねている場合がほとんどなので、している
姿をご覧になった方も少なからずいるとは思いますけど…ね。

じゃあどうすればいいの?という質問もあるでしょう。お答えしましょう。
楽しんでもらえていれば何でもいいですよん。なのです。
喜んでもらえている表情だけで、充分うれしゅうございますので。
変に気を使わずに気楽に楽しんでもらいたいよなぁ…と思います。
もちろんそれをムズカシくさせているのは、コチラの未熟さからなんですけどね。

最後にまとめます。
風邪は治っています。ライブ中の手拍子は程々に。

気分を悪くした方にはゴメンナサイ。(先に謝っておきますね)

Train Kept A Rollin'

2008-04-20 02:02:44 | weblog
4月19日

たまにしか電車に乗らないのに、その度に電車が停まる。(苦笑)
前回乗ったのは…あ、12日は停まってないけど、10日は通常なら4~5分で到着する距離
であるにもかかわらず、なかなか進まずにいたので、一駅前で降りて歩いたくらいである。
たまたまなのか?それとも、僕が知らないだけでケッコ-この電車の遅れというのは
あるのかはわからないのだけど、最近多いかもしれない。

とはいえ、電車が時間通り走っていることがスゴいことでもあるのだけど、それがアタリマエ
になっているのかもしれないなぁ…クルマなら渋滞とかフツ-にあるものね。

と、いうことで、この日は電車に乗って大森まで。(加奈崎芳太郎ライブ)
昨年(だったよね)に行われた"古井戸を歌う"の続編らしい。
前回はストラトキャスタ-だったのだけど、今回は、チェットアトキンスモデルで終始
通してましたね。まぁ、弾き方がアコ-スティックだからその方がいいような気もする。
そうそう、エレキの弾き方ってあるんですよ。(ホントですってば)

個人的には古井戸の曲も良いのだけど、現在の加奈崎氏の楽曲をやってもらっても良いのではない
のだろうか?とも思える。
大御所の方にこんなことを言うのは失礼かもしれないけど、第一部などは特に気が抜けていた
…というより、あんましこの曲やりたくないのかなぁ?とも感じられたくらいだし。
なんだか以前観たBuddy Guyのライブを思い出したくらいだった。
もちろん、ところどころ"らしさ"が感じられたところも、Buddyのライブに近い気がした。
まぁ、集まっている人たちの大半が"懐かしの"を楽しみにしている人たちなので、無理も
ないのかもなぁ…と、生意気ながらも感じていたのだった。

ところが、休憩を挟んで第二部になると、一転、本来の加奈崎氏に戻ったような歌が…
二部構成のライブの場合、休憩を挟むと良くなるパタ-ンを多々観たことがあるのだけど、
この日もそんな感じでしたね。
一番印象に残ったのは、「いないヤツの悪口ばっかり言っているように思われるかもしれないけど、
実際に悪口も言われなくなったらオワリだ」という一言。
確かにその通りだ。それだけ気にかけている証拠だものね。

モンゴリアン・チョップ・スクワッド

2008-04-18 00:25:07 | weblog
4月17日

北京オリンピックって、ホントにやるのかねぇ?
日本では、スポンサ-の関係上、表だったコメントもないし、(あるわけない)アメリカ
の顔色ばかりうかがっている現政権では特に何も言えないようですし。
だいたい、中国に対しては強く言えないらしいですな。ふむ。
そういえばギョ-ザのハナシもうやむやになってますよね。イ-ジス艦もそうだけど。

個人的には、以前中国から来ていた人たちとオシゴトをしていたことがあるので、あまり
中国に対しては(韓国にもだけど)嫌悪感はない。あるわけがない。(笑)
僕が一緒に働いていたのは、中国のF省(わかる人にはわかるよな…)出身の人たちで、
なんでも日本に来るために仲介の人間に日本円で400万円くらい払うんだとか。
ちなみに日本人と結婚して日本国籍を取る場合は100万円らしいです。今はどうなのかな?
で、僕と一緒に働いていた人たちは、日本語が達者だったので、会話の点ではまったく支障
がなかったんですよね。だから、ケッコ-本音も話してもらえたのだ。

まぁ、言いたくないけど、日本人の中では、中国人(韓国や北朝鮮もだけど)というだけで、
無意味な嫌悪をしたり、見下したりする人たちがいる…みたいです。悲しいけど。
でもさぁ、アングロサクソンから見たら、モンゴロイドって、区別がつかないんだよ。(笑)
それに、モンゴロイドっつ~だけで、フツ-に差別や偏見もあるんだよ。
僕だって、エ-ゴで悪口を言われたことがあるし…ね。(実話)

で、まぁ、ハナシは戻るけど、その中国から来た人と、某ファミレスで食事をしたとき、
なかなか注文の品が来なかったコトがあるんですよ。でも、僕の注文したモノは来ている
んですよ。
でもそのとき彼が言ったことは、「…そういうこと、よくあるから」でした。
僕は言葉がなかったよ。なんて言えばいいのだ?

この世の中で差別があることは否定しない。否定しないけど、可能な限り自分は差別する
側にはいたくないと思う。ただそれだけだ。

ちなみにそのときの中国の人は、不法入国がバレて、本国に強制送還されました。
見せてくれたパスポ-トの名前と、通称が全然違っていたのは笑えた。あと顔写真も。
偽造パスポ-トって、コレなのね…と、感じた瞬間でした。(笑)

今はたぶん、中国でお金持ちとして生活しているんじゃないかなぁ…(日本との物価差で)
必ず遊びに行くから!とか言っておきながら…結局行っていないけど、いつか行きたいな。

…あ~また、こ~いうコトを書くと、ワケのわからないアクセスが増えるんだよな。(苦笑)
ライブの動員は…(自粛)

ハマスタに行くぞ

2008-04-17 04:33:45 | weblog
4月16日

ベイスタ-ズファンを名乗っているくせに、実は横浜スタジアムに行ったことがない。
さすがに今年は行こうかなぁ…とか、思っているのですよ。
そういえば球場で野球を観たのは、いつ以来なんだろう?ケッコ-前だぞ。
確かイチロ-(マリナ-ズ)が日本にいた頃だし、清原(バッファロ-ズ)もライオンズ
だったし、伊良部もマリ-ンズだった頃だから…え~と…10年くらい観てないのか。
そうだよなぁ、当時はファイタ-ズの試合を観るために東京ド-ムに行ったんだよな。
あ、別にファイタ-ズが好きだったワケではなくて、ファイタ-ズの試合はビア・シ-ト
といって、一塁側(ファタ-ズベンチがある方ね)の一定区間の席は、ビ-ル一杯と
サラミがついてくるお得な場所だったのだ。
実際に観てみると、パ・リ-グの試合の方が野球としてはおもしろかったな。
当時テレビで中継されていた(あ、今もされてるか)某チ-ムの試合は…だったからね。

いつ頃行こうかな。やはりデ-ゲ-ムかしらん。ナイタ-も悪くないし。
せっかくだから工藤公康投手が登板しそうな試合にしようかな。
案外、交流戦もいいかもしれない。田中将大投手(イ-グルス)や成瀬(マリ-ンズ)や
ダルビッシュ(ファイタ-ズ)や涌井(ライオンス)との試合なんていいかもな。
つ~ことは、5月~6月くらいに行くといいのかな。
ただねぇ、横浜スタジアムは雨が降ると中止になるからなぁ…
よし、交流戦の日程を調べて良さそうな試合を観に行くことにしよう。

実はスタジアムに行くのに、二の足を踏んでいたのは、料金がケッコ-するんですよね。
軽々しく観に行けない…(苦笑)まぁ、それは音楽のライブにも言えるのだけど。
日本のミュ-ジシャンでも\6000~だし、外国のミュ-ジシャンになると、デビュ-して
それほど経っていないクラスで\6000~で、有名どころになると\8000~\15000くらいかな。
以前はもう少し安かったような気がするのだけど、1990年代から一気に値上がりしたよね。

まぁ、音楽のライブはともかく、野球などのスポ-ツは、もう少しなんとかならないの
だろうか?
とはいえ、自分のところの儲けしか考えていない人たちが多いからキツいかもしれないけど。

そういえば、突如住んでいるところが工事を始めるらしい。
外壁のちょっとした手直しらしいので、今週末には終わるんじゃないか…と、足場を組みに
来た人に聞いたら教えてくれたのだけど、家にいる時間が長い僕としては、なんかなぁ…
窓越しに人がいる状態って…ねぇ。しかも大声で話すので気になるし。
つ~か、平日の昼間っていうのは建物の中にいるヤツはいない!という前提なんでしょうね。
まぁ、単純に想像してないんだろうけど。
とはいえ、僕も工事関係のオシゴトの時はそうだったからなぁ…強く言えない。(苦笑)

び~わん

2008-04-16 02:13:31 | weblog
4月15日

mixiで、B1のコミュニティがあって、驚きました。(笑)

あ、B1というのは、大森にあるライブバ-(でいいのかな?)でして、朝まで営業して
いるらしいし、誰かしか演奏をしているらしいです。
僕も以前、K谷さんに連れていってもらいました。それから行ってないけど。
そのときも記憶が途中からアヤシクなって、おぼろげに覚えているのは、朝方に、
線路際を歩いて駅に向かったことくらいでしょうか。(苦笑)

そういやそこでは、今考えると、「おぉっ!」てな人たちとセッションもしたなぁ…
あっ、もちろん、K谷さんは言うまでもないですよっ!(たまにはヨイショしないと)

とはいえK谷さんって、ギタ-上手いんだよね。わからない人はわからないだろ~けど。

そういえば、僕もライブをやるらしい。(笑)
だって、最近はオシゴトばかりで、自分でも忘れていたくらいなモンでして。(苦笑)

2008年4月26日(土) 
大森「風に吹かれて

出演:イチコロ、チャ-リ-坂本、河鹿、宮野一彦 and more…

開場18:00 開演19:00
料金:\2000(with 1drink)
TEL&FAX:03-3763-6555
大田区大森北1-34-16第二みずほビル2F
http://kazefuka.music.coocan.jp/xoops/

いつもながら、直前にハッキリとわかるので、たぶんこうだろう…てな感じです。
ちなみに河鹿(かじか)さんとは、3~4年前に共演しまして、それ以来です。
つ~か、河鹿さんが出演するのを知ったのも、チャ-リ-坂本さんからなんですけど。
大丈夫なのか?主催者。(笑)
怪我して落ち込んでいる場合じゃね~ぞ!
こんな時こそ「ガハハ」と笑うのだっ!
ライブではやらないでほしいけど…(笑)

大人の事情

2008-04-15 17:29:32 | weblog
4月15日

さんざん書いているので、「もうわかったよっ!」とか思われるんだろ~けど、
家で仕事をしているので、仕事があるということは、必然的に家に「こもる」ことに
なるのだ。要するに"ひきこもり"みたいなモンである。
とはいえ、僕は働いているので、正確には"ひきこもり"ではないけどね。

そういうことなので、外に出ると、季節が変わっていたりする。
どうやら桜の季節も終わりに近づいたようだ。葉桜になってるものね。
少し前は、あんなに咲き乱れていた桜も、今では…ま、そこがいいところでもあるのだけど。

相変わらずテレビをあまり観ていないので、世の中のコトに疎くなっている。
インタ-ネットでニュ-スを読んだりはするけど、ざぁぁぁっと読むというよりも、"見る"
という感じの方が近いと思う。
それでも最近では「靖国」という映画のコトでいろいろあるらしいね。
なんかさぁ、観ちゃいけない…とか、観せたくない…とかいう人たちがいるんでしょ?
そういわれると、よけいに観たくなるよね。むしろ観なければ!と、思うくらい。(笑)
マイケル・ム-アの「Sicko」もそんな感じだったような…
日本もこれで案外、情報規制があるからねぇ…こういうブログもいつまで書けることやら。

それにしても、いつ総選挙をやるんだろう?
去年の夏の段階では、もう、今すぐにでもっ!てなム-ドがあったけど、大連立騒動(byナベツネ)
とかあったおかげで、なんだかウヤムヤになっているような気がしますよね。

ガソリンが安くなると、(それでも2年前よりも高い)クルマを使用する人が増えて、
環境破壊につながる!などとのたまっていた人がいますけど、環境破壊を叫ぶなら、今現在
沖縄の辺野古や高江で行われている米軍基地建設のための動きはど~なのよ?
貴重な自然を破壊してまで作る必要があるのかな?
ヤンバルクイナやジュゴンやサンゴ(and more...)を犠牲にしてまで…ねぇ。
アメリカの人はそこまでして作ってほしいのかな?たぶん違うと思う。
基地がなくなると、基地で働いている人の仕事が…とかいうけど、他に仕事を斡旋すれば
いいだけのハナシじゃないのかな?
それから道路が造れないとかいうけど、別に本当に必要なら通常の予算から出せばい~んじゃない?

そりゃ、大人の事情もわからなくはないんだけどさぁ。

…って、こういうコトを書くとワケのわからないアクセスが増えるんだよなぁ。
ライブの動員はなかなか増えないのにね。(苦笑)

指は命

2008-04-14 02:13:25 | weblog
4月13日

ギタ-を弾いてケッコ-長いことになるのだけど、それでも手の怪我はそこそこある。

包丁で右手の親指を切ったのもあるなぁ…あ、それはファミレスでバイトしてたときに、
左手ではなく右手だった。右利きなのに。
確か何針か縫ったよなぁ…何針だっけ?忘れた。

アトは何だっけ?
電動やすりで皮膚の表面をこすったこともあったなぁ…表面だけで良かったよ。まったく。

あぁそうそう、腱鞘炎なんてぇのもあったねぇ。
とはいえ、僕の場合はたくさん弾いたことが原因ではなく、何か別のコトで左手首に
負担がかかってしまい、少々痛みがあったときに無理してギタ-を弾いてしまったのが
要因なので、一般的にいう練習の鬼!的なモノではございません。
ちなみに、病院でいただいた湿布で完治しました。腱鞘炎だったかどうかもアヤシイ。

一番最近だと…最近とはいっても6~7年前か。
内装の仕事をしていたときで、カッタ-で左手の小指を切りましたね。

たいしたことないじゃん…とか思ってバンドエイドを貼った状態でギタ-を弾いてみたら、
それなりに痛かったので、治るまで弾かなかったなぁ…確か。
というより、小指って、ケッコ-使用していたのね。という発見が…(笑)

そういや、去年か今年か忘れたけど、自宅で包丁を使用中に「あっ」という時があったっけ。
まぁ、そのときは特に怪我はなかったのだけど…焦った。
そのアトで包丁を研いだのは言うまでもない。(苦笑)
切れる包丁よりも、切れない包丁の方が怪我をしやすいそうなので、ご注意を。

しかし、これじゃあ病気自慢ならぬ、怪我自慢だなぁ…