宮野一彦#9

音楽制作を生業とする、宮野一彦が考えていることや感じた事を書いていきます。
CD「すばらしい日々」発売中

謎鍋

2017-11-18 18:32:49 | 飲食
11月18日

世の中には食べても食べても太らない鍋があるそうな。
これからの季節に必見!食べても食べても太らない鍋とは? --- 尾藤 克之
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171118-00010003-agora-soci&p=1

どうやら「図解食べても食べても太らない法」(三笠書房)の書籍の紹介記事のようだ。
確かにこれが本当なら、ダイエットをしたい人や肥満に悩む人にとって、
ものすごい味方になるだろう。実際、この本は15万部のヒットとなっているらしい。

まぁ、よく読んでみると、野菜を多く入れる鍋というだけの話であり、
野菜だからたくさん食べても良いということが記されているようである。
個人的には大丈夫なのか?と心配になってしまうレベルの話だ。
糖質制限の話はどうなったんだ?という気がするけど、まぁ、野菜に罪はない。

それからキムチ鍋を食べると汗をかくということが記されている。
唐辛子に含まれるカプサイシンの作用によるものなのだけど、
発汗作用は認めるとしても、脂肪燃焼効果は言いすぎじゃなかろうか。
そもそも脂肪燃焼は、体を動かすことで起こる訳なので、キムチ鍋食べただけではねぇ…

もちろん、汗をかくことそのものが悪いわけではない。
汗をかくこと=脂肪燃焼=ダイエットではないということが言いたいだけだ。
そのあたりを誤解させるのは「なんだかなあ」と思うだけなのだ。
いつも思うのだけど、「美味しいから食べる」というだけでは駄目なんだろうか?

ちなみに汗をかくことで言うとこちらの商品はオススメである。
「冷凍 日清具多 辣椒担々麺」
夏の暑い時期に食べると汗がダラダラ出て、凄いことになる。

できれば、もやしや玉ねぎ、ニラやなめこ、エリンギや椎茸など、
他に野菜やきのこ類をプラスした方が良いと思う。具材が少ないためだ。
ただし、本当に辛いので、辛いものが苦手な人はやめた方が良い。
否、おそらく食べられないのではないかと思う。
ではまた明日。

★今日のまとめ
・食べても食べても太らない鍋はありません
・野菜を入れた鍋は美味しい

OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#189」(歌とギターの生演奏)は、2017年11月25日12時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

音楽制作や演奏などのお仕事のお問い合わせはコチラから。
(メールフォームから連絡が取れるようになっています)
http://kazuhikomiyano.ikidane.com/
楽曲の試聴はコチラから。
ソーシャルミュージックサイト OKMusic
最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 怒機 | トップ | 半分 »

飲食」カテゴリの最新記事