宮野一彦#9

音楽制作を生業とする、宮野一彦が考えていることや感じた事を書いていきます。
CD「すばらしい日々」発売中

齟齬

2018-11-13 13:21:44 | 社会
11月13日

文章を「読まない」のではなく「読めない」人が多いようだ。
(言語の問題ではありません)
世の中は「簡単なこと」ができない人たちで溢れている
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181113-00000014-pseven-life&p=1

最初はタイトルにつられて読んでみたところ、内容があまりにも面白かったので、
最後まで読んでしまった。

この記事によると、「書いてある文章を読めばわかる」のは、
相手が「文章を読むことができる」ことが前提である。

ところが、文章そのものを「読むことができない」人が大勢いるため、
齟齬(そご)が生じてしまうとのことである。
確かにそれを踏まえると、腑に落ちる点が多い。

しかも、読むことができない人ほど、どういうわけか、
何らかのアピールをしたがる傾向があるようだ。
そのため、ニュース記事のコメント欄や、某通販サイトのレビューなどは、
「何だこれ?」という罵詈雑言が跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)することになる。

そういえば、時々ツイッターで多くのコメントを集めている発言を見ることがある。
最初の方は比較的、もとの発言に対するコメントが連なるのだけど、
途中から謎の自説を展開し、混沌とさせてしまう発言が目立つようになる。

おそらくその人の中では何らかのつながりがあるのだろうけど、
他者から見ると、ブラックボックスがあるのかな?としか感じられない。

そうこうしているうちに、揚げ足取りなども登場してくるため、
コメントの件数が増えれば増えるほど、読む価値は減少していく。
そしてその時点で私は読むのをやめる。時間の無駄だからだ。

インターネットは自己表現や発言のハードルを異様に下げてくれたけど、
おかげで、声が大きい(発言数が多い)輩ほど、強いと勘違いしやすくなった。
「いつでも正論が正しい」と思い込む輩も見かけるようになった。

結局、自分で防げるものは防いでいくしかないのだろう。
SNSなどを「見る自由」もある反面、「見ない自由」もあるということか。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#238」(歌とギターの生演奏)は、2018年11月17日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年12月8日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\5000(飲み放題&食事つき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 残留 | トップ | 千呑 »

社会」カテゴリの最新記事