宮野一彦#9

音楽制作を生業とする、宮野一彦が考えていることや感じた事を書いていきます。
CD「すばらしい日々」発売中

護漏

2018-12-07 02:38:26 | インターネット

12月7日

他のチームに行ったほうが出場機会が増えるので、歓迎する選手もいそうだ。
重信流出ある? 巨人プロテクトを本紙記者がガチ予想
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000031-tospoweb-base

記事では、丸佳浩選手と炭谷銀仁朗選手の人的補償として、
カープやライオンズに行くことになりそうな選手を予想している。
FA(フリーエージェント)選手のランキングによっては、
お金もしくは自チームの選手を前所属チームに引き渡すルールのためだ。

シアトル・マリナーズを退団した岩隈久志投手の入団も発表されたこともあり、
なんだか選手を取りまくっている印象だ。
ただ、良い選手を集めたからといって、足し算で結果が出るとは限らない。

こればかりはシーズンが始まってみないとわからないけど、
おそらく、あまり良い結果につながらないような気がする。
相乗効果が起こるというよりも、マイナス面の方が上回りそうな予感がするためだ。

同じポジションに複数の選手で争うこと自体は悪いことではないけれど、
年俸の高い順に起用されるのは自明の理である。
となると、レギュラーの可能性が見えてきた若手選手にとっては、
FA選手や外国人選手、実績のあるベテラン選手の加入は、かなり厳しい状況だ。

その競争に打ち勝ってこそ本物だ!というのが建前なんだろうけど、
例えばこの予想リストに記載されている重信慎之介や立岡宗一郎、
石川慎吾の3選手にとっては、丸佳浩選手の入団で、確実に出番が減少するだろう。
投手も、田原誠次や桜井俊貴や池田駿など、一軍経験のある選手が予想されている。

もちろん、あくまでも予想の範疇なので、必ずしもその通りになるわけではない。
とはいえ、大田泰示(ファイターズ)や一岡竜司(カープ)の例もあることから、
下手にとどまるよりも、他の球団の方が出場機会が増えるので、
むしろ歓迎する選手もいるのではないだろうか。

自分がもしも外野手や投手であれば、誘ってくれないかな?とか考えそうだし。
特に救援投手の環境はあまりよろしくない球団のようなので、
起用法が明確な球団に移ったほうが活躍できるかな?と。

そもそも代打や代走、守備固めの起用よりも、レギュラーで出場できる方が良いのでは?
投手だって先発の枠が確実にひとつ減るわけだし。
それにしても、大竹寛や森福允彦が予想とはいえ入っているのが悲しい。
どちらもFA選手として入団した選手なのに。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#241」(歌とギターの生演奏)は、2018年12月8日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年12月8日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:4,500円(男性)4,000円(女性)(飲み放題&食事つき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:https://solosoloikoka.web.fc2.com/
アコースティックギターでの演奏予定。(15分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 焼麺 | トップ | 無能 »

インターネット」カテゴリの最新記事