宮野一彦#9

音楽制作を生業とする、宮野一彦が考えていることや感じた事を書いていきます。
CD「すばらしい日々」発売中

刑罪

2018-05-19 17:20:49 | インターネット
5月19日

セクハラ罪ができたら、逮捕者が続出しそうな感じしかしない。いやマジで。
北原みのり「セクハラ罪、つくりますか?」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180517-00000011-sasahi-life


そもそも、セクハラは、民事訴訟の案件なので、強姦や傷害に発展しない限り、
刑事罰の対象にはならない。
ちなみに、強姦や傷害に関しては、親告罪の扱いである。

どちらにせよ、女性側(男性もありそうだけど)が、訴えない以上は、
どうにもならない。「泣き寝入り」が非常に多いと思われる。

記事によると、アルバイト先の男性社員が、本人(女性...10代から20代前半)のいる前で、
風俗体験の話を展開していたらしい。
とはいえ、1970年生まれの人なので、1988年~1992年あたりのことなのだろう。

その当時であれば、不思議ではないけれど、それにしてもデリカシーがなさすぎる。
それなりに収入があり、キャバクラ(当時あったっけ?)などに行けば、
お大臣のような扱いを受けていたのだろう。それはよかったね。(棒読み)

1990年代はともかく、2018年では、生活や学費のために風俗の仕事をしている人もいる。
1990年代であれば、単純に稼げるからというのもあるかもしれないけど、
親バレや周囲バレを考えると、決して割の良い仕事とは思えない。

軽口とはいえ、「俺だったら働くな」と言えるのはどういう神経なのかわからない。
こんな輩は、ホモ(今では差別になるのだろうか?)の男性の集団に襲われればいいのにと思う。
襲われなくても、ジョーク(?)でも迫られてみると、恐ろしさが手に取るようにわかるだろう。

「何を言ってるのかわからない」という男性は、花村萬月の「ブルース」や、
樋口毅宏の「雑司ヶ谷R.I.P」を読んでみることをおすすめする。
本当に怖くなるぞ。いやホントに。
これを読むと、「痴漢をされている女性が感じている」などと絶対に言えなくなる。
LGBTの団体には叱られるかもしれないけど。

しかも2018年時点の風俗嬢は、一部を除いて、ほとんど稼げないのだ。
それでもコンビニとかでバイトするよりマシ?という理由で、
シングルマザーとか、学生とかがやっているようなのだ。
中にはコンビニバイトの方が稼げるのでは?という風俗嬢もいるらしい。

このあたりは、2018年時点の不況というのも大きいと思う。
余剰資金がないから遊べないのである。
「なんちゃらミクス」がいかにインチキなものなのか、骨身にしみている人もいるだろう。

記しているうちに、セクハラ罪とかけ離れてしまったけど、
周囲に対して「やさしみ」...いや、優しい気持ちを向けられるようになれると、
そういうことも少なくなると思う。

そのためには、懐の余裕(=気持ちの余裕)が必須なのだけど、しばらくは難しいかもしれない。
ではまた明日。

追記
立川いったい音楽まつりで同じ時間を共有した皆様に感謝です。ありがとう。


「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#214」(歌とギターの生演奏)は、2018年5月20日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年6月9日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
エレクトリック・ギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村