宮野一彦#9

音楽制作を生業とする、宮野一彦が考えていることや感じた事を書いていきます。
CD「すばらしい日々」発売中

甲羅

2013-11-08 07:53:52 | 音楽
11月8日

ここのところ、夜型生活になってしまっていたので、
少々強引にでも朝型…いや、昼間の生活に直さないとね~
などと、思ってはいるのですが、さて…どうなることやら。

昨夜は、東京上野・御徒町にあるアコースティックダイニングFにて演奏。

1st Stage
1.Come Together(The Beatles)
2.Change The World(ex.Eric Clapton)
3.さよならを言う前に
4.たどりついたらいつも雨ふり(吉田拓郎)
5.明日

2nd Stage
1.プカプカ
2.Key To The Highway(ex.Eric Clapton,Keith Rechards)
3.Don't Let Me Down(The Beatles)
4.Good Night
5.ナレアイ

この日はご一緒したそらんさんの呼んだお客さんで埋まっていたので、
僕の出番の時には「誰だこいつ」みたいな感じがありましたねぇ…
曲が進むごとに聴いてくれているのかな~みたいな空気には変わってきましたけどね。
それでも1部は良かったんだけど、2部はお客さんが帰っちゃって…(笑)
予想はしていたんだけど、なかなか寂しいステージになりました。
まぁ、こういう日もあるってことで。

そらんさんは、ムーさんというギターやらパーカッションやら、
チャランゴという南米の楽器(弾き方はギターと同じ)を演奏する方と、
2人でのステージで、南米の民謡やムカシの歌謡曲やオリジナル曲をやっていました。
チャランゴは2本持ってきていて、
そのうち1本はアルマジロの甲羅を使って作られたものでした。
なんでも、アルマジロの肉を食べたあとに、残った甲羅をチャランゴにするそうですね。
ただし、現在ではワシントン条約に引っかかってしまうので、
輸入はできないため、条約が施行される前にゲットしたみたいですよ。
そういや、二胡(中国楽器)の中にもそういうのがあるって聞いたことがあったような。
まさかFでこういう演奏が見られるとはなぁ…と、いった感じでしたよ。

集まっていただいた皆様、共演のそらんさんとムーさん、そしてお店に感謝です。ありがとう。

ライブでよく演奏している「Go Ahead!」という曲です。
時間のあるときにでも聴いてみてください。
ソーシャルミュージックサイト OKMusic

2013年12月1日(日)
Cafeじみへん
http://cafejimihen.jimdo.com/
19:00開場 19:30開演
料金:投げ銭(チップ制)
(別途、飲食代がかかります)
東京都中野区東中野1-46-11 
HIKOTAビル 1F
Tel: 090-9242-6183
出演:CHATO、宮野一彦
RockなCHATOさんと2度めの共演です。
セッションもあります。たぶん。

2013年12月18日(水)
アコ-スティックダイニング F
http://adf.gonna.jp/info.html
19:00開場 19:30開演
飲食代のみ。
(☆別途、お通し代として\1000がかかります。)
TEL:03-3837-8677
台東区上野3-8-6朝日ビル11号館1F
出演:宮野一彦(共演アリ)
アコースティックギターの弾き語りです。(30分づつ2Stage) 
地図はコチラ→http://adf.gonna.jp/map.html

ライブ情報はコチラから。
http://kazuhikomiyano.ikidane.com/
楽曲の試聴はコチラから。
ソーシャルミュージックサイト OKMusic
最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

この記事をはてなブックマークに追加