宮野一彦#9

音楽制作を生業とする、宮野一彦が考えていることや感じた事を書いていきます。
CD「すばらしい日々」発売中

暗愚

2018-10-22 17:03:25 | インターネット
10月22日

あおりタイトルの記事は、中身がないことが大半なのでスルーが一番だ。
「ありえない」という言葉に釣られる人の暗愚
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181022-00243881-toyo-bus_all&p=1

記事では、ネットに出回る情報の取扱い方について解説している。
特に文章の読み方や、情報元の信憑性など、大切だけど無視されがちなことを、
わかりやすく記している。

個人的には、意図的に「こちらの方向へ」という指示または脚本のようなものがあり、
その方向に沿った意見を前面に出していく傾向があるのではないかと思う。

ちなみに「まとめサイト」は、アクセス数に応じた報酬が得られるため、
情報の質という点では疑問符がつくものも少なくない。
まずは「アクセス数ありき」なので、最初に見つかったとしても、
他の検索結果をしっかりと調べたほうが無難だ。
ウィキペディアと同様、あまりアテにしない方が賢明だろう。

ネットの情報は信憑性の高いものを選ぶのも結構大変だ。
検索結果の1位から20位までが「そんなオカルトありえません」というものも、
本当にあるのだ。

「炭酸水でダイエット」という話も、おやつや食事の代わりに炭酸水を飲むことで、
トータルの摂取量が減ることから、結果的に体重が落ちますよ。というのが前提となっている。

ところが実際には、炭酸水を飲む=ダイエットと、曲解した意見の方が、
検索結果の上位に並ぶことになる。
そこで、炭酸水を購入するというのならまだ平和なんだけど、
重大な健康被害を起こすことも考えられるのだ。

しかも炭酸水も、糖分や果汁の風味がついたものも販売されていたりするから、
いや、それただの清涼飲料水じゃないの?と。
結局そういうのも含めて自身で判断してもらうしかないのだけど、
「騙された!」とか騒いでいる人たちほど、そういう傾向があるように思える。

なんにせよ、「自己責任」という言葉をもう一度意識すべきだろう。
他人には「自己責任だろう?」とエラそうに言う輩は特に。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#237」(歌とギターの生演奏)は、2018年10月27日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

幕引

2018-10-21 11:42:28 | インターネット
10月21日

沢田研二は憲法第九条に関する「我が窮状」という曲を歌っているからね。
松本人志、ドタキャンの沢田研二に「これ芸能界あるある。
イベンターのプロ意識はどうなるんだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000026-sph-ent

沢田研二を巡る一連の騒ぎがようやく収束しそうである。
他にもこのような記事があった。

たけし ジュリーと興行主の関係性に言及「売れちゃうと昔のことを思い出す」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000181-spnannex-ent

松本人志と北野武という論客に好意的に語らせることで、幕引きを図ったのではないかと思われる。
沢田研二が否定的に報道されるのは、過去のメディアとのやり取りもあるだろうけど、
憲法第九条のことを歌った「我が窮状」が大きく関係していると思う。

そういった点で見ていくと、高須克弥や百田尚樹といった、
ネトウヨ界隈のヒーロー的な人たちの発言が目立つのは、
「ああ、やっぱりね」となるのだ。
なんでこの人たちが?と思う人は、各自ネットで調べてください。

もっとも百田尚樹の場合は、沢田研二がライブ中に原発反対の話ばかりしている!
といった事実無根の発言をしたために、沢田研二のファンからクレームが来たことから、
謝罪に追い込まれている。

百田尚樹がライブ中止の沢田研二批判で炎上 ファンの猛抗議に謝罪
http://news.livedoor.com/article/detail/15469980/

この問題に関しては、沢田研二とファンの間で折り合いがついていれば良いだけの話なのだ。
会場の当日キャンセルをしてしまうと、費用の全額が請求される。
チケットの販売の委託業者にも規定の料金が支払われる。
他にもライブの宣伝に関する費用も回収ができない。

沢田研二としても、その日のライブで得られるはずの報酬がなくなる。
バンドメンバーへのギャランティも、契約にもよるけど負担する可能性がある。
そういったリスクを理解した上でのキャンセルなのだから、
外部の輩がどうこう言うのはお門違いなのである。

むしろそんな決断をくだせた沢田研二をスゴイと思う。
誰にでもできることではない。
彼が元気でいるうちに観に行った方が良いのかなと思ってしまったほどだ。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#237」(歌とギターの生演奏)は、2018年10月27日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

牽制

2018-10-20 15:02:24 | インターネット
10月20日

転売ヤーに損害賠償請求したメーカーがあるそうな。
転売者に損害賠償請求
「ゆるキャン」コラボのキャンプグッズメーカーが転売対応策発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000016-it_nlab-sci





転売で儲けること自体は悪いことではない。
安く仕入れて高値で売り、その差額を収益とすることは、
どんな商売でも共通することだからだ。

ところが転売する商品が、転売禁止だったり、万引きで取得したものだったりすると、
誰も幸せにならない。作ったメーカーにはお金が入らないし、
万引きされたお店はそのおかげで倒産する危険性も高い。
せいぜい、小悪党…否、小物たちの懐がほんの少しだけ潤うだけだ。

実際に転売ヤーに損害賠償請求したとしても、金額面ではマイナスにしかならない。
基本的には話し合いの末、商品の転売をやめてもらえればそれで良いためだ。
ただし、その間の弁護士費用は日割りで発生するため、訴えた側が負担するしかない。
訴訟の件数にもよるけれど、100万単位の金額が、担当弁護士に渡るはずだ。

とはいえ、こうした試みをすることで、安易に転売ヤーになる輩を牽制する働きがある。
この記事を見て、転売ヤーになるのをやめる人もいるかもしれない。
もっとも、無知な輩が多そうなので、損害賠償請求が届いてオロオロしているのが大半だろう。

メルカリのような転売ヤーを助長するシステムがある以上、こうした措置を取ることは、
近視眼的には赤字、大赤字になる可能性があるけれど、
長い目で見ると、むしろプラスの印象を得ることにつながる。

もちろん、メルカリそのものが悪いわけではない。
もともとはフリーマーケットのネット版という試みだろうから。
不要なものを必要としている人に買ってもらう。というものだ。

記事の最後には、転売ヤーから謝罪の連絡が入っている記述がある。
お灸をすえるためにも、弁護士費用分くらいは請求したほうが良いと思う。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#237」(歌とギターの生演奏)は、2018年10月27日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

連鎖

2018-10-19 13:38:18 | インターネット
10月19日

もはや引っかかる人はいないと思うマルチ商法…な、わけないじゃん。
自称「意識高い」学生に誘われ、50万円のDVD購入する羽目に
…悪質マルチ商法の罠
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00008719-bengocom-life

記事では、同級生に誘われて会った人から50万円のDVDを購入したけれど、
これって訴えられるの?ということを説明している。
問題の解決のためには、国民生活センターに連絡するのが一番良いそうだ。

国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html

実際のところは、訴えたとしても、相手に支払能力がない可能性が高い。
そのため、弁護士費用を訴えた側が支払うのみという結果になるだろう。
仮に相手から賠償金がもらえたとしても、弁護士費用を差し引くと、
それほど残らないのではないだろうか。

ネットビジネスなどと名前を変えつつ、マルチ商法は相変わらず存在する。
以前も仕事の話かと思ってよくよく話を聞いてみると、
あ、これ、典型的なマルチ商法のパターンだ…と気付いたため、
丁重にお断りしたのは言うまでもない。

この手の話を断るときは、決して感情的になってはいけない。
あくまでも落ち着いて話すことが大切だ。
可能であれば、「一旦帰ってから返事をします」と、
その場を立ち去ることが最も効果的な方法だろう。

家に帰ってから、企業名や担当者名などをネット検索し、
変な評判があるかどうかを最低限調べてからでも返事は遅くない。
まぁ、大抵は悪い評判しかないことが大半なのだけど。

その手の人たちとは「かかわらない」のがベストだけど、
うっかり遭遇してしまった際には、マトモに相手をせずに、とにかく逃げよう。
そもそもコミュニケーションが取れる相手ではないのだ。
スマホで会話を録音!とか考えずに、全力でその場から立ち去ってほしい。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#236」(歌とギターの生演奏)は、2018年10月20日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

外野

2018-10-18 21:53:21 | インターネット
10月18日

沢田研二が公演中止にしたことについて批判があるそうな。
沢田研二公演直前中止に怒りの声「プロじゃない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00364972-nksports-ent

実際のところはわからないのだけど、本来集めてもらえるはずの客席が、
大幅に埋まらなかったことによる判断という説があるようだ。

個人的には、沢田研二のファンが直前の中止を受け入れているのであれば、
何の問題もないと思う。
おそらくその人たちは、次に沢田研二がライブを開催するとなれば、
チケットを予約してライブ会場に足を運ぶことだろう。
長年スターでいた人なのだから当然といえば当然だ。

一方、例によって例のごとく、"ネット民"とやらは、プロ意識に欠ける!
たとえお客がひとりでも演奏するのがプロだろう!などと、
正義の鉄槌を下すべく、正論のみで攻撃をしている。

正論は一見正しいかもしれないけど、
すべてに対して正しいわけではない。


沢田研二は、50年以上第一線で活躍している"スター"なのだ。
そういう大スターと、そこらのアーティストもどきなどと一緒にしてはいけないのだ。
むしろ、沢田研二に「あっぱれ!」と言いたいくらいだ。
私に言われても嫌だろうけど。せいぜい「誰?君?」の扱いだろう。
しかし、本当のスターはそれで良いのだ。

せいぜい「会いに行けるアイドル」くらいしか知らない「ネット民」からすれば、
沢田研二のしたことは許せない!ひどい!かもしれない。
でも、そうじゃないんだよ。わかってないよなぁ…
スターは、「やりたくない」となれば、やらなくて良い存在なのだ。
だからカッコいいのだ。おそらく理解されないと思うけど。

誰もができることじゃないことをやってのけるのがスターなんだよ。
ファンはそれを理解しているからファンで居続けるのだ。
事情も知らない外野が正論をいくら述べても、沢田研二の価値は変わらない。
むしろ、この公演中止が「伝説」になるくらいなのだ。

何度も言うけど、正論がいつも正しいとは限らないのだ。
そんな尺度に当てはまらないのが本当のスターなんだよ。
脊髄反射しかできない「ネット民」には一生理解できないことだろうけどね。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#236」(歌とギターの生演奏)は、2018年10月20日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

爆盛

2018-10-18 10:03:16 | インターネット
10月18日

個人的には行きたくないかな。
有名弁当店が店内映像を“ネット生配信”して万引き減った
…プライバシーの問題はないか弁護士に聞いた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00010012-fnnprimev-life&p=1

東京のJR総武線・東武亀戸線亀戸駅近くの弁当店が、
店内の様子を24時間動画配信していることで、万引きが5%減少したそうな。
私はこのお店のことは知らなかったのだけど、1キロおにぎりなど、
ネットの世界では知名度の高いお店ということらしい。

店内では、「YoutubeLiveにて生放送中!」という掲示がされている。
そのため、配信されるのが嫌な人は「来なくて良いですよ」とのことだ。
うむ、個人的には行きたくないかな。

記事では、肖像権などに該当するのか?ということや、
訴えてもあまりメリットはないということなどを紹介している。
ならばこちらから「行かない」という選択肢もアリということだ。

ただ、画像を見る限りでは、とにかくたくさん食べたい人にとっては、
ちょうど良い弁当店なのではないかと思われる。
後は「ネタ」として購入する感じだろうか。ユーチューバーに喜ばれそうだ。

とはいえ、"成功事例"としてメディアに紹介されているようなので、
今後はこうした生配信をするお店は増えていくような予感がする。

その際には、お店の外からはっきりとわかるように、「生放送中!」と、
表示してほしいものだ。それならば、間違って入ることもない。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#236」(歌とギターの生演奏)は、2018年10月20日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

退職

2018-10-17 17:44:58 | インターネット
10月17日

退職代行サービスというものがあるそうな。
退職代行サービス「EXIT」を運営して、どんなことが分かってきたのか (1/6)
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1810/10/news016.html

退職代行サービスとは、退職を希望する人(依頼者)に代わって、
勤務先の企業と退職のための仲介をしてくれるようだ。
あくまでも"仲介"であって"交渉"はしないとのこと。
料金は正社員が5万円(税込)で、アルバイトは4万円(税込)だ。

4万円~5万円という金額は、これから退職する人にとって、
決して安い金額ではないように思えるけど、
それ以上に退職したい気持ちの方が強いのだろう。

インタビューでは、退職を告げることが難しいことが語られている。
確かに日常的に罵声が飛び交うような職場では、その時点で疲弊しているはずだ。
その上で、「辞めさせてください」と伝えるのは、結構なエネルギーが必要だ。

結局、上司や同僚などの説得で、「辞めるのをやめる」ケースも少なくないとのこと。
よほど使えない輩ならともかく、大抵は「辞めたい」と言われたら止めるのが普通だから。

ひとつだけ言えることは、退職代行サービスが運営できているということは、
それだけ「辞めることを言いづらい」と感じている人が一定数存在することがわかる。

もしくは、すでに辞める意思を伝えたにもかかわらず、「聞いてもらえない」
「話が通じない」ということも考えられる。
なんにせよ、「今の時代」を反映しているサービスなのだろう。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#236」(歌とギターの生演奏)は、2018年10月20日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

失敗

2018-10-16 18:25:54 | インターネット
10月16日

「失敗は成功の母」ということわざがあるのだけど、知ろうともしないんだろうな。
「私の息子に失敗させないで!!」 親からのクレームを受けて考えたこと
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1810/15/news018.html#utm_term=share_pc


物事には失敗はつきものである。
そして、人生には失敗が当たり前のようにあるのだ。

野球で打率10割の選手がいないように、(短期間はともかく)
一度も失敗をせずに大人になる子供はいない。
大人になってからも、適度な失敗(ミスと言い換えた方が良いかな)は、
誰でも普通にするものなのだ。

色川武大の「うらおもて人生録」という本がある。
この本では、失敗を過度に恐れずに、むしろ、適度に負けておいたほうが良い。
ということを語っているのである。
大相撲では15回の取り組みがあるので、8勝7敗で充分である。ということだ。

そうなると、「私の息子に失敗させないで!!」というのは、
子供のことを考えているようで、実はまったく考えていないのだ。
むしろ、失敗をしてはいけない!という方向に育てていたりするのである。

とはいえ、物事を近視眼的で見ることと、
トータルで見ることを説明するのも大変そうなので、割とどうでもいい。
冷たい言い方かもしれないけど、ふさわしい人生を歩むだけなのだ。

ちなみに「うらおもて人生録」(色川武大・著)を、
「即効性のアドバイスが得られる」と思って読むのはあまりおすすめしない。
というより、どこにもそんな表現はない。本当にないのだ。

そもそも本を読む時に、「いい話!」「泣ける話!」と思って読んでいるのなら、
それは本の読み方、作り話、フィクションとの距離感を間違えていると思う。

残念ながら、フィクションの中には特に何も感じないものの方が多い。
だからこそ、良いものに出会えた時の喜びが大きいのである。
失敗の多さは、それだけチャレンジした勇者の証なのだ。

「このあたりでは負けておいても問題がない」というあたりで上手に負けておくのも、
人生を有意義に過ごすためのコツと言えるだろう。なんてね。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#236」(歌とギターの生演奏)は、2018年10月20日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

置勉

2018-10-15 09:58:32 | インターネット
10月15日

タブレットを教科書代わりにするのは良い考えだと思う。
ホリエモン×ひろゆきが小学生の「置き勉」問題に
「タブレットが本格的に使われるのはめちゃめちゃ時間かかる気がしてきた」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-01072810-playboyz-soci

記事によると、小学生が教科書を家に毎日持ち帰るのは負担がかかるため、
教科書を学校に置いていっても良いですよ。という文部科学省の通知があったそうな。
それを受けて、教科書の代わりにタブレットにすれば良いのでは?と提案している。

個人的には教科書の代わりにタブレットを支給するのは良いと思う。
教科書が重い→ではタブレットにしましょう。の方が筋が通っている。
そこで、タブレットの価格をチェックしてみた。

中には10万円台の商品もあるけど、iPadの春モデルであれば3万円台から買えそうだ。
探してみると1万円台のタブレットもある。
小学生に支給するのであれば、このあたりが無難だろう。

タブレットにすれば、学年ごとの内容をアプリにしてインストールすれば良いので、
小学生なら6年間使用することも可能だ。

もっとも故障や紛失、破損なども考えられるので、
現実的には1年ごとの支給になりそうだ。
とはいえ、教科書も購入しているわけだから、タブレットも購入という形になるのだろう。

記事では、教科書の出版社や印刷業者などが反対するのではないか?と危惧している。
他にも、タブレットの盗難→転売の可能性についても触れている。
確かにいろいろと問題はあるけれど、教科書のタブレット化というのは、
なんとか進めていくべき話だと思う。

記事の前編で語られているように、「ネットできちんとした資料を調べるスキル」や、
「いかに騙されず、必要な情報を取捨選択できること」は、
小学生のうちから身につけておいた方が、圧倒的に有利だからだ。

もちろん、各々がスマートフォンで行うことも可能ではあるけれど、
学校の授業でアドバイスした方が効率的だ。

ただし、考え方が偏らないようにする工夫が必須なのは言うまでもない。
なぜならば、悪用すると「洗脳」につながるためだ。
(すでに「道徳」の授業で実行されているようだけど)

2017年3月に発表された三菱総合研究所の資料によると、
小学校でタブレットが使われているには使われているけれど、
1クラスで10台程度がほとんどで、あくまでも「パソコンの授業」にて、
使用されているに過ぎないようだ。

2.2-3. 教育用コンピュータ(1)実態 1)既存調査分析
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/037/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2017/04/18/1384303_03.pdf

とはいえ、学校によっては、タブレットを授業で活用しているところもあり、
文部科学省としても2020年を目処にそうした取り組みを推進したいらしい。

文部科学省「教育の情報化加速化プラン(骨子)」
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/__icsFiles/afieldfile/2016/05/19/1370862_01.pdf

さて、どうなるのか…
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#236」(歌とギターの生演奏)は、2018年10月20日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村

道徳

2018-10-14 09:08:29 | インターネット
10月14日

犠牲の精神がないと社会でうまくいかないんだそうな。
監督の"打つな"を無視した野球少年の末路 上からの命令は「絶対」なのか
https://president.jp/articles/-/26355

小学生の頃の道徳の時間は、テレビを見たような記憶しかない。
たぶん教育テレビ(現在のEテレ)だったと思うけど、
この授業って何の意味があるんだろう?と。

正確には、そこまでハッキリとした感覚ではなかったけど、
算数とか国語の授業をやらなくていいのかな?という感じだ。
高校生の頃なら100%近い確率で寝ていたかもしれない。

あまりよく覚えていないということは、
記憶の中にとどめておくほどの出来事ではなかったのだろう。
要するに「そういえばやってたな」というレベルだ。

記事では、監督の送りバントのサインに従わなかったけど、
結果的に二塁打を打ち、チームを勝利に導いた選手の話が紹介されている。

チームの勝利に貢献したにもかかわらず、この選手は監督からチーム全員の前で、
「次の試合には出さない」と告げられてしまうのだ。
理由は、監督の決めた作戦に従わなかった点である。

どこかで似たような話を読んだことがあるけど、
その話は二塁打ではなくホームランだったので、
ひょっとしたらオマージュだったのかもしれない。

ホームランを打った選手は先輩選手から諭されただけで終わったけど、
二塁打の選手は、試合に出られなくなってしまうようだ。
しかも、次の試合というのは、全国大会である。

要するに、犠牲の精神がないと、チームとして試合に臨むのは難しい。
だから監督の「試合に出さない」という決断は正しい。
という結論に導くのが目的ではないか?と。

一見正しそうだけど、冷静に見ると、パワハラなんじゃね?とも思える。
個別にその選手に話すのならともかく、チーム全員の前で「試合に出さない」
と言われてしまうのだ。

もし私がそんな話を聞いてしまったら、他のチームに行くべきだ!と、
チームを移籍するためのアクションを起こしてしまうだろう。
現実的に移籍先があるかどうかはさておき。

実際に国際舞台で活躍できる選手は、試合状況や相手の動きを見て、
最良のプレイを瞬時に選択できる選手だ。
盲目的に監督の指示に従う選手ではない。

上記のバント→二塁打の話では、なぜヒッティングをしたのか?ということを、
選手が監督に対して、言語化して説明できる選手の方が大成しやすい。

たとえばこんな感じだ。

・試合終盤で相手投手のボールの勢いが落ち、コントロールが甘くなっていた
・相手の守備体型が前進守備なので、外野の頭を抜きやすい
・前の打者に四死球を与えているので、ストライクを取りに来るボールが来やすい
・自分はここまでで5割の打率を残している
・次の打者の打率は2割、この試合ではノーヒット
・バントよりもヒッティングの方が得点につながる確率が高い

ただし、理屈はいいんだよ!とか言われて理不尽な暴力に遭うリスクも非常に高い。
そこは、他のコーチなどの大人を混じえた場所で、録画&可視化可能な状態で、
個別に行うしかないのかもしれない。

なんにせよ、はじめから結論ありきで話す内容ではないということだ。
ではまた明日。

「OJIトキ~想い空の彼方へ」(有賀順平・著)
という小説のタイアップで、「絆」という曲を作りました。
http://www.sankeisha.com/ojitoki/

横浜市歌をアレンジしてみました。
「Yokohama」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/yokohama
アコースティックギターのインスト楽曲です。
猫のように散歩するイメージで作りました。
「Walkin'(Like a cat)」
https://soundcloud.com/kazu-miyano/walkin

---演奏情報---

宮野一彦のツイキャスをパソコンに通知!
次回「みやのん#236」(歌とギターの生演奏)は、2018年10月20日11時~の予定です。
(スマートフォンでも視聴できます)

2018年11月10日(土)
赤坂Jazz「橋の下」
「そろソロ行こか~!」
開場16:50 開演17:00
住所:東京都港区赤坂3-7-15 B1
TEL&FAX 03-3505-5059
料金:\1000(1drinkつき)
「橋の下」URL:http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/
「そろソロ行こか~!」URL:http://www.geocities.jp/soloiko/
アコースティックギターでの演奏予定。(20分くらい)
地図はコチラ→http://www.asahi-net.or.jp/~qq6t-ookb/map.htm

最後まで読んでいただき感謝です。ありがとう。
毎日の更新の励みになりますので、
よろしければ下の2つのバナーへのクリックをお願いいたします。
クリックしてもらうことで、ランキングの順位が上がります。
ロック・ポップスランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへにほんブログ村