心には誰しも構えがある、心理生活は人生のキーワード!

自分でいることはとても難しく!生活していくにつれご自身の感情生活は忘れてしまいます、それはあなたの才能を潰すことと同じ!

女性の為の心理学講座!「アンコンシャス・バイアスとセクハラ」

2018-12-27 13:39:41 | 意識のからの無罪
 
 昔の方がよく!何かにとり憑かれるともうしますが!セクハラ・パワハラも経験科学的には「心理学的」にはコンプレックスのとりつき現象なのです!ひとつのコンプレックス人格(無意識)があなたをコントロールし始めます!(意識の未発達からくる)狐憑きなどは代表的な昔の表現ですね!つまりその人でなくなるもうひとりの自分が動き始める!これから未来のこどもたちが有意義な意識的生活をできるかできないかは?ママにかかっていると言っても過言ではありません!つまり例えば多くの世の男性が気が付いていないで!また多くの妻が気が付いている!多くの男性は!家の自分の人格と社会(会社等)の人格変化に気が付かないことが!そもそもコンプレックスに支配されていることを意味してしまいます。妻を女性と認識する男性はほんの一部のひとだけ!いやほとんどの男性がコンプレックスに支配を受けていますので!女性としての妻の行動を認識できないということができます!女性も午後の心理段階に入ると困った現象が起きてきます!

社会というのはそもそもがスピルチュアルな集合体「群れの心理学」!戦争も大きな民族としての洗脳現象・精神的感染・ということもできてしまいます。ドイツでは不の財産であるアウシュビッツ(死のへのレール・ガス室)を民族の戒めとして未だに保存しています!そこで何が起きたのか?又忖度もルーツは猿の時代からの集合心理現象(無意識的な毛づくろい行動)の現れです!群れの心理に支配されていて個性化されていない未発達段階の動物的行動に支配されている人間が良く起こしてしまいます。アオリ運転の犯人は自我が発達していませんので!自分自身のコントロールができない動物的な反応状態ですね!もし動物界でしたら死を意味してしまいます!つまり相手を観察もせずにやたらに喧嘩を吹っ掛けるということは非常に危険ですね!猿!でもそのくらいの観察はします!

日本人は民主主義社会が突然きてしまいましたので非常に自我機能・感覚が遅れています。ただママさんの方々に理解していただきたいのが!お子様の教育にお子様のコンプレックス機能が深く関わっています。才能ある人間はこの自我コンプレックス機能と深い関係性があることはすでに証明されています!アメリカではすでに何年も前からシンボリック機能論が発達していて!幼児期の自我の強い(自我をコントロール)我慢強い幼児が将来その才能を圧倒的に伸ばすようです!つまりその才能の出し方を自ら知っているようなのです!日本は大学とその才能の発見が学歴的なので自らの意識生活を過信しすぎています!才能が人間のどこにあるのか理解できません!意識力が低い教授がい多いために普遍的な男女平等の意味さえ理解できません!当然男性と女性は心理学的にはまるきり違う生き物ですが!お互いがお互いを必要としている関係性は未来永劫に普遍的です!お粗末な医学界の男女差別がこの教授陣では当然といえるのかもしれんません。5Gの世界も中国が圧倒的に優位にたたされています!その責任は教育の遅れです!想像・創造がどのような心的メカニズムでなされるか未だに理解されないのはますます日本は世界から離されていきます。


東大生が強姦事件をおこしたり!東大を卒業した元の財務次官は60歳すぎてこのコンプレックスのエネルギーで意識を狂わされてしまいます!60歳でセクハラを起こすということは!意識能力が正常に発達していないということを意味しています!たぶんですが受験勉強に忙しくて思春期に心の女性的経験値があさいために!意外と医者とか官僚にこのアンバランスな人が多いのはやはり狭い世界を生きているということができると思います!人間はすぐにその世界に染まってしまうという特性があります!また女性性を認識できないままに成長してしまいます!ところが男性にとりこの女性的意識が成長しないと他の意識性も成長ができないことをも意味します!怖いですねコンプレックスは相当なエネルギーを持ち無意識にためこまれたままですので!この財務次官の女性的コンプレックスを刺激するような女性が現れるとつまりとり憑かれてしまいます。つまりこの女性はこの男性にとり不安定な意識(固定観念)からの解放者としての役割をもたされるためにとても魅惑的に感じてしまいます!夜の時間はすでにこのコンプレックスの支配を受け始めています!電通の女性へのパワハラも同じように意識力が低い男性のために!女性を会社の道具としかみなくなりはじめます!ほんとうに怖い現象ですね!ゴーン氏も同じように歳をとると!男性性が発達していませんので!会社のお金に手をつけるような心理状態に追い込まれてしまいます!つまり男性的な公的精神活動が未熟なままで歳だけとっていますので男性的目的(魂)が見えなくなります!その意識力は未熟なために自己の達成(自己実現)よりもお金(経済)が勝ってしまうわけですね!

つまり環境(経済・肉体)と精神(自己)のバランスがくずれてきたら妄想が現実化してきてしまいます。南青山の問題も精神の貧困化と受け取られるとしたら!南青山の価値が余計に下がるように思います!ニューヨークのソホーは不思議な町です!多様性ということが今後の世界経済にとっても起爆材になるように思います!日本人の大きさが世界を導いていくのかも知れません!またソーホーはなんどでも行ってみたいと思います、お金があれば住みたいとも思います。

つまり社会生活と自己のバランスをくずすことを大きな意味では!アンコンシャス・バイアス・といいますがこれは間違いで・本来ならばコンシャス・バイアス・意識の偏見というべき問題ですね!

 
取り付く」に受け身の助動詞「れる」の付いたもの
① 物の怪・魔物・霊・動物などにのり移られる。 
② 妄想・固定観念などが頭から離れず、それに操られる。憑かれる。 (セクハラ・パワハラ・アンコンシャス・バイアス)

さてだいたい集合心理「群れの心理」はご理解いただけたと思いますが!私達は一人では生きていけないのです!島でいくらお金があろうが!ロボットと家族だけで一生生活したとしたら!途中で移住した親は良いのですが!お子様はほとんど意識の成長はしなくなります!猿のようになります!それは教育も当然なのですが!特に男の子は家族以外の異性と同性との体験ができないためにスピリチュアルな社会的人間性がまるきり育たなくなります!危険な場合は精神疾患まで行くかもしれないのです!異性との体験(他人・群れ・集合性)をするから色々な精神活動が活発になります又友情も男性の女性的心的要因が活性化されて友情に育まれていきます!また安室奈美恵さんのように!女性同士の友情は男性以外の世界また女性間の孤独を癒します!それに応じて認識も大人になることができます!個人主義と集合性(個性化)が混同しているのが現在の日本です!怖いですね!政治の危険は即!国の危険として反映されます!ストーカー・セクハラ・パワハラの温床国家となる危険性を孕んでいます。心理療法士の資格はますます日本人にとり必要不可欠の傾向を見せ始めていますが!その前に小学生は優秀ですから、心理学教育を高学年をベースに自我の発達段階!どうして人間(人間性)になれるのかぐらいまでは授業にくわえるべきですね!集合性(群れの心理)とは怖いものであり!必要不可欠な心理的働きです。

 



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 女性の為の心理学講座!「魂... »
最近の画像もっと見る

意識のからの無罪」カテゴリの最新記事