滝と渓谷

渓流・森・滝・渓谷 美しい自然を感じて

【 牛首谷 】 富山県富山市

2019年11月02日 | 富山県の滝と渓谷

   

・牛首谷に懸る滑滝(R1.11.2)                                      ・牛首谷に懸る滑滝(R1.11.2)                                       ・牛首谷の滑(R1.11.2)

   

・牛首谷に懸る滑滝(R1.11.2)                          ・牛首谷の渓流(R1.11.2)                         ・牛首谷の渓流(R1.11.2)

   

・牛首谷に懸る滝(R1.11.2)                            ・牛首谷に懸る滝(R1.11.2)                     ・牛首谷に懸る滝(R1.11.2)

   

・牛首谷に懸る滝(R1.11.2)                           ・牛首谷に懸る滝落ち口(R1.11.2)                   ・牛首谷の滑(R1.11.2)

   

・牛首谷に懸る滝(R1.11.2)                       ・牛首谷に懸る滝(R1.11.2)                ・牛首谷に懸る滝(R1.11.2)

   

・牛首谷の紅葉(R1.11.2)                               ・牛首谷に懸る滝(R1.11.2)                       ・牛首谷に懸る滝(R1.11.2)

あわすのスキー場駐車場

〇 アクセス

国道8号から県道15号、県道6号を走りあわすのスキー場に向います。国道から40分位であわすのスキー場の広い駐車場に到着します。駐車場にトイレはありませんでした。当日は百間滑下流の牛首谷の沢歩きを楽しみました。沢を歩いて進むので沢靴等沢を歩く装備と足元に十分注意が必要です。また、天候によっては沢を歩く事が困難で危険になると思われるので天候にも注意が必要です。牛首谷へは、駐車場から瀬戸蔵山・龍神の滝トレッキングコースを5分位歩くと分岐のような所があり、右側に堰堤が見えるので堰堤の方に進むと堰堤の直ぐ上流から普通に歩いて沢に下りる事が出来ます。入渓地点から百間滑までゆっくり歩いて35分位で到着します。歩く時間は短いですが滑と滝が連続していて荒れた所も無く楽しく歩く事が出来ます。滝は全て川岸から無理なく巻いて進むことが出来ます。この時期の滑はぬめっていて滑り易いので十分注意が必要です。沢の状況は常に変わるので、登山経験の少ない方や沢歩きの経験の無い方は経験のある方と同行して下さい。(令和1年11月2日現在)

〇 詳しくは【 晩秋の牛首谷 沢歩き 】のページへ

コメント   この記事についてブログを書く
« 【 澗満滝 】 長野県下高... | トップ | 【 龍神の滝・百間滑 】 ... »

コメントを投稿