いえねこ修行

野良猫や人が苦手な猫たちは果たして『人間との生活』に慣れるのか?
人馴れ修行の様子を綴る猫お預かりボランティア日記。

緋桜とキノとフミヨ

2022年04月05日 | 預かり猫
北見の

やっくん、もっくんが先に旅立ち、

最後のふっくんも旅立った日曜。



その日のうちに現れた新しいメンバー3匹です。



まずは壮瞥から来た2匹。





どーん。





緋桜(ひざくら)ちゃん。


2週間前に

ニャン友室蘭支部の方で

出張獣医さんを招いてTNR大会した際、

農家の方が

お世話していた子を少し里親募集かけて欲しいと相談があり、

1歳未満の子を中心に保護・預かりできないか?と。


写真見た時に、

この子可愛いー!と預かったのが

緋桜です。

ノンキャリア。



1歳未満を中心に保護を…と言われていたのに

私がお手つきした緋桜は3歳くらいのママ猫でした笑






でもこの丸っこさが堪らん( ̄∀ ̄)





ママンですが、

昨年産んだ子は

みんなキツネに取られたそうです。


厳しいお外生活。


キツイ性格と聞いていましたが、

今のところは固まってます。







そして

同じ壮瞥から来たキノ。

預かりです。






同じ壮瞥ですが、

餌場は緋桜と違うらしい。


最初はこの現場は保護はしない予定でしたが、

預かりさんが増えた事で

急遽繰り上がり保護になりました。


なのでケアはあまりしてないらしく

早速ワクチンとウイルス検査。





血液採取の時に

うっかりネットから飛び出して

私の手の上を走って逃げた超ビビり。

(すぐ捕まえました)


ノンキャリアでした。






顔は可愛いけどねー。





漏らしそうなポーズでちょっと焦る(°▽°)

(漏らさなかった)






1匹だけハンスト中。

トイレはしてましたけど。


1歳未満だし

ビビりさえ薄まれば

直ぐ申し込み来そうな顔と柄ですね。




 
大丈夫。

もっと酷いもうちにはいっぱいいたけど、

みんなそこそこ慣れたもんね( ̄m ̄〃)




そして

ラストバッターは

伊達から来たフミヨちゃんです。








緋桜・キノと同じ日の

TNR大会で一緒に手術してもらいました。


慣れていないと聞いていましたが、

抱っこで捕獲器に入れたとの謎の逸話もあり、

何だそれは(笑)と思ったけど、


まぁなるほどの漬物石タイプです。

人に心閉し系。





触れるけど喜ばす動かず。

たまにシャーが出ます。


でもご飯には釣られる(´m`)






この子は私保護になります。

で、病院へ。





フミヨちゃんはエイズキャリア。


歯石が奥歯に結構ありますので、

口内処置を今後やる予定です。


歯の感じだと、若くはないかな?

6歳くらいで予想立ててます。





フミヨちゃん、

大柄でずっしり可愛いです。






3匹とも、

保護自体は2週間前で、

室蘭支部のボラさんが隔離と駆虫してくれました。

ありがとうございます!



なので

我が家では隔離無しです。




処置もほぼ終わっており

緋桜とキノはあと1回検便クリアと、

緋桜はその他血液検査予定。

来週にはケア面は準備完了しそうです。


フミヨはも検便あと1回もですが、

歯石取りしてからになりますので、

募集は早くても来月から。



ケア面はさて置き、

人馴れは…なので、

頑張るだけ頑張りましょー。




今回、

緋桜とキノの相談者さんから

猫のフード(ドライ)と私のフード(トマト)いただきました。

ありがとうございます!


あと

隔離期間中フミヨちゃんを預かってくれたボラさんより

某チェーン店の優待券の束いただきました。

ありがとうございますー!



あと…

写真の別フォルダに間違えて入れてた事に今日気づいた

支援物資写真。


結構前です。

載せてたかもですが

載せてなかったらごめんなさい(゚o゚;;




猫砂と





腎臓フードです。


いつもありがとうございます!



コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ふっくん、お届け | トップ | チチ、フリー…からの気になる... »

コメントを投稿

預かり猫」カテゴリの最新記事