いえねこ修行

野良猫や人が苦手な猫たちは果たして『人間との生活』に慣れるのか?
人馴れ修行の様子を綴る猫お預かりボランティア日記。

鉄也と譲二と収

2019年05月31日 | 保護猫

ではでは

 

 

予告通り

 

新にゃんです。

 

 

 

 

高齢者の多頭飼育からの保護になります。

 

 

先ずは

 

 

白黒ハチワレニャン、

 

鉄也。

 

オス。

4~5歳くらい。

 

 

飼い主さんから

テツと呼ばれていました。

テツからの鉄也。

 

 

 

 

次、

 

 

黒ニャン、

 

譲二。

 

オス。

4~5歳くらい。

 

サヤカと呼ばれていました。

メスっぽい名前で誤解を生むので

オスっぽい名前に変更。

 

 

 

そして

なんと3匹目。

 

 

キジトラにゃん。

 

収(しゅう)。

 

オス。

2歳くらい。

 

 

照明具合で

鯖トラかと思ってたけど

今日病院で見たら

キジトラちゃんでした( ̄▽ ̄)

 

この子は

チーちゃんと呼ばれていました。

同様の理由でオスっぽい名前に変更。

 

 

 

実は…

 

 

こちらの3匹、

 

結構人に慣れております。

 

 

鉄也と収は人馴れバッチリ。

収に至ってはお膝猫だそうです。

 

 

黒の譲二だけ

家庭内野良だったらしく

ほぼ触ったことなかったと聞いていますが

 

抱っこできました(笑)

 

病院でも

洗濯ネット無でも

採血できるレベル。

 

 

 

 

なんで我が家で

保護することになったかと言うと

 

 

もともと

 

遡ること

1年前、

 

高齢者からSOSということで

募集サイトに載っていたんですが

 

特にお問い合わせも無かったようで

 

その時わりと余裕あった私が

一番人馴れしていない子を

引き出しますねー

 

と協力したんです。

 

(そのあとまさかの保護ラッシュになってしまったわけですが笑)

 

 

 

それが

 

由紀乃と彦太 でした。

 

 

 

そうです。

 

その残った子たちです。

 

 

 

 

その後も

保健所協力で

募集は続けていましたが

 

私のブログでも何度か紹介してみましたが

 

残った4匹中

1匹だけ譲渡になった(多分)きりで

 

他の3匹は

申し込み無し。

 

 

 

そして

最近になりまして

 

飼い主さんが

体調面で

そろそろ限界!

 

と、

 

振興局の方で

複数のボラさんに

保護協力の依頼をしたようですが

 

誰も手を挙げず…

 

 

ちなみにこの子たち

小樽なんですけど

 

小樽保健所は

猫の収容ができないので

 

飼い主さんが倒れてしまうと

行き場がなくなってしまいます。

 

ので、

 

その前に何とか…!

 

だったんですけど

 

 

不思議なくらい

誰も手を上げず_(:3」∠)_

 

 

 

由紀乃と彦太の案件だったので

 

気にはなっており

 

どうしても誰も来ない場合は

我が家で…

(でもシャーじゃないし、できれば他の方に…)

とそっと言ってあったのですが

 

 

1匹くらい誰かが…と

期待していましたが

 

 

まさかの

 

3匹全部

我が家。

 

 

( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

結構イケメンだし

そんなに年じゃないのにね。

 

誰も手を挙げてくれず。

 

不思議。

 

 

 

保健所の職員さんも

気を使ってくれて

1匹くらい保健所の方で…

と言ってくれはしましたが

 

なんせ収容場所が無いし

小樽保健所のHP上でも載せれないので

(振興局名義で載せれるのかな?)

 

色々ややこしくて

譲渡がきっと

ものすごく遅くなるだろうし

 

それはそれで

私も気になっちゃうし

 

もう面倒だから

「うちにくればいいさ!」って

なっちゃいました。

 

(ダメ人間)

 

 

 

この3匹が急遽くる羽目になったので

預かり予約の子が

ちょっと後に押しちゃいますが…

(そこは申し訳ありません)

 

なんとか

3匹追加はキャパ範囲内…。

 

がんばります(^^;

 

 

 

 

で、

昨日入居し

 

今日病院へ行ってきました。

 

 

ワクチンと抗体検査

血液検査

検便

 

 

でしたー。

 

 

 

 

 

 

ハチワレ鉄也。

6.1キロ。

でかいです。

 

キジトラの収、

4.8キロ。

普通。

 

この2匹は

ノンキャリアでした。

 

血液検査も

 

鉄也↓

 

収↓

 

問題無し。

 

強いて言えば

鉄也の歯が

そこそこ抜けています。

牙見た感じそんなに年ではないですが。

小さい時

風邪でも悪化したことあったのかな。

 

 

 

問題は

 

 

譲二。

 

エイズキャリア

 

 

なのはいいんですが

 

(1匹くらいいると思ったし)

 

 

 

口内がボロボロです(;´Д`)

 

 

奥歯に歯石もりもり

歯肉炎も酷い…

出血もあるようで

 

 

貧血気味。

 

千代丸 を思い出す。

(まぁ千代丸ほどじゃないけども)

 

 

去勢手術はとっくに終わっているので

改めて口内手術が必要になります。

 

 

痩せ気味で

3.8キロ。

 

口元見た瞬間

口内怪しいなと感じましたが

 

思ったより悪かった。。。

 

 

ってなわけで

 

近々手術になります。

 

 

 

3匹とも去勢終わってるし

そんなにかからないかなと期待したけど

 

おーーーっと

お財布が大打撃( ̄▽ ̄)

 

 

まぁしょうがないけども。

手術で治る分

腎臓や肝臓悪いよりマシか。

 

 

ただ

譲渡費用1匹だけずば抜けるなぁ。

 

 

 

 

 

そんなこんなで

 

 

譲二はしばらく譲渡は不可ですが

 

 

 

鉄也と収は

 

 

隔離期間2週間設けますが

 

(家猫だけど、念のため)

 

さっさと募集だけ

かけていこうと思います

 

 

お見合いは

最短でも2週間後ですが。

 

 

 

 

イケメンですよ!

 

 

 

 

 

 

鉄也は

すぐ緊張しますが

(車に乗ると毎回過呼吸)

 

場所見知りは薄そうです。

わりと落ち着くのも早い。

 

人見知りはあると思うので

 

甘えてくるのに

少し時間が要るそうです。

 

と言っても

いつもの我が家のシャー達よりは

遥かに早いはず(笑)

 

ボス系だそうです。

 

おっとり落ち着いている。

気がする。

(なんせまだ1晩しか関わっていないもんで)

 

 

収にグルーミングしてあげていました。

 

優しい兄貴!

 

 

 

 

で、

 

収は

 

 

この中で一番の甘えん坊だそうです。

 

お膝に乗ります。

 

ただ

多分小心者っぽい。

 

 

移動直後の

ショボクレ顔( ̄▽ ̄)

 

 

あ、この表情

彦太にそっくり。

 

↑彦太(保護初日)

 

年も同じくらいだし兄弟かも?

 

 

 

可愛い。

 

 

 

 

一番捕まえるのが楽かと思いきや

飼い主さんがいざキャリーに入れようとしたときに

暴れて(入れられ慣れていないもの)

網戸突き破って外に逃げたそうです。

 

若いしパワーもあるしね…(^^;

 

ってことで

網戸を防御してくれる方で

お願いします。

 

 

一応

私がキャリーに入れたときは

大人しく抱っこで入ったし

 

病院では

全く暴れず

静かにしていましたよ。

 

日ごろから

キャリーに入れる練習しておけば

大丈夫かと。

 

 

 

こちら2匹

 

さっさと

里親募集します★

 

 

宜しくお願いします~!

 

 

 

気になる方は

 

メールフォーム

 

↑こちらからどうぞ!

 

 

 

歯が治るの待って

譲二を!

 

って方も

絶賛募集中♪

 

うちの歴代シャーに比べたら

全然マシ(笑)

 

多分。

 

 

 

 

譲二もシュッとしてて

イケメン~。

 

てか

シュッとし過ぎていますが

お口治したら

少しふっくらして

いい感じになると思います。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 小百合との距離間 | トップ | しんご&くにこ、別居 »

コメントを投稿

保護猫」カテゴリの最新記事