かやぶき倶楽部 WEBSITE

”みて きいて うたって 感じて” 暮らしに素敵な音楽を

  コンサートと歌声のサークル、お待ちしています。

第58回かやぶき倶楽部 岡本拓也ギターリサイタル 終了いたしました。

2019-07-25 00:13:08 | 日記
毎日雨がシトシト、梅雨ですものね。水は大切だから。

それでも嬉しいことに、開場の頃には、雨が止みホッとしました。

前日から、雨傘の札は用意、会場をお借りして、トラブルがあっては困るし。

それと一抱えタオルも用意して。お洋服が濡れていたら・・・困るでしょ。

美術館の絵にも、それと楽器にも。


何と言うことか、去年のように暑くはありませんでした。

でも、美術館が会場でほんとに良かった!素晴らしいことが沢山!


   第58回岡本拓也ギターリサイタル

   

   プログラム    ・J.K. メルツ 遥かなるあなたへ
              ・F. ソル 魔笛の主題による変奏曲 Op.9
              ・F. シューベルト セレナーデ
              ・J.S. バッハ プレリュード・フーガ・アレグロ BWV998
              ・J.S. バッハ 主よ人の望みの喜びよ BWV147より
              ・M. ペレイラ 3つのブラジルの小品
              ・A.C. ジョビン 映画「黒いオルフェ」より フェリシダーヂ


演奏はお話を交え進みます

         

前半がドイツなどヨーロッパの古い時代の音楽、そして後半はブラジルの現代作曲家の作品。

バッハの曲を端正に。ギターでこんなにも美しく奏でられる!

そして、岡本さんの師匠直伝かな?素敵な現代作曲家の作品、おしゃれでかっこ良く。

どんなにか沢山の研鑽を積んだのだろうという曲が響きます。

   

このコンサート後、お出でになった方からMailが届きました。

   「一昨日のコンサート、感動しました。
   ギターというと、(中略)よく言われる”ギターをつま弾く”みたいなものかと思っていました。
   私のギターへの概念が、吹っ飛びました。
   まるで、いくつもの楽器で演奏しているような、繊細でダイナミックで美しい音色に引き込まれました。
   またいつの日かこんな機会があればと思います。」

クラシックギターのコンサート、初めての経験だったのかな、ほんとに出会えて良かった!

私、お誘いするのが下手で、無理には言えなくて・・・、この方と同様のこと、他の方からも言われました。「ギターは小さい音でしょ。」って。

次回は、もう少し強引にお誘いしようっと。

   

アンコールは、勿論ギターの名曲2曲!皆様お分かりでしょ。


美術館での初めてのコンサート、無事終了しました。とても嬉しかったです。

岡本さんに、そして美術館の職員さん、美味しいお食事を用意して下さった「カフェ たね」のご夫妻、交通整理や片付けをして下さった会員さん、

その他大勢の方にも助けて戴き、心から感謝いたします。



コメント   この記事についてブログを書く
« 今後のかやぶき倶楽部コンサ... | トップ | チラシ出来ました。 第60回... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事