アニメちゃんぷるぅ

アニメ漫画等。日本が世界に誇るメディアについてを独断と偏見で徒然書く。主にアニメ視聴ブログ…に最近なってないですね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

瀬戸の花嫁 第5話

2007-05-13 15:37:06 | 瀬戸の花嫁
瀬戸の花嫁 第5話「狙われた学園」

燦ちゃん学校に登校。そこには永澄君もびっくりのことが。

朝。寝てる永澄を起こしに来る巻ちゃん。そこはやっぱり刀で消しにかかる巻ちゃん。
殺気を感じ取り刀をよける永澄すごいよ。

燦ちゃんと一緒に学校に登校する永澄さん心は浮き浮きです。
道すがら悪友サルとばったり会います。
美少女燦ちゃんを見るやいなや飛び掛りますが永澄のカウンターであえなく撃沈です。

学校に着き教室に座ってると何故か組長が。
前の担任が産休で変わりで担任になったという組長さん。
そこで転校生の紹介して燦ちゃんが教室に入ってきます。
生徒達は組長と燦ちゃんの苗字が一緒の事をいぶかしがります。
さらに豪三郎さん。燦ちゃんを教卓の隣に座らせます。
燦ちゃんは「冗談はやめて」と永澄の隣にいきます。
公私混同だ組長。

豪三郎さん永澄君をにらみ
「なんでそこにいるんじゃ」
「元からここは僕の席です始業式じゃないんですか」
と心の声で会話してます。
ちっと舌打ちして去っていきます。
教室内は重い空気に包まれてましたが、少し緩和します。

組長に投げ飛ばされたサルを手当てするために保健室に行くと、そこには何と燦ちゃんの母親がいました。
驚く永澄君。その姿は白衣に身を包み妙な色香が漂っています。
その気迫に飲まれたのか息を飲む永澄君。
そんないたいけな少年を大人の女性の色気で誘惑する蓮さん。
エロ澄はその甘美な世界に足を踏み込もとしますが。顔を振って部屋を飛び出します。
走りながらいけないことを考えるエロ澄。

まあ、分からないでもないけどそんなことしたら放送禁…

走ってたら見かけた顔を見つける永澄さん。それを確認し心ときめかせます。
政さんです。政さんまで学校の教師として配属されたようです。
さらにシャーク藤代さんまでいます。
瀬戸内組総出で来たようです。
そこに丁度燦ちゃん登場。何か文句言うと思ったら
「ウチはこんなに思われてたんやね」と涙ながらに言います。
燦さん…。

憩いの空間が一日として心休まらない場所に。永澄君に明日はあるのか。
そんな事考えながら夕日を見てる永澄君。そんなしょぼくれ気味な永澄君に政さんが優しく声をかけ明日から頑張ることにする永澄君。
「漢」を見せるのだと意気込みます。

次の日サルが永澄の家に来ます。そこで奇妙な戦いを始めます。

URYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァァァァァァァァーッ
と男前になる二人。
巻ちゃんの存在に気づいたサルが興味を持つのでまたもアクションフィギュアと誤魔化します。

と言う訳で永澄の「漢」の戦いが始まった。

一時限目は國語の漢字テスト。仁義以外当て字ばかりです。縄張りと書いてシマ。

二時限目は数學。エロ澄さんマサさんにウットリだけど、みかじめ料って。
そんなヤクザな授業を分かりやすいわと言う巡ちゃん。

三時限目は家庭科ッ。中嶋さんが。

四時限目は体育。サルが覗きをしようとします。それをとめようとする永澄君ですが。サルの背徳な誘いに乗ろうとしてしまいます。
エロ澄がそんな風に騒いでると藤代さんがそんなとこで何してると声をかけます。
あせるエロ澄。サルはいつの間にかいなくなってます。
藤代さんは驚異的身体能力でグラウンドから2階へジャンプできます。
そして鮫の本性を現し食おうとしてきます。
追い詰められる永澄君。逃げ場は女子が着替えてる部屋しかない!
飛び掛ってくる藤代さん悩むエロ澄。
コンマ1秒の攻防です。
そして彼は女子が着替えてる禁断の花園へと涙ながら飛び込んでいきます。
スローモーションでバックには演歌が流れてます。
急に入ってきたエロ澄に驚いた表情の女子。

そしてあえなく何であんな事をしたのか巡に問い詰められるエロ澄さん。
しかし、燦ちゃんのために口をつぐむエロ澄さん。
開放され昨日と同じように夕日にたそがれる永澄さん。

そこに燦ちゃんが来て「ごめんな、永澄さん。永澄さんの濡れ衣…うまく晴らせんかった。私…お嫁さん失格じゃね。」
驚いた顔をして「え、怒ってないの?」と言う永澄君。
「きっと訳があるんじゃろ?私は永澄さんを信じてる。自分の旦那も信じられんようなら、瀬戸内人魚の名折れじゃけん。」と澄んだ目で永澄を見る燦ちゃん。
その言葉に感動する永澄さん。

と言う訳で学校にも瀬戸内組の面々が全員登場し生きた終始心が落ち着くことが出来なくなってしまいました。
永澄に明日はあるのか。
流れるようなストーリー運びに笑いっぱなしでした。
随所に溢れる罠にはまりっぱなしでした。
そういえばサルの声ネギまのカモ君だ。ここでもエロ

にほんブログ村 アニメブログへ EDの映像の人物が徐々に増えてるのね。

今年の夏の歌はこれで決まり!

<iframe src="http://www.nicovideo.jp/thumb?v=sm201956" width="100%" height="198" scrolling="no" border="0" frameborder="0">

iframe対応ブラウザでご覧下さい。


コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 電撃文庫ムービーフェスタ | トップ | 電撃文庫ムービーフェスタ 続き »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

瀬戸の花嫁」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

瀬戸の花嫁 第五話 (アミューズエイド)
 日に日にマキちゃんの攻撃を回避する反応速度が上がるエロ澄さん。 永澄の母:「巻ちゃーん、永澄起こしてくれた?」 巻:「はーい♪お母様♪」  起こすと殺すを間違えるマキちゃんのニアミス(ヲイ  絵葉書のクミチョーのモノローグは常田○士夫さん...
瀬戸の花嫁【第5話】 (美しい夢想家-BeautifulDreamer-)
燦の転入初登校、お決まりの同じクラスへの転入となるのだが、ついでに燦親父が組長(担任)に就任してしまう。
瀬戸の花嫁 (あみの記録)
瀬戸の花嫁瀬戸の花嫁(せとのはなよめ)は、1972年4月10日に発表された小柳ルミ子が歌った歌謡曲である。作詞:山上路夫、作曲:平尾昌晃。瀬戸内海の小島へ嫁が嫁ぐ様・心情と、新生活への決意が歌われている。概要小柳ルミ子としては「わたしの城下...