KAWORUの山日記~今日も雲の上!

百名山や日本アルプスの旅の記録

中房温泉から燕岳~ライチョウは婚活中 [燕岳2,763m]

2020-05-21 19:06:36 | 北アルプス


山仲間と雪の燕岳に登ることにした。雪の状態がよければ大天井岳まで足を伸ばしたい。登山口の中房温泉は雪がないが、第三ベンチから上は雪道となる。アイゼンを装着。合戦小屋を過ぎると積雪50センチ。合戦尾根までの登山道は完全に新雪に埋もれている。燕山荘まで2時間、中房温泉からトータルで5時間かかった。 気温2度。

〈 雪をまとった槍と小槍 〉

翌朝、外はガス。午後には雪から雨に変わった。今日一日、小屋で停滞することにした。GWに大量遭難があったそうで今年は天気が安定していないようだ。ガスは濃くなる一方で展望がきかない。小屋にはテレビも新聞もないので、談話室の本棚から写真集や雑誌を取り出してのんびり時を過ごす。外界から隔絶された世界で一日何もしないのも結構いいものだ。 

〈 燕山荘で停滞 〉
 
3日目。外は相変わらずガス。気温1度。今年は例年になく残雪が多いうえ、昨夜からの降雪で天気は冬に逆戻り。一向にガスが晴れないので、大天井岳までの稜線歩きをあきらめて下山することにした。

〈 雷鳥のカップル 〉

合戦尾根で足元のハイマツの中を赤いものがチョロチョロしている。よく見ると雷鳥のカップルだ。夏や冬の雷鳥は珍しくないが、この時期の雷鳥の雄は色あざやかで美しい。思わずシャッターを押し続けたが、撮影中も逃げようともせずポーズをとってくれた。眼の上の赤い肉冠は繁殖期の雄にだけ現れる。羽毛の白い部分は6月中には完全に抜けて黒い羽毛に変わる。





〈 オスの赤い肉冠 〉
  
下山後、中房温泉入浴。穂高駅前のそば屋一休で昼食をとる。

【1992.5.29-31】


コメント   この記事についてブログを書く
« 白馬岳山行~秘湯から秘湯へ ... | トップ | 立山から五色ヶ原~25日目... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

北アルプス」カテゴリの最新記事