KAWAYU EMC スタッフのひとコマ(弟子屈町・川湯温泉・阿寒摩周国立公園・屈斜路湖・摩周湖など)

川湯エコミュージアムセンターの職員が写す日々の季節の移ろい、出来事をどうぞ Kawayu EMC staff diary

和琴半島のお花 Many flowers in Wakoto peninsula

2015-05-31 14:21:57 | 自然情報(Nature Information)

和琴半島では続々と新しいお花が

顔を出しています♪

 

小さいお花がたくさんついている、コンロンソウ。

コンロンソウにちょっと似ている、シャク。

クサノオウ。

 

ミヤマハンショウヅル。

何輪かのズダヤクシュは咲いていましたよ~♪

オオカメノキの花はもう終わりを迎えています。

 

オオヤマフスマ。

 

ヒトリシズカの葉が大胆に(笑)、開いていました。

ギンラン。

ツバメオモト。

フデリンドウは道端にひっそりと咲いています。

ミヤマハコベ。

日当たりのよい場所では、クルマバソウの花が開いています。

マイヅルソウの鶴さんも姿を現していますよ~。

ハルザキヤマガラシ。

(ピントがズレているのは許してください…泣)

 

…などなど(きっと他にもお花があるはず)、

一周回るのに2時間ほどかかりました。笑

みなさんも、ぜひぜひこの花盛りの和琴半島に

歩きに来てくださいね~!

 

Many flowers bloom in Wakoto nature trail.

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www6.marimo.or.jp/k_emc

コメント

にぎやかな森の中

2012-05-31 10:32:41 | 自然情報(Nature Information)

珍しく、朝から強い日差しが照りつける中、

屈斜路湖畔の仁伏半島を歩いてきました。

 

カタツムリもひなたぼっこ(?)をしていたり。

 

ヒトリシズカが、一人どころか大勢で咲いていたり。

 

チキチキチキッと、エゾリスは一匹でも賑やかだったり。

なんといっても圧倒的な存在感を放っていた(ように私には見えた)のが、

コウライテンナンショウ(高麗天南星)。

 

茎の先端に肉穂があり、

それを取り囲むように仏炎苞があります。

そう、ミズバショウと同じ。

サトイモ科特有ですね。

 

これを見るたびに、

ちびまるこちゃんのお友だち、はなわくん(の髪型)を思い出すのは、

私だけでしょうか…。

 

このコウライテンナンショウ。

アイヌ語では、ラウラウと呼ばれます。

“鱗”を意味するラムラムから転訛したのではないかと考えられています。

 

この画像からはわかりにくいのですが、

茎に鱗のような模様が見えるのです。

 

北海道でも場所によっては、

「マムシグサ」とか、

花が終わった後に赤い実をつけるさまから「蛇の松明(たいまつ)」と呼ばれたりもしているようです。

 

アイヌの人たちは、

この植物の球根を食用や薬用として用いていたそうです。

 

実はこの球根、

毒性物質を持っています。

口に入れる量を間違えると、

たいへんなことになったとか。

 

経験に基づく知恵って、

スゴいですね。

(KEI)

 

コメント

ヒトリシズカ見頃

2012-05-10 12:43:15 | 自然情報(Nature Information)

仁伏半島でヒトリシズカの開花を発見。

ここ数日寒い日が続いていますが、これからもっとお花の季節になってきます。

とても楽しみです^^

のびー

コメント