KAWAYU EMC スタッフのひとコマ(弟子屈町・川湯温泉・阿寒摩周国立公園・屈斜路湖・摩周湖など)

川湯エコミュージアムセンターの職員が写す日々の季節の移ろい、出来事をどうぞ Kawayu EMC staff diary

西別岳のお花 Flowers of Mt.Nishibetsu

2018-06-14 15:20:11 | 自然情報(Nature Information)

6月も中旬となり、

いよいよお花の時期がやってきましたね♪

ということで、花の楽園・西別岳へ登ってきました~!

 

あいにくの霧だったため、

頂上は真っ白だったので、

登山道で見られたお花の写真をお楽しみください(笑)。

 

ミヤマオダマキ

クロバナハンショウヅル

ハクサンチドリ

コケモモ

エゾイブキトラノオ

スズラン

イソツツジ…などなど。

他にもチシマフウロがピーク~終わりに向かっていたり、

エゾツツジが咲き始めていたりと変化を迎えていました。

お花好きな方はぜひどうぞ♪

 

We climbed Mt.Nishibetsu.

There are many flowers.

 

*** 

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

摩周岳登山! Mt.Mashu

2017-08-26 15:05:14 | 自然情報(Nature Information)

先日、摩周岳に登って来ました!

摩周外輪山の尾根を歩いて行き、往復約4時間30分ほどの登山道です。

そしてこの時期はなんといってもお花が多い!

咲いている数も、種類も多いです。

トウゲブキ

チシマフウロ

サラシナショウマ

オトギリソウ

ヨツバヒヨドリ

トリカブト

モイワシャジン

ヤナギタンポポ

ヤマハハコ

などなど。まだ他にもお花は咲いていました!

他のお花は、ぜひ実際に見に行ってみてください☆

色とりどりのお花と美しい摩周湖を同時に楽しめるなんて贅沢ですよね!

キレイな景色に癒やされながらの登山は疲れも忘れてしまいます。

We can watch beautiful scenery in there

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

藻琴山に登ってきました Mt.Mokoto

2017-07-06 12:47:05 | 自然情報(Nature Information)

最近、天気の良い日が続いているので、

ついつい外に出たくなってしまいますよね~(スタッフだけ?)。

ということで、昨日は藻琴山に登ってきましたよ~。

 

天気が良いから景色も最高!と思いきや、山の上はあいにくの霧…。

ですが、霧だからこそ…

ちょっといつもの藻琴山とは違う雰囲気を楽しめました♪

(残念ながら頂上からは屈斜路湖は見えず…涙)

 

ちなみに、今の藻琴山のお花の状況は…、

タニギキョウが見頃~終わり

ゴゼンタチバナ

マルバシモツケ

オオバスノキ

 

コケモモはほぼ終わりでした。

 

今いちばんの見頃を迎えているのは実はササの花かもしれません(笑)。

屏風岩周辺ではチシマフウロがたくさん♪

 

 この時期はお花がたくさんでついつい見惚れてしまいますが、

足元から、頭上からとくっついてくるダニにはご注意ください!

 

I climbed Mt.Mokoto.

There were many flowers.

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

西別岳を登ってきました! Mt.Nishibetsu

2017-06-09 16:00:09 | 自然情報(Nature Information)

先月末には摩周岳に行きましたが、

そのお隣の山、西別岳にも登ってきました♪

 

最初にやってくるがまん坂をぐ~っとガマンすると、

こんなにひろ~い景色が楽しめます!

ここからはお花パラダイスでしたよ~(笑)。

フデリンドウ

チシマザクラ(行った時が満開でした!)

チシマフウロ

ミヤマオダマキがピークを迎えていました。

ハクサンチドリ

まだかろうじて残っていました!ユキワリコザクラ!

 

咲き始めのエゾツツジ、コケモモのつぼみなどなど、

これからどんどん咲いてきますよ~。

 

そして気になる頂上からの景色は・・・

まだ鏡になっている摩周湖が!

消えかかってはいましたが、

飛行機雲も一緒に♪

 

約一時間半で登ることができる山ですが、

万全の対策をして

怪我なく楽しんでくださいね~!

 

I climbed Mt.Nishibetsu.

Many flowers bloom.

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

摩周岳に行ってきました Mt.Mashu

2017-06-01 13:45:20 | 自然情報(Nature Information)

昨日、摩周岳を登ってきましたよ~♪

といっても!遊びじゃないんですよ!

(いや、半分くらいは…ゴニョゴニョ)

ちゃんと目的があって登ってきました。

 

ですが、

こ~んなキレイな雲海に出会ってついつい第三展望台に寄り道(笑)。

 

雲海に後ろ髪ひかれながら第一展望台に到着し、ようやく登山開始。

摩周岳は…、

最高の景色です♪

危うく本来の目的を忘れそうになりそうですが…、

あ、そうそう、”目的”というのは

この風衝草原の看板たちを冬の間守ってくれたシートの撤去でした。

みんなで協力すると早いですね♪

すぐ記念撮影タイム(笑)。

こんなキレイな摩周湖が待っていてくれました~♪

この風衝草原を目的地にして歩いてくるのもオススメです。

ちなみに昨日はここで折り返しました。

 

ちなみに気になる登山道のお花は…、

チシマザクラがまだ咲いていたり、

チシマフウロ、

フデリンドウ、

平地では終わりつつあるカワユエンレイソウ、

摩周岳にもあったんだ!と嬉しくなりました、クルマバツクバネソウ、

これから開くであろうミヤマオダマキ。

他にも、

ウコンウツギ、エゾエンゴサク、ヒメイチゲ、ハクサンチドリ、

ミツバツチグリ、レンプクソウ、エンレイソウ、コヨウラクツツジなど、

多くの花が見られました♪

 

ぜひ、摩周岳登山を考えている方は、

虫対策、ヒグマ対策などをしっかりとして、

景色&お花たちを楽しんでくださ~い!

 

We climbed Mt.Mashu yesterday.

We saw beautiful landscapes and flowers.

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

西別岳に行ってきました~! Mt.Nishibetsu

2015-07-18 13:55:47 | 自然情報(Nature Information)

一昨日の話になってしまいますが、

西別岳に登ってきました~。

 

入山届に記入して、いざ出発!

そうすると、足元には…

イチゴの実が♪

 

西別岳の一番の難所、がまん坂では

我慢できずに(笑)、休みながらお花を撮影。

チシマフウロ。

咲きかけのナガボノシロワレモウ。

…などなど。

 

がまん坂が終わった後も、

やっぱりお花に目移りしてなかなか進まないのですが(笑)

ヒオウギアヤメ。

ハクサンチドリは終わりかけ。

チシマセンブリは今が見ごろかも。

ガンコウランの実が熟していました。

ウメバチソウはまだつぼみのモノが多いので、

まだ楽しめそうです。

 

そして出発から約1時間30分ほどで頂上へ到着!

上空には厚い雲がありましたが、摩周湖はくっきり~。

心地よい風に吹かれながら下山してきました。

 

このシーズンだけでなく、

この前後でも違うお花がたくさん咲いているので

いろんな時期に歩いてみるのもいいかもしれませんよ~!

 

I climbed a Mt.Nishibetsu.

In the trail,many flowers bloomed.

From the top of Mt.Nishibetsu,I saw lake Mashu and Mt.Mashu.

 

***

川湯エコミュージアムセンター http://www6.marimo.or.jp/k_emc/

コメント (2)

摩周岳登山道を整備してきました。Mt.Kamui-nupuri(Mt.Mashu)

2015-06-27 08:56:45 | 出来事(Happening)

2日前のことですが…(笑)

 

環境省の川湯自然保護官や森林管理署、

弟子屈町役場、

阿寒国立公園川湯地域運営協会、摩周・屈斜路パークボランティア、

一般財団法人自然公園財団川湯支部、川湯エコミュージアムセンターのスタッフなどなど

総勢22名が参加して、摩周岳登山道の整備が行われました。

毎年2回、初夏と初秋に行われている作業です。

 

森林組合員の方たちが一足早く登山道に入り、

機械で草を刈ってくれます。

刈られた草を、この22人が手分けして登山道の中央部にひたすらかき集めるという作業です。

 

摩周第1展望台登山道入り口から頂上までは約7.2キロありまして、

この間の約6キロ弱が該当箇所になるのですが、

手わけしてということは、まず6キロ地点まで歩く必要が生じるグループがあるわけです。

 

ここまでお読みいただいた流れでお気づきかと思いますが、

川湯エコミュージアムセンターのスタッフは率先して一番奥まで進むチームに名乗りを挙げました!

道中では、エゾライチョウが先導してくれたり、

数々のお花たちが迎えてくれて、疲れを癒してくれました♪

 結局、勢いで川湯自然保護官に同行し、頂上まで巡視。

(清々しいまでの真っ白い景色が広がっていました~)

帰り道は当初の目的を果たすべく、ひたすらかき集め作業に励み…

 

今シーズンも1人でも多くの方に、

事故なくケガなくヒグマとの遭遇なく、

楽しく利用してもらえればいいなあ…と願いながら。

 

今回見られた花は-

ヤマブキショウマ、ヒオウギアヤメ、エゾノクサイチゴ、ハクサンチドリ

チシマフウロ、ウコンウツギ、カラマツソウ、ゴゼンタチバナ、ツマトリソウ

マイヅルソウ、ギンラン、ウツボグサ、エゾツツジなどなど。

 

花も多いですが、虫も多いので(泣)

そちらの対策も怠りなく!

また、入山届は必ずご記入くださいね。

 

We maintained the mountain trail.

Let's enjoy Mt.Kamui-nupuri climing!

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www6.marimo.or.jp/k_emc/

 

コメント

摩周岳、登ってきました。

2014-08-27 14:53:09 | 自然情報(Nature Information)

天気が不安定で、なかなか摩周湖も見えたり見えなかったりを

繰り返しているここ数日ですが、

倒木や看板が破損していないかなどの

登山道の巡視で摩周岳に登ってきました。

 

私たちのほかにも登山者の方々が数名。

そしてなんと訓練だそうで、自衛隊の方々の姿も。

入山届に記入し、いざ出発。

 

最初は晴れ間も見えており、

足元の花をカメラに収めながら進んでいきました。

エゾトリカブト。

ホザキナナカマドもまだ咲いているものもありました。

ウツボグサはもう終わりごろ。

ミミコウモリ。

キツリフネ。

 

エゾリンドウ。

トウゲブキ。

 

ちょっと花がちぎれてしまっていますが・・・、チシマフウロ。

ミヤマハンノキの実がなっています。

ナガボノシロワレモコウ。

ウラジロタデ。

 

シオガマギク。

ひっそりとイワツツジも。

ナガバキタアザミ。

 

チシマセンブリ。

 

―などのたくさんの花があり、

撮りながら歩いているとなにやら登山客ではない数名の男性が。

現在摩周岳の登山道を工事している業者の方々で、

ちょうどヘリコプターによる石材の運搬をおこなっていたそう。

ちなみに、「1日でヘリを何往復くらいするんですか?」と尋ねたところ、

「んー、だいたい30~40回ですかね」とあっさり。

30~40回!? 3、4回じゃなくて!?

と驚きを隠せないスタッフでした。笑

 

そして・・・。 

良いと思っていた天気も途中から崩れ始め、

辺りが真っ白+雨+強風に。

おかげでアブなどの虫一匹も見当たらず・・・。

 

先に登頂し、下りてきた自衛隊の方々たちから

「もうすぐですよ、がんばって!」とエールをいただき、

(ほぼ同時に登り始めたのだが・・・)

無事登頂!

なんとも幻想的といいますか・・・。笑

ご覧のとおり、真っ白でした。

白い世界の向こうに広がる摩周湖を想像して

休憩をとり、下山しました。

 

登山道はそれほど倒木もなく、下草も刈られていたので

問題なく登れる道となっています。

寒さ対策、暑さ対策、虫対策、

そしてもちろんヒグマ対策をして登山を楽しんでくださいね! 

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www6.marimo.or.jp/k_emc

コメント (2)

花と暑さとアブ

2014-08-04 16:59:28 | 歩く!(Walking!)

「ちょうど花がいいカンジに咲いているよね」

「アツそうだけどね」

「アブも多いみたいだけどね」

「いずれにしても、行ってみないとわからないよね…」

-で、行ってきました。西別岳。

 

我慢して、がまん坂をのぼりきると次から次へと花が見えてきました~♪

ということで、紹介していきます。

↑ オオダイコンソウ

↑ エゾスズラン

↑ ウラジロタデ

↑ ウメバチソウ

↑ ウツボグサ

↑ トウゲブキ

↑ チシマフウロ

↑ チシマセンブリ

↑ コケモモ(赤)とガンコウランの実(黒紫)

↑ オトギリソウ

↑ ヨツバヒヨドリ

↑ ヤマハハコ

↑ ヤマハギ

↑ ヤナギタンポポ

 

 

 ↑ モイワシャジン

↑ チシマアザミとキアゲハ

 

 

  ↑ …トンボ(笑)

 

ちなみに、このように美しい花や昆虫などを見ている間にも、

アブさんたちは容赦なく、近づいてきます。

が、それに対応しながら突き進むと…

ちゃんと絶景が待っていてくれます♪

アブさんたちも待っていてくれます・涙

 

暑さ対策、虫よけ対策は怠りなく!

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www6.marimo.or.jp/k_emc/

 

 

コメント (2)

摩周岳登山道整備

2014-06-27 08:49:56 | 出来事(Happening)

昨日、摩周岳登山道の草刈り作業が行われました。

 

集まったのは、町や林野庁の職員さんなど20名ほど。

この作業は毎年、初夏と秋に実施されています。

摩周第1展望台を起点として、摩周岳頂上までは片道約7.2km。

草刈りは、起点から約6kmのところにある西別岳への分岐点あたりまで。

 

まずは、森林組合の方々が、

おもた~い刈り払い機を操り、スピーディーかつ丁寧にササやフキなどを刈っていきます。

 

それでも、草に交じって咲いている花は刈ることなく、

ちゃんと残していくのですから、そのプロ技には驚くばかりです!

で、その後ろから、20人ほどが手わけして、

熊手を使ってひたすら草をかき集めていくのです。

 

途中、こんな風景に心癒されながら、

ひたすら熊手を動かし続けるわけです…。

 

約5時間近くかけて、

歩きやすい登山道になりました~!

 

ちなみに、昨日、見られた花は、

チシマフウロ

ヒオウギアヤメ

カラマツソウ

マルバシモツケ

ゴゼンタチバナ

ウツボグサ

エゾツツジ

などなど…。

  

一人でも多くの方たちに、

摩周岳てっぺんからの眺めを堪能していただきたいと思います。

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www6.marimo.or.jp/k_emc/

 

 

コメント