KAWAYU EMC スタッフのひとコマ(弟子屈町・川湯温泉・阿寒摩周国立公園・屈斜路湖・摩周湖など)

川湯エコミュージアムセンターの職員が写す日々の季節の移ろい、出来事をどうぞ Kawayu EMC staff diary

総合学習デー! Study day

2018-05-29 14:49:03 | 自然情報(Nature Information)

今日は前回つつじヶ原で調べ学習をした

川湯中学校1年生の総合学習のまとめ授業が行われました~!

小学生の頃より少しレベルアップした調べ学習をした感想や

調べた結果などをポスターにまとめていきます。

今回は川湯温泉の固有種であるカワユエンレイソウについても

勉強しましたね。

来年のガイド体験に活かしてください☆

そしてさらに今日は

弟子屈小学校5年生のみんながセンターの方に来てくれました!

松浦武四郎について勉強していくようです。

スタッフへの質問タイムもあったので

ばっちり勉強出来たことと思います!

また来てくださいね♪

 

今日は地元の子どもたちとたくさん交流のあった

総合学習デーでした!

*** 

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

 

 

 

コメント

調べ学習!Kawayu junior high school

2018-05-21 13:32:14 | 自然情報(Nature Information)

今日は先日事前学習があった

川湯中学校1年生の調べ学習が行われました~!

今回はつつじヶ原自然探勝路を中心とした調べ学習です。

天気も良く、気温は高すぎずの絶好の総合学習日よりでしたね♪

事前学習でも言ったとおり、

中学生は少しレベルアップした内容になっています。

センター周辺の森から

つつじヶ原自然探勝路を歩いて硫黄山まで進み

各場所で地温、土のpH、木の高さを計測します。

違いがあるのか、事前学習で立てた仮説のとおりなのか

などなど調べて行きました。

そして今年は川湯温泉の固有種

カワユエンレイソウについても勉強して

実際に観察することもできました。

次回はまとめ学習です。

今日の結果をもとにまとめて最後はポスターにしますよ~!

*** 

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

 

コメント

カワユエンレイソウ分布調査  Trillium

2018-05-19 16:57:14 | 自然情報(Nature Information)

今日は摩周・屈斜路パークボランティアの皆さんと

カワユエンレイソウの分布調査を行いました♪

早めに咲き始めていたエンレイソウたちですが、

ちゃんと調査まで待っていてくれました(笑)。

 

「1年に一回だからな~」というものの、

3年目ともなれば、

「これはカワユ!」「これはオオバナだね~」と

すっかり慣れた様子。

 

これから本格的にグリーンシーズンとなり、

パークボランティアの皆さんにもまたたくさんのご協力をいただきますが、

どうぞよろしくお願いいたします~!

 

*** 

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

日の当たるところでは! Trillium channellii

2018-05-07 15:27:09 | 自然情報(Nature Information)

エゾエンゴサクやミズバショウ、キタコブシと

次々と花が咲き始め、やっと暖かくなったんだな~

と思っていたら今日の川湯温泉はなんだか肌寒いくらいです。

サクラもまだ咲かないね~なんて会話を最近は耳にしますが

川湯温泉ではついに

道路際や森の中の日当たりの良い場所では

川湯温泉の固有種である

カワユエンレイソウが咲き始めていました~!

やはり春は確実に訪れていました!

こちらはまだつぼみと、今年は花が咲かない様子の個体ですね。

もう少しすれば花の数も増え、

満開になってくると思います!!

楽しみですね♪

足元に注目しながら散策してみてくださいね~!

*** 

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

 

コメント

展示更新しました change an exhibit

2018-04-28 16:29:16 | 館内の様子(about Eco-Museum)

今日からゴールデンウィーク突入ですね!

長い方だと9連休という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

(ちなみに、GW中の休館日ですが、

5/2(水)は通常通り休館日となります。ご了承ください。)

 

ということで、気分を新たに展示を更新しました。

オオハクチョウさんはそろそろシベリアへと帰ってしまうので…、

カワユエンレイソウに♪

お花の時期は5月中旬ごろですが、

それまでにカワユエンレイソウの見分け方をEMCでマスターしましょう~!

アクリル封入された本物のエンレイソウもありますよ♪

 

*** 

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

カワユエンレイソウ移植作業 Trillium channellii

2017-09-26 16:07:18 | 出来事(Happening)

今日は北海道開発局が主体となって行っている、

美留和地区の農地改良によるカワユエンレイソウの移植作業に

川湯EMCのスタッフも微力ながらお手伝いしてきました!

 

もちろんもう花の時期は終わってしまっているので、

予めつけられていた印を頼りに

根を傷つけないように掘り取り…、

 

指定された場所へと移植します。

約40本のカワユエンレイソウの移植も、

15人程度で行うと、1時間もしないうちに終了!

あとは来年、キレイに咲いてくれることを祈るばかりです♪

 

数年続けて行ってきた美留和地区での移植作業も

今回で無事終了ということでしたが、

これからも固有種であるカワユエンレイソウが生息しやすい環境を

この地に住む私たちが作っていかなければなりませんね。

 

We transplanted Trillium channelliis.

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

摩周岳に行ってきました Mt.Mashu

2017-06-01 13:45:20 | 自然情報(Nature Information)

昨日、摩周岳を登ってきましたよ~♪

といっても!遊びじゃないんですよ!

(いや、半分くらいは…ゴニョゴニョ)

ちゃんと目的があって登ってきました。

 

ですが、

こ~んなキレイな雲海に出会ってついつい第三展望台に寄り道(笑)。

 

雲海に後ろ髪ひかれながら第一展望台に到着し、ようやく登山開始。

摩周岳は…、

最高の景色です♪

危うく本来の目的を忘れそうになりそうですが…、

あ、そうそう、”目的”というのは

この風衝草原の看板たちを冬の間守ってくれたシートの撤去でした。

みんなで協力すると早いですね♪

すぐ記念撮影タイム(笑)。

こんなキレイな摩周湖が待っていてくれました~♪

この風衝草原を目的地にして歩いてくるのもオススメです。

ちなみに昨日はここで折り返しました。

 

ちなみに気になる登山道のお花は…、

チシマザクラがまだ咲いていたり、

チシマフウロ、

フデリンドウ、

平地では終わりつつあるカワユエンレイソウ、

摩周岳にもあったんだ!と嬉しくなりました、クルマバツクバネソウ、

これから開くであろうミヤマオダマキ。

他にも、

ウコンウツギ、エゾエンゴサク、ヒメイチゲ、ハクサンチドリ、

ミツバツチグリ、レンプクソウ、エンレイソウ、コヨウラクツツジなど、

多くの花が見られました♪

 

ぜひ、摩周岳登山を考えている方は、

虫対策、ヒグマ対策などをしっかりとして、

景色&お花たちを楽しんでくださ~い!

 

We climbed Mt.Mashu yesterday.

We saw beautiful landscapes and flowers.

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

研修会が行われました! Workshop

2017-05-20 14:21:18 | 自然情報(Nature Information)

今日は去年に引き続き2回目となる

カワユエンレイソウの分布調査が行われました!

オオバナノエンレイソウ、ミヤマエンレイソウ、カワユエンレイソウが

それぞれどのくらいあるか数えました。

まだ開ききっていないエンレイソウもありましたが、

今の時期がやっぱり見頃です!

それぞれのエンレイソウの違いを見つけながら

見てみると面白いと思います!

Find the difference!

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

 

コメント

川湯の花といえば! Trillium

2017-05-11 14:44:36 | 自然情報(Nature Information)

木々のお花ばかり最近見ていましたが、

足元も忘れてはいませんよ~♪

 

森の中では、

ひっそりと、エンレイソウが咲き始めました。

 

ひっそり、といいつつも、

こんな大きなバスが通る道路の横に

実は咲いているんですよ~。

つぼみが開きつつあるエンレイソウの中にも、

まだつぼみをつけるまでに至らない若い葉もあります。

なんと、花を咲かせるまでには10年近くかかるため、

意外と葉だけでも長生きだったりします。

 

「エンレイソウ」とひとくくりにご紹介していましたが、

川湯地域には「オオバナノエンレイソウ」、「ミヤマエンレイソウ」、

そして固有種である「カワユエンレイソウ」が自生しています。

なかなか違いがわからない…という方も、

センターでは、展示にて見分け方を紹介しています。

 

ぜひ、満開になる前に見分け方を覚えてみましょう♪

きっと、わかったら楽しい…はず、です!笑

 

Trilliums are starting to bloom.

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

自然ふれあい行事が行われました

2016-05-22 15:22:42 | イベント(Event)

弟子屈町の郷土史・自然史研究会を立ち上げた細川音治さん(札幌在住)を講師に迎え、

郷土の豊かな自然や歴史を本来の活性資源として考えることをテーマにした

自然ふれあい行事を開催しました。

午前中は、

阿寒国立公園の魅力を改めて解説していただき、

「なれる」ことなく、常に新鮮な感動と変化を楽しむ心をもって

自然環境と向き合っていかなければ…と実感。

 

固有種であるカワユエンレイソウがいかに、

この地だからこそ出現したのかが、ちょっぴりわかったような気がしました。

午後は実際にフィールドに出て、

カワユエンレイソウをじっくりと観察。

オオバナノエンレイソウやミヤマエンレイソウとの見分け方を教えていただき、

さっそく周りのエンレイソウをチェック!

みんな次回は自分で見分けられるようになったでしょうか??

センターへ戻る前には、

細川さんのたっての希望でセンター裏のアカエゾマツの森へも行きました。

 弟子屈では、身近に自然がありすぎるため、

なかなかその価値が分かりづらいのですが、

身の周りの自然にもう一度目を向けてみてください。

新たな発見がきっとあると思いますよ。

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www6.marimo.or.jp/k_emc

コメント