KAWAYU EMC スタッフのひとコマ(弟子屈町・川湯温泉・阿寒摩周国立公園・屈斜路湖・摩周湖など)

川湯エコミュージアムセンターの職員が写す日々の季節の移ろい、出来事をどうぞ Kawayu EMC staff diary

西別岳のお花 Flowers of Mt.Nishibetsu

2018-06-14 15:20:11 | 自然情報(Nature Information)

6月も中旬となり、

いよいよお花の時期がやってきましたね♪

ということで、花の楽園・西別岳へ登ってきました~!

 

あいにくの霧だったため、

頂上は真っ白だったので、

登山道で見られたお花の写真をお楽しみください(笑)。

 

ミヤマオダマキ

クロバナハンショウヅル

ハクサンチドリ

コケモモ

エゾイブキトラノオ

スズラン

イソツツジ…などなど。

他にもチシマフウロがピーク~終わりに向かっていたり、

エゾツツジが咲き始めていたりと変化を迎えていました。

お花好きな方はぜひどうぞ♪

 

We climbed Mt.Nishibetsu.

There are many flowers.

 

*** 

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

西別岳を登ってきました! Mt.Nishibetsu

2017-06-09 16:00:09 | 自然情報(Nature Information)

先月末には摩周岳に行きましたが、

そのお隣の山、西別岳にも登ってきました♪

 

最初にやってくるがまん坂をぐ~っとガマンすると、

こんなにひろ~い景色が楽しめます!

ここからはお花パラダイスでしたよ~(笑)。

フデリンドウ

チシマザクラ(行った時が満開でした!)

チシマフウロ

ミヤマオダマキがピークを迎えていました。

ハクサンチドリ

まだかろうじて残っていました!ユキワリコザクラ!

 

咲き始めのエゾツツジ、コケモモのつぼみなどなど、

これからどんどん咲いてきますよ~。

 

そして気になる頂上からの景色は・・・

まだ鏡になっている摩周湖が!

消えかかってはいましたが、

飛行機雲も一緒に♪

 

約一時間半で登ることができる山ですが、

万全の対策をして

怪我なく楽しんでくださいね~!

 

I climbed Mt.Nishibetsu.

Many flowers bloom.

 

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www.kawayu-eco-museum.com/

コメント

摩周岳登山道を整備してきました。Mt.Kamui-nupuri(Mt.Mashu)

2015-06-27 08:56:45 | 出来事(Happening)

2日前のことですが…(笑)

 

環境省の川湯自然保護官や森林管理署、

弟子屈町役場、

阿寒国立公園川湯地域運営協会、摩周・屈斜路パークボランティア、

一般財団法人自然公園財団川湯支部、川湯エコミュージアムセンターのスタッフなどなど

総勢22名が参加して、摩周岳登山道の整備が行われました。

毎年2回、初夏と初秋に行われている作業です。

 

森林組合員の方たちが一足早く登山道に入り、

機械で草を刈ってくれます。

刈られた草を、この22人が手分けして登山道の中央部にひたすらかき集めるという作業です。

 

摩周第1展望台登山道入り口から頂上までは約7.2キロありまして、

この間の約6キロ弱が該当箇所になるのですが、

手わけしてということは、まず6キロ地点まで歩く必要が生じるグループがあるわけです。

 

ここまでお読みいただいた流れでお気づきかと思いますが、

川湯エコミュージアムセンターのスタッフは率先して一番奥まで進むチームに名乗りを挙げました!

道中では、エゾライチョウが先導してくれたり、

数々のお花たちが迎えてくれて、疲れを癒してくれました♪

 結局、勢いで川湯自然保護官に同行し、頂上まで巡視。

(清々しいまでの真っ白い景色が広がっていました~)

帰り道は当初の目的を果たすべく、ひたすらかき集め作業に励み…

 

今シーズンも1人でも多くの方に、

事故なくケガなくヒグマとの遭遇なく、

楽しく利用してもらえればいいなあ…と願いながら。

 

今回見られた花は-

ヤマブキショウマ、ヒオウギアヤメ、エゾノクサイチゴ、ハクサンチドリ

チシマフウロ、ウコンウツギ、カラマツソウ、ゴゼンタチバナ、ツマトリソウ

マイヅルソウ、ギンラン、ウツボグサ、エゾツツジなどなど。

 

花も多いですが、虫も多いので(泣)

そちらの対策も怠りなく!

また、入山届は必ずご記入くださいね。

 

We maintained the mountain trail.

Let's enjoy Mt.Kamui-nupuri climing!

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www6.marimo.or.jp/k_emc/

 

コメント

「広報てしかが」5月  Teshikaga town`s Flower,Tree and Bird

2015-05-04 08:59:35 | 地域情報(Local Information)

「広報てしかが」5月に掲載された川湯EMCの連載枠

今回は、弟子屈町の「花・木・鳥」をご紹介しています。

 

ここで少々おわびを先にお伝えしておきます(汗)。

エゾヤマザクラとオオヤマザクラを別に表記しましたが、

実は同じものなんです。

混乱させてしまいまして、

申し訳ありません…m(_ _)m

 

イチイ=オンコ

ノリウツギ=サビタ

エゾノコリンゴ=サンナシ

サルナシ=コクワ

ハシドイ=ドスナラ

オオカメノキ=ムシカリ

…などなど。

樹木名は本当にムズカシイ。

 

 ということで、読み進めていただけると幸いです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

自分だけの「弟子屈ポイント」を見つけてみては?

年度が改まってから1か月。

環境が変わって緊張の中で過ごした方や転入されてきた方にはとくに、

リフレッシュのためにも町内探検をおススメします。

 そこで、皆さんは「弟子屈町の木・花・鳥」をご存じですか?

地域の特徴を表しているので、ぜひ知っておいてください。

まず、町の木はサクラです。

 

( ↑ エゾヤマザクラ/オオヤマザクラ)

そろそろエゾヤマザクラ、チシマザクラ、オオヤマザクラ、ミネザクラなどが開花を迎えます。

続いて咲き始めるツツジが、町の花。

6月に硫黄山麓を埋め尽くすイソツツジを代表に、

エゾムラサキツツジ、エゾツツジ、コヨウ「ラクツツジなどが見られます。

 

そして、鳥はハクチョウです。

ほとんどがオオハクチョウで、

毎年10月中旬にシベリア方面から飛来し、

4月末ごろまで屈斜路湖や釧路川などで過ごしています。

冬の風物詩として無くてはならない存在です。

 手がかりとして町の木・花・鳥を挙げましたが、

とりあえず気になるものや場所を見つけてみましょう。

通勤や通学の途中でも、家の中から見える景色でも十分。

一定期間見続けていると、微妙な変化に気が付くことが楽しくなりますよ。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

アイヌの自然視 ヒグマ

キムンカムイとウエンカムイ

(山の/神) (悪い/神)

 

アイヌにとってもヒグマはこわい相手ですが、

ただ恐れるだけではなく、敬い崇める対象です。

「人を避ける尊敬すべきクマ」(キムンカムイ)と「人や家畜を襲い田畑を荒らすクマ」(ウエンカムイ)という

2つの分け方をしたのも、アイヌの考え方の大きな特徴です。

方言があるにせよ、ヒグマの容姿や年齢、雌雄に応じた呼び方の記録は80以上にもなります。

いかにアイヌとヒグマの関係が強かったかがわかるのではないでしょうか。

【参考文献】分類アイヌ語辞典/知里真志保著

 

広報てしかが https://www.town.teshikaga.hokkaido.jp/02sougou/40kouhou/1505/files/36-37.pdf

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www6.marimo.or.jp/k_emc

 

 

 

コメント

摩周岳登山道整備

2014-06-27 08:49:56 | 出来事(Happening)

昨日、摩周岳登山道の草刈り作業が行われました。

 

集まったのは、町や林野庁の職員さんなど20名ほど。

この作業は毎年、初夏と秋に実施されています。

摩周第1展望台を起点として、摩周岳頂上までは片道約7.2km。

草刈りは、起点から約6kmのところにある西別岳への分岐点あたりまで。

 

まずは、森林組合の方々が、

おもた~い刈り払い機を操り、スピーディーかつ丁寧にササやフキなどを刈っていきます。

 

それでも、草に交じって咲いている花は刈ることなく、

ちゃんと残していくのですから、そのプロ技には驚くばかりです!

で、その後ろから、20人ほどが手わけして、

熊手を使ってひたすら草をかき集めていくのです。

 

途中、こんな風景に心癒されながら、

ひたすら熊手を動かし続けるわけです…。

 

約5時間近くかけて、

歩きやすい登山道になりました~!

 

ちなみに、昨日、見られた花は、

チシマフウロ

ヒオウギアヤメ

カラマツソウ

マルバシモツケ

ゴゼンタチバナ

ウツボグサ

エゾツツジ

などなど…。

  

一人でも多くの方たちに、

摩周岳てっぺんからの眺めを堪能していただきたいと思います。

***

川湯エコミュージアムセンター  http://www6.marimo.or.jp/k_emc/

 

 

コメント

自然ふれあい行事 摩周岳登山 下見

2007-07-03 16:49:10 | 自然情報(Nature Information)
いよいよ今週の日曜日に自然ふれあい行事「摩周岳登山」が開催されます。皆様をお連れする前に本日、事前に下見に出かけました。往復14kmの道を風景や花などを観察して進みます。今日下見では、摩周岳山頂付近でエゾツツジが満開に咲いていました。他にもオオカサモチやイワギキョウが咲き始めていました。登山当日は、たくさんのお花を見ることができると思います。(A)
コメント