正々堂々blog

衆議院議員川内博史の日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

貸与権について

2004年12月16日 | Weblog
今年の通常国会で音楽レコードの輸入権と共に成立した、書籍の貸与権について、権利者側とコミック・レンタル店側の交渉が暗礁に乗り上げ、来年1月1日の法施行を前にみんなが心配しているようなので、昨日文化庁著作権課の担当者の方々と現在の進捗状況並びに今後の方策等について意見交換させてもらいました。

第1点は、交渉がまとまって貸与権管理センターが実働するのは来年4月ぐらいにずれ込むであろう、ということ。

第2点は、法施行から貸与権管理センターの実働までの間の使用料については暫定措置の上、センター実働後なんらかの形での(コミック・レンタル店に過大な負担とならないような形での)支払いを求めることになるであろう、ということ。

第3点は、交渉が暗礁に乗り上げているのは、出版社とほぼ一心同体といってもいいぐらい結束している作家の先生方が、意外に強硬である、ということ。

第4点は、そうは言っても、管理センター手数料率は、レンタルレコード等の前例から考えても、使用料の5割以内でなければならないのではないか、ということ。

第5点は、そうすると権利者側とコミック・レンタル店の間で、支払いのしくみと使用料の考え方に現在は大きな開きがあり、交渉が暗礁に乗り上げているけれども、交渉の窓口が、閉ざされているわけではないので、自ずと合理的な金額に落ち着くのではないかと、思われる。

以上が、昨日の会合での文化庁側の解説です。現状では、全国に300店舗程しかないコミック・レンタル店ですが、この交渉の結果如何では、CD、DVD、コミック等のエンタメ総合施設の全国規模での店舗展開も予想される訳ですから、この交渉は、しっかりウォッチしていかなければなりません。また、みなさんも何か情報があったらぜひ教えてください。
コメント   この記事についてブログを書く
« 質問主意書 | トップ | 貸与権第2弾! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

10 トラックバック

今日の二発目、貸与権について・・・ (ふっかつ!れしのお探しモノげっき)
川内議員のブログにて。 昨日、議員は、文化庁著作権課と現在の貸与権について、進捗状況並びに今後の方策等について、意見を交わされたそうですね。今までもともと音楽系ブログなゆえ、貸与権のことは触れておりませんが、一応今後も今回のよーに、何かあったら、フ...
書籍の貸与権について (民主党ホームエンタテイメント議員連盟事務局blog)
今年の通常国会で音楽レコードの輸入権と共に成立した、書籍の貸与権について、権利者側とコミック・レンタル店側の交渉が暗礁に乗り上げ、来年1月1日の法施行を前にみんなが心配しているようなので、昨日文化庁著作権課の担当者の方々と現在の進捗状況並びに今後の方策等に
川内議員が貸与権交渉の現場からヒアリング (Fighting MAL Antenna)
雑誌・書籍の貸与権:スタート目前の悲惨ないろいろで書いたとおり、2005年1月施行の貸与権を巡る交渉はかなり破綻しているらしいのだが、多くの人が危惧を表明したためか、民主党の川内議員が文化庁著作権課との意見交換に臨んだとのこと。 文化庁からの意見なるも.
著作権管理事業法を空文化させる文化庁 (janus)
<a href=\"http://blog.goo.ne.jp/kawauchi-sori/e/24ef8159e348c67d3090df67a4c1712c\" >貸与権について</a>(正々堂々blog)に、 出版物の貸与権について文化庁著作権課で意見交換した話が掲載されていますが、 </p> <blockquote> 第2点は、法施行から貸与権管理セン..
貸与権について川内議員が文化庁著作権課と意見交換 (Where is a limit?)
川内議員の正々堂々blog経由、貸与権についてが公開されています。 関連リンク ふっかつ!れしのお探しモノげっきさん、経由、今日の二発目、貸与権について・・・ Fighting MAL Antennaさん経由、川内議員が貸与権交渉の現場からヒアリング まず、現在の進捗状況並びに今後
出版物貸与権管理センター (Copy & Copyright Diary@JUGEM)
川内議員の正々堂々blog、および民主党エンターテイメント議員連盟事務局blogにおいて、文化庁による出版物貸与権管理センターの現状の説明。 第1点は、交渉がまとまって貸与権管理センターが実働するのは来年4月ぐらいにずれ込むであろう、ということ。 第2点は、法施
[貸与権]出版物貸与権管理センター (Copy & Copyright Diary)
川内議員の正々堂々blog、および民主党エンターテイメント議員連盟事務局blogにおいて、文化庁による出版物貸与権管理センターの現状の説明。 >> 第1点は、交渉がまとまって貸与権管理センターが実働す ...
書籍貸与権お先まっくら ──寝惚けとるんか、文化庁 (試される。(ココログ mix))
 今年の著作権法改悪によって付与されることとなった雑誌・書籍の貸与権について、施
著作権法改正について (もう会えない人たちへ)
『21世紀のコミック作家の著作権を考える会』という、漫画作家たちの組織がある。最近広がってきた新古書店やマンガ喫茶などの新事業の利益が作家に還元されないことを問題とし、貸与権や複製の展示権など、新たな権利の確立を求める会らしい。 確かに上記2点の新事...
本のレンタル (つぶやき日記)
 TSUTAYAでは、最近漫画本の貸し出しをしている。らしい。昨日TSYTAYAに行って初めて知ったのだが。(どれだけの期間TSUTAYAに足を運んでいないかがバレバレ) それでふと思い出したのだが、この頃、著作権法の改正がちょっとした議論になっていた。問題は“映画の著作物”