川天使空間

work, write, and fish! __ >゜)))彡

うばかわ姫 越水利江子・作 白泉社招き猫文庫

2015-07-16 05:20:14 | 創作・本の紹介
りえ子さまのうばかわ姫が、ついに文庫に!
やっと読めました。

追っ手から逃げる姫君、野朱(のあけ)は、近江の湖の淵で老婆に声をかけられる。
「娘さん、困っているようやのう…」

老婆は淵の水を野朱の頭から注ぎ、取り替えた自分の小袖を羽織ってうずくまれと。
ついに追っ手の篝火に発見され絶望したとき、「こいつぁっ、なんだ……!」と目を背けられる。
野朱は老婆になっていたのだった…

怪しく美しい若衆、威厳ある城主、鬼にあやかしに。
りえ子さまの時代劇ファンタジーは読み出したら止まらない。

ひもじい身になったとき、野朱は思う。

 飢えて食物を求めるとしても、これほど老いた女に生きる道も働き口もあるはずもなく、
 生きるとすれば、山の獣のごとく生きるしかない。
 そのとき、野朱は、おのれがもともと何も手にしていなかったのだと気づいた。
 おのれの手柄ではない血筋、美貌、若さの他には……何一つ。

野朱の心にどこからか語りかけてくる、お濠という男勝りの女武者。
ときに野朱に同化するこのお濠が、とにかくかっこいい!

このエンターテイメント、最高です!
療育センターの本好き女子たちにぜったい読んでもらわなくちゃ。

りえ子さまの時代劇ファンタジーのすばらしさは、半端じゃありません。
一般文庫で読者を増やして、ますますメジャーになってください!

りえ子さまのご本はなんて楽しいんだろう。
すてきな時間を与えられる本を自分も書けたらと切に思った。
今日もびよよよ〜〜ん (*^ __ ^*)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 蒲の穂 | トップ | ど根性ひまわりの き〜ぼうちゃん 漆原智良... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひもじい (ひでじぃ)
2015-07-16 05:29:33
敦子さま
一瞬ですが、ひもじいがひでじぃに見えました。似ているような似ていないような……。
私たちも頑張りましょうね。
ひもじい(笑) (敦子)
2015-07-16 19:57:52
ひでじぃさま>

きゃあ、私にもひでじぃがひもじいに見えてきました!
まずいなぁ(笑)。
今日、職場では論文のアウトライン作り。
帰ってから創作です。
職場でも何か作ってるときは、家で創作も乗るんですよね。
頑張ります!

コメントを投稿

創作・本の紹介」カテゴリの最新記事