河太郎の読書日記

本とか映画とかいろいろ

アークノア1 僕のつくった怪物

2017-02-09 00:12:34 | 読書(小説)
乙一、集英社文庫。
デビュー作の花火と少女と私だったかは立ち読みしたことあるけど
ほぼ初めて読む作家。
本の中に入り込んだいじめられっ子兄弟アールとグレイ。
独特の世界で、この設定だから生きる仕掛けがいろいろ。
マンションの各部屋ごとに違う「設定」で、
森だったり海だったり砂漠だったり。
全ては「神」が決めている予定調和の世界。
そこに、異世界からの漂流者が、魔物をつれてやってくる。
アークノアの人びとは、死なない。
死んだら、翌日、朝霞の中から復活する。
死んだ日のことは覚えていない。
だから、犯人がわからなかったり、
死んでいれば覚えていなかったことを覚えている羽目になったり。
どう続くのか、さっぱり読めない。どっちにでも転びそう。
とりあえず、グレイは良かったけど、アールの魔物はどうしたら退治できるのか。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真田十勇士2 | トップ | ダンジョン飯4 »

コメントを投稿

読書(小説)」カテゴリの最新記事