ブログ

日々のあれこれ
 

「逢魔」 唯川恵

2017-06-30 | 読書

ポーランドで買ったサフラン使って、久しぶりにパエリア。

水は少なめ、中火の弱火で約20分。ちょっと焦げた。


最近、おとなしく家にいることが多く、さすがに退屈で昨日、近所の本屋ヘ。品揃え少なく、昼は迫ってくるし、(昼ごはん食べる人がいる)慌てて買った本。

以前、この人の本、読んだことがある。描写力がなかなかで、うまい人だと思う。

この本は誰もが知っている日本の古典を本歌取りした、怪談にして艶本という体裁。短編ばかりですぐ読め、なかなか面白かったです。

科学技術の未発達な時代、人は人知を超えた出来事を「物の怪」「幽霊の仕業」として恐れ、身を慎んだわけですが、その一線を越えてしまったところにある、恐ろしくも目くるめく世界。これはもう活字でしか表現できない。

最後の「白鷺は夜に狂う」は光源氏と六条御息所の濃厚で息苦しい恋の世界。嫉妬のあまり生霊となって、ほかの女性を呪い殺すその情の深さ。本編ではここまでえげつなく(わかりやすく)書いてないけど、いゃあ、これは源氏関係のお話の一つの達成ではなかろうか。

光源氏が六条御息所が最初の女性という設定だけど、それはどうかな。話の都合でそうしたのだろうけど、そしてそれは一層彼女の嫉妬心を掻き立てるのので、まあ必然性もあるからいいかな。

源氏を迎えるとき、袿や細長の普段着ではなく、フルセットの十二単着ていたというところが変。あれって宮中の儀式で女官が着るんじゃなかったかしら。身分の高い人はもっとラフな格好のはず。それにどうせ脱いでしまうのだから、十二単よりも脱ぎやすい服装がいいと思います。

とはいえ、なかなかに楽しい本でした。

 

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いろいろと考えさせられた | トップ | 花さんぽ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事