ブログ

日々のあれこれ
コメントは承認制です。 

白馬三山を描く

2017-03-15 | 水彩画

サークル会員が白馬へスキーに行ったそうで、写真いただきました。

左から白馬槍ケ岳、杓子岳、白馬岳。

山が好きなので、山の景色が好きなので描くのはうれしい。

白馬へは50代初めに二回行きました。

一度目は、一日目午後から八方尾根を散策、二日目、白馬尻まで行くも大雨で入山禁止、引き返して立ち寄り温泉の休憩室で時間をつぶし、麓で泊まる。三日目、栂池から白馬大池、白馬乗鞍岳を往復して麓で宿泊、翌日帰宅。

二度目はツアーで、一日目はバスで麓まで。二日目猿倉、白馬尻、白馬大雪渓、白馬山荘泊、三日目、白馬岳登頂、しゃくし白馬槍ケ岳を経由して槍温泉宿泊、四日目、下山して大町温泉宿泊、五日目、帰宅。

この時も一人で参加。皆さんによくしていただきました。

白馬の印象はやはり大雪渓につきますね。真夏でも雪が残り、一時間くらいで通過する間、とても涼しかった。そしてたくさんの高山植物、シナノキンバイの大群落などなど。

白馬はとても大きな山塊、優美な名前とは裏腹に険しく、槍温泉から下山も難所が多く、はしごや鎖、ザレ場もたくさん。砂利が自然に、間断なく崩れている。その中を切った登山道を進む。躊躇していても、勇気出していても、崩落するときもある。そのスリルがまた、帰ってくると自慢話になるわけで。

白馬は代馬、つまり、山の雪が解けて黒い馬の形が現れると代搔き=田起こしのサイン。昔の山は人々の生活とともにあったのでした。

あまり知られていないようですが、狩人に「白馬山麓」という歌があります。

https://www.youtube.com/watch?v=mw-stsadZ-M

…白い馬、描き出して山が光る…馬は黒いのですが、いつか見たいものです。

今の白馬岳が見られます。

http://www.hakuba-highland.net/page/27

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 資金の調達先が・・・? | トップ | いつの間にか消しているので »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

水彩画」カテゴリの最新記事