まったり温泉 時々パン

宮城の温泉地、特に鳴子温泉が好きです
週末に日帰りで温泉をたのしんでいます

乳頭温泉郷 大釜温泉 NO106

2014-03-31 20:25:24 | 秋田の温泉
乳頭温泉郷湯巡りシリーズの続きです。
水沢温泉郷→田沢湖温泉郷→乳頭温泉郷と山の奥へ進んでいきます。
デビャ家の宿泊は,「乳頭温泉国民休暇村」でござんす。
で,一度チェックインし,さあ湯巡りと思ったら,15:00以降日帰りをやっている宿は,半分くらい。
そして,鶴の湯方面は雪で道路が狭くなっている感じがして,バスとすれ違いできないと嫌だなあと(旦那の車で来ていたので)
休暇村からほど近い「大釜温泉」を選択することにしました。(妙の湯は激混みでした)
学校のような外観の宿です。


フロントで500円を払います。

浴室は,奥へ進みます。ん~何かいいねえ。

ありました。浴室ですよお。



酸性含ヒ素ナトリウム塩化物硫酸塩泉という,何とも聞き慣れない泉質でございます。鳴子には無いねえ。

広い脱衣所。
シンプルな洗面台。もう,脱衣所にいるときから,ザバザバとお湯が掛け流される音が響いてきて,そそられます。

いよいよご対面です。内湯は何とも無骨なたくましい湯船。12~15人は入れる広さです。岩の感じが「ホテルニューあらお」的な。
まず,そのお湯の色に驚きます。白濁した土色というか,これまで出会ったことのない色です。
湯船に身を沈めると,びりびりきます。熱さというより酸性のびりびりです。アルパこまくさが温かったので,もう一気に湯に攻められている感じです。思わず「うわあ・・・。」と声が出ます。久々にお湯にやられた~。もう,気持ちいいの一言です。


露天に出ます。露天も,豪快に掛け流されています。内湯同様,源泉が高温のため加水のパイプもあります。

これまた,気持ちいい。外気が冷たい分気持ちよさ×1,2です。また,うなりながら入湯(乳頭)

露天は,大小二つありましたが小さい方は,使用不可になってました。しばらく一人でお湯を楽しんでいると,湯巡りチームがやって来て「ここは,今日入った中で一番熱い」といって早々に上がっていきました。また一人。こんなに良いお湯なのに,乳頭温泉郷では,地味な部類に入っており,お客もその湯巡りチーム4人としか一緒になりませんでした。男子には一人入っていたようでした。

何とも,悲しい逸話があったようです。
正直,期待していなかった大釜温泉,すばらしいお湯で気に入りました。みなさん,鶴の湯も良いけど(まだ未湯ですが)大釜もおすすめですよ。
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
コメント (2)

川渡温泉 隆陽館(廃業) NO105

2014-03-30 22:55:30 | 宮城の温泉
今日,とあるブログで川渡温泉の「隆陽館」さんが,今月いっぱいで廃業するということを知りました。

信じたくありません。つい先日行ったばかりだったのに・・・。閉館のお知らせのような張り紙も見ませんでした。

ん~。明日東川原湯旅館と合わせて行ってみようと思います。信じたくないです。



鳴子はどうなってしまうのか・・・。

誤報であって欲しいと願いながら行ってきました。やはり今日で終わりとか。急な閉館なようです。


最後の熊の湯を味わってきました。別れを惜しむお客さんが次々来ているようでした。
今日は,向かって右の家族風呂だけの利用となっていました。左の大きい方の岩風呂は,不具合とかで使用不可となっていました。
右のお風呂には,親子連れが入っていて,しばし外で待つことになりました。女将さんが「寒いでしょう。」と石油ストーブを着けてくれました。そして,コーヒーまでごちそうになりました。
親子が上がるまでの間,泊まり客がお風呂にやって来て,少しお話しました。ここの閉館を知ってわざわざ東京からやって来たとのこと。お孫さんも一緒で,昨日の夜10回くらいお風呂に入ったから,大丈夫ゆっくり入ってくださいと言われました。

最後の熊の湯です。親子連れが入ったあとだったので,お湯は白濁し,湯温も42度くらいの適温でした。心ゆくまで,美しいお湯の色と芳しい香りを堪能しました。


お風呂から上がって,女将さんとちょっとお話。今日で終わりなのですね,寂しいです・・・と話すと,施設の老朽化が激しく,だましだまし使ってきたが,今回の消費税の値上げもあってやめることを決意したということです。


硫黄の濃厚な湯ゆえ,施設を維持するのは大変なんですね。もしかしたら,東川原湯も同じ理由でおやめになるのかも。
今回の消費税値上げは,このような小さな旅館には大きな打撃なのかもしれません。(泣)

にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村


コメント (8)

田沢湖高原温泉 アルパこまくさ NO104

2014-03-30 09:30:59 | 秋田の温泉

何とデビャ家は先週末乳頭温泉に行きました。わーパフパフ。
ホテルにチェックインする前に立ち寄りした田沢湖高原温泉のアルパこまくささんです。ここは、このあたりでは珍しい日帰り温泉施設です。


防災センターなどの施設の奥に温泉があります。500円払って中に入ります。食事処や休憩場もあり、便利な施設です。

脱衣所も広々しています。

貴重品入れもあります。

内湯は12~15人サイズでなみなみと硫黄のお湯が注がれています。湯温は42度くらいでしょうが。適温です。白い細かな湯花がたくさん舞っていました。湯の色は,白濁というよりは,グレーっぽい色でした。浴槽も黒く変色していました。
香りは,硫黄臭だけでなくちょっと石油系の油臭もします。


湯口には白と黄色の析出物がトゲトゲと生えていてなかなかの迫力。



では、いよいよアルパこまくささんご自慢の露天風呂へ。
全景が撮れません。7~8人サイズの露天風呂。ちょっと湯温が低かったですが、いい気持ちでした。



露天からは田沢湖が一望できます。湖面が白く光って見えました。



この周辺は,名湯だらけなのでこれだけの眺望をもっていながら,お客はちらほら。みな,乳頭に行ってしまうのでしょうか。
ゆっくり良いお湯を味わえました。(^_^)v
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

コメント (2)

メゾンカイザー 仙台店 PO111

2014-03-27 23:31:47 | パン
アウトレットに行ったお子からのおみやげ?メゾンカイザーのパンです。

バゲットモンジュとクロワッサンは,写真を撮る前に食べられてしましました。
バゲットは,3切れほど食べましたが,やっぱりウマー。(*^_^*)

さて,今回は今までブログで紹介していない新しいパンを紹介します。
ヴィエノワーズナチュール189円なり。
最近,パン屋でよく見かけるヴィノアに食感が似ています。柔らかいんだけど,歯ごたえは残っている,ちょっともっちり系。
ほのかにタマゴ?牛乳?のような甘みを感じます。クリームもフィリングもなしのシンプルなパン。
でも,小麦のうまさでそのままいけちゃいます。


おおーこのフォルム。青い虹さんのカンパーニュをこんがり焼いたような。大きさも同じくらい。直径12~13センチでしょうか。
ずっしり重く,大きいです。エクメック326円。ほのかな甘みが美味しいです。甘みは,蜂蜜のようです。皮はパリッとしていて中は柔らか。
クリームパン系が好きなデビャ家のメンズも,ぱくぱくいけちゃいました。ううたまらない。また食べたい一品です。


今回は,さらっとご紹介でした。年度末,ちょっと仕事が忙しいデス。(ま,みんな同じだね)
にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村
コメント

東鳴子温泉 勘七湯 NO103

2014-03-23 09:32:02 | 宮城の温泉
 久しぶりに勘七湯さんへ。お目当ては,不老泉です。
駐車場に行くと,ご主人が誘導してくれました。
たくさんの若者がチェックアウトして行きます。その対応もまた優しいご主人。


何回目ですか?と聞かれたので,3回目です。というと分かりますね,ごゆっくり~ということで,ワクワクしながら不老泉へ。
どこかほっとするロビーを右手に奥に進むと・・・。あれ?こっちは前男湯だったような?



お久しぶりです。前回は,1年半前の10月末でした。ピラミッド型の湯口も変わりません。


前回は,42度~43度くらいだったと思いますが,今回は41度くらい。適温でいつまでもゆっくり入ることができます。
時々,ピラミッド型の湯口の隣にあるパイプから源泉?が出てきます。湯口に顔を近づけると,石油系のアブラ臭。でも,湯船に浸かると優しいアブラ臭です。ん~,安らぐわ~。

前回,お湯がオーバーフローしていないことが不思議だと書いたのですが,どうやらこの写真の中心に写っている直径3㎝くらいの穴からお湯が出て行っているようです。


帰りにご主人とちょっとおしゃべり。鳴子でまだ入っていないところは?と聞かれ,まだ鬼首周辺は全然行ってないというと,白鵬と大崎市長が写っているポスターを指さし,ここ良いですよと。う~ん。あまり野湯的なお風呂は好まないが,開放感はすごいですよと。ちょっと,疲れているように見えたのかもしれませんな。デビャさん。

良いお湯,良いご主人の勘七湯さんでした。また行きます。

ぽちをありがとうございます。m(_ _)m
にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
にほんブログ村
コメント (10)