まったり温泉 時々パン

東根温泉 巽の湯 NO816

山形は新そばの時期。先週に引き続き新そばを味わいにやってきました。
ま,いつもの大石田は吉峰さん。その後,蕎麦で冷えた体を温泉で温めようと東根へ。
久しぶりに復活した「巽の湯」さんへ。東根も沖の湯もなくなり,松の湯さんもなくなり,寂しいニュースが多い中うれしいことでやんす。

ただ,営業時間が変わったようです。平日は午後16:00と時間は短縮されいるよう。
で,館内は撮影禁止のようで(男湯には表示なし)女湯には人が映り込んだものを使用してSNSに上げないようにと書いてありました。
むむっと思ったら,悲しいことに人がおらん。でも撮禁ということで昔の写真で対応します。
入浴料は300円。値上がりはしていないようです。入浴券を買って管理人さんへ出します。

脱衣所は変わっていないかんじ。簡素で使いやすい。共同浴場なので当然ですが,アメニティーは一切なし。ドライヤーもないです。

中に入るとふんわりとモール臭。ああ,東根の香りだ。久しぶりですね。
前来た時は夏だった?のか,ここ巽の湯は熱かったイメージです。今日はどうだろう。
お湯はジャンジャンと投入されて,床を流れていきます。むむっ熱そうだぞ。かけ湯をして・・・
あれ?熱くない。42度くらいを絶妙にキープしています。つるつるした手触りも気持ちよし。

モール臭と湯口付近はタマゴ臭。あれ?昔のお湯の色の方が明るく感じる。光の加減かな?

循環口?もあったけど,おそらく稼働していない。かけ流しの湯使いと思われます。
東根では貴重なかけ流し。白い湯花もちらほらと。40分ほどいましたが終始独泉。男湯はお客さんがいたようです。

きれいな色で香りのよい東根のお湯は大好きです。ぜひともどの旅館も末永く続いてほしいです。
洗い場はなにもないデス。あ,変わったのは桶がケロリンでなくなったことかな。そして,なぜか椅子と桶が脱衣所に置かれていて,
浴室入ってちょっときょろきょろ探してしまいました。なんでだろう。

足湯の駐車場に車を停めて歩いて行ったけど,松の湯さんがあった場所,何か工事してたな。
旅館ではなく,民家になっていたような・・・帰りじっくり見てくればよかったん。


にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「山形の温泉」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事