川の果ての更に果てに

Svensk,Danmark,Norges,Suomen応援ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Rapunzel

2006-08-24 18:50:54 | 日々のニュース
昔々、ある田舎に一組の夫婦が住んでおりました。妻の方は子供を身籠っていました。
ある日、妻は無性に野菜が食べたくなりました。
「あなた、私野菜が食べたいわ」
「贅沢を言わないでくれ。今年は野菜が高いんだ。吉野家もココイチも野菜メニューが変わっているんだし」
「でも、子供のために栄養を取らないと…」
「むむ…」
そういわれるとどうしようもありません。仕方なく夫は野菜を買いに出かけました。しかし、安い八百屋に行っても値段が張るので遂に手を出せず、しょんぼりと帰ることになりました。
帰る途中、妖精の所有している畑のそばを通りました。そこには見事なラプンツェルがなっておりました。
「あれを持って帰ったら…」
とか思っているうちに男はついついラプンツェルに手を伸ばしてしまいました。
「ふぇっふぇっふぇっ、おまえさん何してるんだい?」
ラプンツェルを手にしたところで夫は声をかけられました。振り返るとそこに妖精が立っています。
「最近ナシが盗まれているようなんで見張りをしていたらこうだ。

ナシ4200個盗まれる=障害者施設から収穫前の幸水-大分(時事通信)

人様のものに手をつけるたぁ、酷い奴もいるもんだね。あたしゃあんたを絶対に許さないよ」
「ま、待ってくれ…これは…」
「悪い奴の言うことなんざ聞く耳持たないね。あんたには酷い目に遭ってもらうよ」
妖精はどうあっても許しそうにありません。夫は土下座して、妻が野菜を欲しがっているからと釈明しました。また、何でもするからどうか許してくれとも頼みました。
「…そうだねぇ、そこまで言うなら仕方ないねぇ。その生まれてくる子供をくれるというのなら、野菜を譲ってあげてもいいよ」
「…う」
夫は迷いましたが、逆らうことも出来ずに了承しました。妖精はラプンツェルをくれました。妻はラプンツェルを美味しく食べたそうです。

さて、しばらくして女の子が生まれました。
「ほいじゃあ、この子はもらってくよ」
妖精がやってきて、有無を言わさず女の子を連れていきました。女の子はラプンツェルと名づけられました。妖精はラプンツェルを大層気に入り、自分だけのものにしようと塔の中で育てられました。
「妖精さん、私、外に出たいのです」
しかし、ラプンツェルは成長するにつれ、塔の中だけでは物足りなく感じるようになりました。
「ダメだよ。外に出るのはあたしが許さないからね」
「でも、この狭い部屋の中ではつまらないです」
「そんじゃネコでも飼えばいい。ネコを飼えば気分が晴れるよ」
妖精はすぐに野良猫を二匹連れてきました。
「…このネコはオスとメスのようですが、不妊治療はしなくていいのでしょうか?」
「気にすることはないよ。生まれたら全部放り落としてしまえばいい」
「そ、そんなことをしたら私が抗議を受けてしまいます」

坂東眞砂子さん「子猫殺し」コラム、掲載紙に抗議殺到(読売新聞)

「ほんじゃ食べればいいかね。それで文句を受けるなら、肉牛やニワトリと同じだといえばいいんだしね」
「…私は嫌です」

ネコを飼うことを諦めたラプンツェル。まだまだ彼女にとっては暇な日々が続くのでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 岡田監督辞任 | トップ | 返信でメール作成 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (がちゃ)
2006-08-24 20:27:00
待望の新シリーズ開始?

さてどんな続きになるのやら。

子猫を捨てちゃう記事は猫好きの私には胸が痛いお話でした…。

(;つД`)



あ!大事なこと言うの忘れてた!

コペンハーゲン、おめでとうございます(笑)。

ラプンツェルはコペンハーゲンを応援することで退屈を紛らわすということでいかがでしょう。

(・∀・)
>がちゃ様 (川の果て)
2006-08-24 21:20:35
子猫を捨てるのは何とも哀しい話ですね。



ラプンツェルはコペンハーゲンを見ていても「これも退屈。もう最悪~、バルセロナが見たい~」とか言い始めるかもしれません(笑)

いつもながら後の展開など全く考えず、とっても適当にいきたいと思います。

(・∀・)
Unknown (あしゅら)
2006-08-24 21:45:41
ゞ(≧ε≦; )プッ



梨を盗むのはいけません!

梨は大好きですからね!!



この作者は何をカミングアウトしてるんでしょうねww

自分の価値観が唯一無二とでもおもってるんですかねぇ?
怖いシリーズが。。 (ゼシカ)
2006-08-24 23:02:35
このシリーズ「かまいたちの夜」並に怖いです。。



幸水の梨って高いんですよね~。

4200個ってトラックでもない限り

ムリですよね。

各地でまたこんな騒動起こりそうですね。



ネコの話はゼシカも頭きました

(#゜Д゜(#゜Д゜(#゜Д゜【ゴルアァァッ!!!!】゜Д゜#)゜Д゜#)゜Д゜#)

何を思ってカミングアウトしてるんでしょ?

これは動物なんとかの罪にはならない

んでしょうか
>あしゅら様 (川の果て)
2006-08-24 23:08:09
果物泥棒とかは毎回そうなのですが、よく4200個もよく盗んでいくものだと違う意味で感心します。



原文を読んでいないので何とも言いづらいですが、配信記事などを読む限りでは言いたいことが板東女史の言いたいことはさっぱり分からないです。
>ゼシカ様 (川の果て)
2006-08-24 23:11:11
「ラプンツェル」は本当は怖いでもそんなに怖くはないです。むしろ、ああ深いなぁと感銘を受けたりしました。まぁ、書いてるうちに暴走して変な形になる可能性はありますが(笑)



幸水梨は高いですよね。事前準備とか相当しているんだろうなと思いますよ。

子ネコ殺しはフランス刑法では一応犯罪になるとか言われていますね。日本でも動物愛護法違反になりそうな気もしますが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々のニュース」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

なぜ子猫を殺してはいけないのか? (D.D.のたわごと)
…いや~,『きっこの日記』で知ったときは,ひどい人間がいるもんだなで片づけようと思いましたが,ネットが先行気味ながらリアル社会のほうでも火がつきかけているようですね。坂東眞砂子問題。
熱い時に召し上がれ☆゜・*.☆ァツイゼ d(・ω-*三*-ω・)b チェキラァ☆.*・゜ (CLUB☆ZECIKA)
昨日に引き続き食いつくネタかしらん(*´゜ω゜):;*.':;ブッ {/hearts_pink/}今日の他のエントリ~{/hearts_pink/} {/pc2/}{/arrow_r/}ラブ・ラブ・ラブ☆バトン ちょっとトランス状態なゼシカです゜・*.☆ d(・ω-*三*-ω・)b ィェァ☆.*・゜ {/cherry_b ...
坂東眞砂子氏コラム「子猫殺し」関連のまとめ (ハマる生活)
 当ブログ記事は2006/08/18に日本経済新聞夕刊に掲載された 坂東眞砂子氏コラム「子猫殺し」 についての情報を集めるための記事(まとめ記事)である。  問題となった文章の全文紹介、このことについて書かれたブログの紹介、騒動の経過、ニュース、関連リン ...
「子猫殺し」 直木賞作家、坂東眞砂子さんの主張に思うこと (月の静寂、星の歌)
 直木賞作家、坂東眞砂子さんが日本経済新聞に寄せたエッセーにあった文が、次第に波紋を広げつつあります。  私としても、これは記事にせずにおくことができそうにありません。  そしてその記事は、板東さんのファンの方には少々見たくない文となるかもし ...
彼女は猫を殺したのか? (しっとう?岩田亜矢那)
日経新聞はとっているので18日付のコラムはリアルタイムに読んでいた。 最初はぎょっとしたが名前をみて納得した。 「坂東眞砂子」それは日本有数のホラー作家であるからである。 もちろん私は彼女独特の表現で、こういう一種ホラー的な文章で、何かを伝...