カッパの淡々スイスイ

ヘラブナ釣りなんかの淡水ウキ釣

ヘラ 糸の比較(へら釣りの道糸(08号)の太さ・伸び)ー参考ー

2017-08-30 21:00:00 | 
「糸の伸び」をずっと以前に比較しましたが、計測誤差が1mm程度(+/-0.5mm)と大きかったので隠していました。
しかし、底釣りをしていて、どの糸が伸びにくいのかカッパ自身が忘れてしまっていましたので、傾向を示すために「参考として」載せます。
繰り返しになりますが、『素人計測による傾向を捉える結果』で数値は絶対値ではありません。
釣った感覚はこの数値には表れません。

(注意)
伸びる糸が悪い糸と言っているのではありません。伸びる糸は緩衝性が高いとも言えるのではないかという風な意見をカッパは持っています。また、伸びる糸も、ある程度伸ばしたら、それ以上は伸びません。


【計測方法】
1mの糸を結び目がずれないようにしっかり結び、輪を作ります。

片方を壁に掛けたフックに引っ掛けます。
このときの長さを基準にします。つまり、基準の長さは50cmです。


反対側に1kgの錘(ペットボトルの入った袋)を引っ掛けます。




これで『50cmの糸を500gの重さで引っ張た時の糸の伸び』を計測することになります。


30秒経ち錘を着けたまま、最初の長さ(基準)から増加分を測ります。
これを「伸び」としています。
(釣れたとき、どの位伸びるのか)

錘を外し30秒後に最初の長さ(基準)からの増加分を測ります。
これを「戻り」としています。
(釣れた後、どの位戻るのか)

伸ばした同じ糸で3回続けて「伸び」と「戻り」を測ります。
(繰り返した時、糸の長さの変化はどうなるのか)

※糸を輪にした時の長さを計っているので、糸を引っ張った後の糸の長さは、「伸び」、「戻り」共にの2倍が本来伸びた長さとなります。
しかし、ここでの計測誤差が大きいので、この値の絶対値が正確ではありません。←ここが課題です。

糸は0.8号です。計測した太さも記載します。
・東レ 将鱗 スタンダード
・東レ 将鱗 TYPEⅡ
・東レ 将鱗 スーパープロ プラス
・東レ 将鱗 スーパープロ フロロ
・サンライン へらびと
・サンライン パワードへら道糸 奏
・サンライン トルネードへら道糸 禅
・オーナー ザライト フラッシュブルー
・オーナー 白の道糸
・かちどき凱
・かちどき旋
・山豊テグス へら道糸
・山豊テグス へら道糸 弦煌 キワメ
・バリバス スーパーへら 道糸
・バリバス プロバージョン-V へら
・ラージ ラージR
・ダン へら名人 イエロー
・東洋ナイロン レブロン
・クルージャン へら道糸・ML
・クレハ シーガーエース

【結果のまとめ】
糸の太さ


糸の初期の伸び<参考値>
 糸(50cm)を500gの重さで伸ばした時、いくら伸びたかを調べています。


糸の戻り(長さの変化)<参考値>
 糸(50cm)を500gの重さで伸ばした後で、糸が戻た時の長さです
 -底釣り等で「糸が伸びた」言っている長さ-



【銘柄の写真】










【詳細データとカッパの独断と偏見】

東レ 将鱗 スタンダード
(ナイロン)
 太さ 0.149mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」44mm
 「戻り」 2mm
2回目
 「伸び」47mm <1回から+1mm 微増>
 「戻り」 2mm <1回から 0mm 顕著な伸びなし>
3回目
 「伸び」45mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 2mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
〔カッパの独断と偏見〕
  意外と伸びが少なく、戻りは変化が少ない。


東レ 将鱗 TYPEⅡ
(ナイロン)
 太さ 0.1477mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」40.7mm
 「戻り」 0.0mm
2回目
 「伸び」40.8mm <1回から+0.1mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 0.5mm <1回から+0.5mm 微増>
3回目
 「伸び」40.5mm <2回から-0.3mm 微減>
 「戻り」 1.2mm <2回から+0.7mm 更に微増>
  ※ 3回計測した平均値で、1mm以下は誤差となります。
〔カッパの独断と偏見〕
  硬めで強く伸びが少ない印象。
  数値でみると引っ張た時の伸びが少ない。


東レ 将鱗 スーパープロ プラス
(ナイロン)
 太さ 0.140mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」45.7mm
 「戻り」 0.3mm
2回目
 「伸び」46.8mm <1回から+0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 0.5mm <1回から+0mm 顕著な伸びなし>
3回目
 「伸び」47.3mm <2回から+0.5mm 更に微増>
 「戻り」 1.0mm <2回から+0.5mm 更に微増>
  ※ 3回計測した平均値で、1mm以下は誤差となります。
〔カッパの独断と偏見〕
  しなやかな印象の糸。使用感ではもう少し伸びる印象だったが、
  伸びは思いのほか少なく、伸びの変化、戻りも変化が少ない。
  太さが細い。


東レ 将鱗 スーパープロ フロロ
(フロロカーボン)
 太さ 0.146mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」54mm
 「戻り」 7mm
2回目
 「伸び」56mm <1回から+2mm 増>
 「戻り」 8mm <1回から+1mm 微増>
3回目
 「伸び」59mm <2回から+3mm 更に像>
 「戻り」 9mm <2回から+1mm 更に微増>
〔カッパの独断と偏見〕
  使用感通り、フロロカーボンとしては伸びる。


サンライン へらびと
(ナイロン)
 太さ 0.1467mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」56mm
 「戻り」 2mm
2回目
 「伸び」57mm <1回から+1mm 微増>
 「戻り」 3mm <1回から+1mm 微増>
3回目
 「伸び」58mm <2回から+1mm 更に微増>
 「戻り」 4mm <2回から+1mm 更に微増>
〔カッパの独断と偏見〕
  あまり伸びない印象であったが数値では伸びる。
  戻りはもう少し良いような印象であったが数値では微増していた。


サンライン パワードへら道糸 奏
(ナイロン)
 太さ 0.1517mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」54mm
 「戻り」 5mm
2回目
 「伸び」54mm <1回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 7mm <1回から+2mm 微増>
3回目
 「伸び」56mm <2回から+2mm 更に増>
 「戻り」 7mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
〔カッパの独断と偏見〕
  若干太目の糸で、伸びは平均的。
  伸び、戻り共に変化量は少ない。


サンライン トルネードへら道糸 禅
(フロロカーボン)
 太さ 0.154mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」39mm
 「戻り」 2mm
2回目
 「伸び」39mm <1回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 3mm <1回から+1mm 微増>
3回目
 「伸び」39mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 4mm <2回から+1mm 更に微増>
〔カッパの独断と偏見〕
  糸は太く伸びが少ない糸。あまり切れ易いという印象はない。


オーナー ザライト フラッシュブルー
(ナイロン)
 太さ 0.1483mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」72mm
 「戻り」11mm
2回目
 「伸び」73mm <1回から+1mm 微増>
 「戻り」15mm <1回から+4mm 増>
3回目
 「伸び」75mm <2回から+2mm 更に増>
 「戻り」17mm <2回から+2mm 更に増>
〔カッパの独断と偏見〕
  伸びやすい印象はそのまま数値で現れた。
  戻りの変化が大きすぎるのは、底釣りには向かないように思う。


オーナー 白の道糸
(ナイロン)
 太さ 0.156mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」68mm
 「戻り」 5mm
2回目
 「伸び」70mm <1回から+2mm 増>
 「戻り」 9mm <1回から+4mm 増>
3回目
 「伸び」70mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 9mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
〔カッパの独断と偏見〕
  思いの外、糸の太さがある。
  さほど伸びないと思っていたが、意外と伸びがある。
  戻りは、一度伸びれば変化が少ない。


かちどき 凱
(ナイロン)
 太さ 0.1493mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」38mm
 「戻り」 1mm
2回目
 「伸び」42mm <1回から+4mm 増>
 「戻り」 1mm <1回から 0mm 顕著な伸びなし>
3回目
 「伸び」44mm <2回から+2mm 更に増>
 「戻り」 1mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
〔カッパの独断と偏見〕
  伸びは少ないが、計測毎の変化は大きい。
  戻りの変化が少ない。


かちどき旋
(ナイロン)
 太さ 0.179mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」53mm
 「戻り」 5mm
2回目
 「伸び」56mm <1回から+3mm 増>
 「戻り」 6mm <1回から+1mm 微増>
3回目
 「伸び」57mm <2回から+1mm 更に微増>
 「戻り」 7mm <2回から+1mm 更に微増>
〔カッパの独断と偏見〕
  糸が非常に太く(太さでは他の糸の、1.2号弱)
  レブロンに特性が似ているが、
  レブロンと比べて若干太い分変化量は若干少ないように思う。 


山豊テグス へら道糸
(ナイロン)
 太さ 0.1507mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」67mm
 「戻り」 4mm
2回目
 「伸び」67mm <1回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 7mm <1回から+3mm 増>
3回目
 「伸び」67mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 9mm <2回から+2mm 更に増>
〔カッパの独断と偏見〕
  伸びるが、伸びの変化は少ない。
  戻りの変化は大きい。
  カッパの使用感は切れやすいという印象


山豊テグス へら道糸 弦煌 キワメ
(ナイロン)
 太さ 0.147mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」60mm
 「戻り」 3mm
2回目
 「伸び」63mm <1回から+3mm 増>
 「戻り」 5mm <1回から+2mm 増>
3回目
 「伸び」64mm <2回から+1mm 更に微増>
 「戻り」 6mm <2回から+1mm 更に微増>
〔カッパの独断と偏見〕
  伸びるが、伸びの変化が大きい。
  戻りの変化は大きい。
  カッパの使用感は切れやすいという印象


バリバス スーパーへら 道糸
(ナイロン)
 太さ 0.1463mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」48mm
 「戻り」 1mm
2回目
 「伸び」48mm <1回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 2mm <1回から+1mm 微増>
3回目
 「伸び」48mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 2mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
〔カッパの独断と偏見〕
  伸びは少な目。
  糸の伸び、戻りとも変化が少ない。


バリバス プロバージョン-V へら
(ナイロン)
 太さ 0.143mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」49.5mm
 「戻り」1.4mm
2回目
 「伸び」50.6mm <1回から+1.1mm 微増>
 「戻り」 2.2mm <1回から0.8mm 微増>
3回目
 「伸び」51.0mm <2回から+0.4mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 3.0mm <1回から0.8mm 更に微増>
  ※ 3回計測した平均値で、1mm以下は誤差となります。
〔カッパの独断と偏見〕
  伸びは平均的。
  伸びと、戻りの変化が予想以上にある。


ラージ ラージR
(ナイロン)
 太さ 0.152mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」74mm
 「戻り」14mm
2回目
 「伸び」74mm <1回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」15mm <1回から 1mm 微増>
3回目
 「伸び」76mm <1回から2mm 更に増>
 「戻り」16mm <1回から1mm 更に微増>
〔カッパの独断と偏見〕
  思いの外、糸の太さがある。
  伸びがある。
  初回の戻りの数値が大きい。
  伸びと戻りの変化は、一度伸びれば変化が少ない。


ダン へら名人 イエロー
(ナイロン)
 太さ 0.148mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」51mm
 「戻り」 5mm
2回目
 「伸び」52mm <1回から 1mm 微増>
 「戻り」10mm <1回から 5mm 増>
3回目
 「伸び」53mm <2回から 1mm 更に微増>
 「戻り」10mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
〔カッパの独断と偏見〕
  初回の戻りの数値が大きい。
  伸びと戻りの変化は、一度伸びれば変化が少ない。


東洋ナイロン レブロン
(ナイロン)
 太さ 0.1727mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」60mm
 「戻り」 7mm
2回目
 「伸び」63mm <1回から 3mm 増>
 「戻り」10mm <1回から 3mm 増>
3回目
 「伸び」63mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」10mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
〔カッパの独断と偏見〕
  糸は、予想通り非常に太く(太さでは他の糸の、1.1号相当)、その分糸は強くなっている。
  (参考基準:1.0号 0.165mm、1.2号 0.185mm)
  初期の伸びが大きい(戻りの数値が大きい)ことから
  一度伸ばしてから使用することで、棚ボケは減る。


クルージャン へら道糸・ML
(ナイロン)
 太さ 0.147mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」46mm
 「戻り」 1mm
2回目
 「伸び」46mm <1回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 1mm <1回から 1mm 微増>
3回目
 「伸び」46mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 2mm <1回から1mm 更に微増>
〔カッパの独断と偏見〕
  東レ TYPEⅡと似た特性を示す。


クレハ シーガーエース
(フロロカーボン)
 太さ 0.148mm(参考基準 0.147mm)
1回目
 「伸び」47mm
 「戻り」 2mm
2回目
 「伸び」48mm <1回から 1mm 微増>
 「戻り」 4mm <1回から 2mm 増>
3回目
 「伸び」48mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
 「戻り」 4mm <2回から 0mm 顕著な伸びなし>
〔カッパの独断と偏見〕
  ハリスで使用していた安心のフロロカーボン。
  道糸としては、カッパの好みには合わなかったです。

【今後の検証(カッパのメモ)】
・この記事は、銘柄を増やし編集しなおしながら、記事を更新していきます。
・このままかもしれません。
・銘柄を絞り込み、水に漬けた後の状況を確認したいです。

コメント (24)   この記事についてブログを書く
« ハリス チチワ結びで長さを... | トップ | 武蔵の池に行ってきた。チク... »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (セットマン28号)
2017-08-30 22:16:56
投稿を控えておりましたがあまりにも素晴らしい実験なので 一言。

一度PEラインの使用をオススメします。

理論上の強度的にはPE0.2号でナイロン1号に匹敵しますが、現実には結束部の強度低下、あるいは摩擦摩耗による強度低下を勘案し0.4号を道糸としてオススメします。
糸の伸びが無いので 底釣りの微細な当たりは大変良く取れます。

しかしながら 欠点も非常に多く
第一に 糸に空気を含み 浮きの馴染みが安定するまで30分以上かかる。
第二に糸に全く伸びが無いので ハリスへの負担が大きく ハリスをワンランク太くしないと 合わせ切れが続出する。
第三に糸に張りがなく ライントラブルが起きやすい。

などです。

しかし底釣りの微細な当たりを取るメリットは非常に大きく、またナイロンの良さを知るためにも お試しをオススメします。

それにしても こういう実験は 価値がありますね。素晴らしい!
ザイトファイヤーオレンジ…… (住宅ローン固定金利)
2017-08-30 22:48:48
季節柄底にご無沙汰してるんですがザイトが伸びるとは……。あ、不動ではフロロといえばこれ!ってシーガー製を使ってますが。伸びなくていいんですけど、落下が速いような気がしてナイロンにしたりします。ただ、ど渋ってる時は正確に魚の位置を把握するためフロロにしますけどね。絶対伸びないゲテモノとして鮎用のメタルラインなんて選択も……。使ってる人みたことありますよ……
Unknown (みやび)
2017-08-31 00:55:50
1kgの負荷はどのような場面を想定しての選択だったのでしょうか? 50gくらいで良いのでは。
へら釣りで1kgの負荷分ラインが伸びて、釣果を左右する場面が想像出来ません。
ラインは伸びない方が当たりが取れる、なんて言うのはメーカーのうたい文句でしかありません。
長尺の合わせにしたって、ラインが伸びる時間より竿が曲がる時間の方が長いのでは。
ルアー釣りなど長距離になるとラインが伸びてハリがかりしない事はしょっちゅうあるのですが。
何の意味があるのでしょうか (笑ってしまいました)
2017-08-31 02:08:12
意味を教えてください!釣り糸の塑性変化と弾性変化の違い。釣は糸の変形より竿の変形で決定されます。皆様も経験があると思いますが、糸で魚を引っ張ってばらすことは弾性変形がないからです。糸をターゲットに考察するのは全くのナンセンス以外ありません、糸の評価は別次元で行うべきで自分のスタイルには向いていないだけの話です。どこのメーカでも実際の釣には全く影響しない、もっと言うならば人間の感覚では判断できないということです。これを実験みたいな評価はメーカのいじめかな?

Re:Unknown (カッパ)
2017-08-31 06:32:24
セットマン28号さん

PETラインは、伸びないので、底釣りのタナボケはしにくいと思っているのですが、ご指摘のように欠点があり、底釣りで浮子の返しを重要にするカッパには、釣りだして変わってしまうと底が掘れたのか、糸の特性で棚がボケたのか伸びなくても混乱してしまいそうであることと、ハリスを細くしているのでハリス切れもあるので、使うのをためらっています。

使っていないと、特徴は分からないので、そのうち使ってみようと思いますが、今はまだ糸が残っているので、しばらくは使わないでしょう。
Re:ザイトファイヤーオレンジ…… (カッパ)
2017-08-31 06:42:11
住宅ローン固定金利さん

ザイトはフロロでもしなやかな糸で切れにくいという印象です。伸びるという断片だけの比較ですからこれで終わりというわけではないです。

糸はその特徴が少しでも知っていれば、それぞれの使い方があると思いますけど、これだけではないのです。

底釣りをしていると棚ボケが気になりますよね。
その要因が何かとうことから分からないので、その要因の可能性のある伸びない糸がついついいいとは思うのですけど、浮子の返しなど仕掛けのトータルバランスから、カッパは底釣りだとナイロン糸が好きですね。
Re:Unknown (カッパ)
2017-08-31 07:09:43
みやびさん

お久しぶりです。

1kgは魚を釣った時に道糸にこのくらい力がかかるんじゃね?って思ったくらいです。
あと、極端な重さの方が「伸び」という観点からその特徴がわかるかなって。

伸びる糸がいいとか悪いとか言っているつもりはないのですけど、そう思われていたら誤解を与えてゴメンナサイ。糸を比較するには他にも切れやいとか、縒れにくいとか、色々な特徴があります。伸びも、水に浸した後でどうなるかも比較するべきでしょう。

それで、底釣りをしていると、最初に底立てをして1枚釣れた後で、棚ボケをすることがありますよね。こうなると気付かずに次が釣れ難いということがあります。底釣りだと棚が2~3cmで変わるだけで釣れ方が変わりますよね。そして釣っていれば段々と糸が伸びていって、気づかずに棚ボケしてしまっているというのもあるし・・・

なんて偉そうなことを言っていますが、単に池で「この糸は伸びやすい」「この糸は伸びにくい」って話を聞いて、「それ本当?」というのを疑問に思ったこので取りあえず引っ張ってみたのと、いっぱいある糸で、それぞれがどんな癖があるか知りたかったからです。
まあ、状況によって…… (住宅ローン固定金利)
2017-08-31 07:21:32
のっこみとかはサンラインのマシンガンキャスト(あれ?魚種違う……)
なんでキロ設定にしたのかは今日の管釣りが大型だからそちらにあわせたのでは?とバカなりに思いました。小川園でかいですからね……
あと伸び戻りはカッパさんがウドンの底にハマっているからだと……
ペレットをつけた開かないうどんをつけるので棚ボケは命取りになるからでしょう
両ウドンにおいて勝負めもりは生命線だと色々な方の話からしってますからね
Re:何の意味があるのでしょうか (カッパ)
2017-08-31 07:24:26
笑ってしまいましたさん

コメント抱いて助かりました。
冒頭の(注意)で書きたかったことを代弁してもらってありがとうございます。

みやびさんのコメントの回答にもありましたが、伸びる糸がいいとか悪いとか言っているつもりはないのですけど、そう思われていたら誤解を与えてゴメンナサイ。単純に買った糸がどんな特徴があるのか知りたかったので、その断片として「伸び」を比較しただけです。

こんなバカなことをしているのを見たこともなかったので、取りあえずやってみた「伸び」をアップしましたが、他にも、色々な特徴を見てみないとそれぞれの糸の特徴は総合的に判断できないと思っています。

伸びも、本当は水に浸した後での比較をする方が実情にあっているでしょうし、切れやすい切れにというのもありますよね。

それでも、どれも静定的な特徴しか分からないので、どうすればよいやら・・・引っ張る強さは素人のサラリーマンが計測する機械を買うわけにもいかないですし、竿を含めたトータルの特徴から切れやすさは決まりそうだし・・・
愚痴ってしまいました。

意味は・・・カッパが知りたかった糸の特徴の一つをやっただけです。こんなバカもいます。
Re:何の意味があるのでしょうか (カッパ)
2017-08-31 07:29:09
笑ってしまいましたさん

「コメント抱いて助かりました。」ではなく、「コメント頂いて助かりました・」でした。
出社前に急いで回答するのはよく無かったです。反省

コメントを投稿