河村顕治研究室

健康寿命を延伸するリハビリテーション先端科学研究に取り組む研究室

大雨の影響で休講

2018-07-09 | 大学
全国ニュースのトップに倉敷市真備町の豪雨被害が報道され、SNSであちこちから安否確認の連絡があった。

幸い私は先週末、金曜日の夜から愛媛の実家に帰っていたのだが、何も被害はなかった。

昨日の日曜日朝には瀬戸大橋も通行可能になり、岡山に帰ってきたが、自宅も被害はなかった。

今日になり、大学は学生の安全を優先して休講となった。

JR伯備線は運休で、180号線も通行できず、岡山から高梁へ行くには高速道路だけが頼りという状況である。

学生の安否確認が進んでいるが、今のところけがや事故の報告は入っていない。


さて、これからの方針であるが、学長を中心に対策会議がもたれて、教務部長から教職員に以下の通知が行われた。

高梁キャンパスは引き続き休講になるが、補講の実施が大変である。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大雨の影響により、現在のところJR伯備線の復旧の見込みが立っておりません。本学では学生、教職員
の通学、通勤の安全確保を検討し、高梁キャンパスおよび岡山キャンパスの授業について、下記のとおり
といたしましたのでご確認ください。
なお、通常授業以外で、施設見学、実習等計画されている場合は、対応をお願いいたします。


【高梁キャンパス】
  7月10日(火):終日休講
  7月11日(水):終日休講

  ※7/12(木)以降の授業については、7/11(水)正午を目途に、学生にはユニバーサルパスポートで、
   教職員にはガルーンで連絡いたしますので、引き続き今後の情報に注意して下さい。

※補講日については、追ってご連絡いたします。


【岡山キャンパス】
  7月10日(火)以降 :授業再開
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 二つの研究会に演題応募 | トップ | 180号線復旧はまだまだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大学」カテゴリの最新記事